榛葉賀津也

日本の政治家

榛葉 賀津也(しんば かづや、1967年4月25日 - )は、日本政治家国民民主党所属の参議院議員(4期)、国民民主党幹事長

榛葉 賀津也
しんば かづや
榛葉賀津也2017年.jpg
生年月日 (1967-04-25) 1967年4月25日(53歳)
出生地 日本の旗 静岡県 菊川市
出身校 オタバイン大学政治経済学部・国際問題研究学部
前職 菊川町議会議員
現職 党幹事長
所属政党自由民主党→)
民主党民社協会細野派→)
民進党→)
旧国民民主党→)
国民民主党
称号 政治経済学士
親族 父・榛葉達男(静岡県議会議員・菊川町長)
公式サイト 参議院議員 しんば賀津也

選挙区 静岡県選挙区
当選回数 4回
在任期間 2001年7月29日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 1994年 - 1998年
テンプレートを表示

防衛副大臣鳩山由紀夫内閣菅内閣)、外務副大臣野田第3次改造内閣)、参議院外交防衛委員長、参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長、参議院内閣委員長民主党参議院国会対策委員長民進党参議院国会対策委員長、旧国民民主党参議院幹事長、菊川町議会議員(1期)等を歴任した。

父は静岡県議会議員、菊川町長を務めた榛葉達男。

来歴編集

静岡県小笠郡菊川町(現:菊川市)生まれ。父親の意向で5歳の時から牛乳配達を始め、中学入学まで続けた[1][2]イラン・イラク戦争の報道を切っ掛けに中東に興味を持ち[1]静岡県立掛川西高等学校卒業後、英語を学ぶためアメリカ合衆国オハイオ州のオタバイン大学政治学部・国際問題研究学部に入学。イスラエルテルアビブ大学への留学を経て、1991年にオタバイン大学を卒業し、イスラエルのエルサレム・ヘブライ大学大学院国際政治学部へ留学[3]

1994年菊川町議会議員選挙に出馬し、初当選。2001年第19回参議院議員通常選挙民主党公認で静岡県選挙区(定数2)から出馬し初当選。2007年第21回参議院議員通常選挙では、静岡県選挙区でトップ当選。

2009年鳩山由紀夫内閣防衛副大臣に任命され[3]、翌2010年発足の菅内閣でも再任された。同年9月の民主党代表選挙では現職の菅直人の再選を支持。菅第1次改造内閣発足に伴い、防衛副大臣を退任した。2011年民主党代表選挙では海江田万里経済産業大臣を支持したが、海江田は野田佳彦財務大臣に敗れた。

2012年10月、野田第3次改造内閣外務副大臣に任命される。同年12月の第2次安倍内閣発足に伴い、外務副大臣を退任した[4]

2013年第23回参議院議員通常選挙では、民主党公認で静岡県選挙区から出馬し、得票数2位で3選[5]

輿石東参議院副議長就任に伴う同年8月の民主党参議院議員会長選挙では、郡司彰農林水産大臣の推薦人に名を連ねる。北澤俊美防衛大臣を破り、参院議員会長に選出された郡司の下で、参議院国会対策委員長に起用された[6]。また、8月2日に開会した第184回国会において参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長に就任した。2014年細野豪志を中心に結成された自誓会に参加した[7][8]

2015年民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[9] が、細野は決選投票で岡田克也に敗れた[10]

2018年5月7日民進党希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[11]。 同日、国民民主党の参議院幹事長に就任した[12]

2019年7月の第25回参議院議員通常選挙では、2人区としては唯一立憲民主党に対立候補を立てられるも、得票数2位で4選[13]

2020年8月27日、国民民主党と立憲民主党が合流して結成される新党(新・立憲民主党)には参加せず、国民の残留組の新党に参加する意向を表明した[14]9月15日に新・国民民主党の結党大会が行われ、幹事長に就任した[15]

政策・主張編集

  • 2013年9月4日最高裁判所が下した、相続において婚外子を差別する民法の規定への違憲判断[16] を受け、結婚していない男女の子(婚外子)の遺産相続に関する格差規定を撤廃する民主党の民法改正案の提出を主導した[17]
  • 2015年2月6日参議院本会議において、ISILによる日本人拘束事件を受け、テロ行為を強く非難する決議の全会一致での採択の直前、投票を棄権し本会議場から退席した生活の党と山本太郎となかまたち代表の山本太郎参議院議員について、同日の記者会見で「わが国が結束してテロを許さないという意思を示し、テロに強く抗議するのが趣旨だ」と述べた上で、「大変残念だ。決議の意味が分かっているのか」「わざわざ目立つ形で退席した。理解できない。間違ったメッセージが送られなければいいなと懸念している」と山本を批判した[18]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に賛成の請願を出している[19] 一方、2019年のアンケートにおいては、選択的夫婦別姓導入への賛否について「どちらとも言えない」としている[20]
  • 「憲法を変える必要があると思うか」との設問に対し、「どちらとも言えない」と回答[20]
  • 「原発ゼロか存続か」との設問に対し、「どちらとも言えない」と回答[20]
  • 同性婚の是非に対して、「どちらとも言えない」と回答[20]

人物編集

  • 蓮舫行政刷新担当大臣との間に確執がある。自由民主党の参議院幹部と親交のある榛葉に対し、政権との対決色を強めたい蓮舫は民進党時代からそりが合わず、榛葉が国民民主党、蓮舫が立憲民主党の参院幹事長にそれぞれ就任した後は、蓮舫が「榛葉だけは絶対に許さない」と述べるなど両者の確執が露呈し、2019年の参院選で立憲民主党が榛葉への刺客候補を擁立する一因となった[21]。立憲・国民両党は参院選後の2019年9月に統一会派を結成したが、これらの経緯から会派の幹事長は大塚耕平国民民主党参院議員会長が務めることとなり、榛葉・蓮舫はいずれも会派の役職から外れた[22]
  • 幼少期は極度の吃音症であった[1]
  • 趣味は飼っているヤギの世話[1][2]
  • 静岡県野球連盟1級審判員の資格を有する[3]
  • リアルジャパンプロレスコミッショナーを務める[23] 。2015年3月20日、後楽園ホール大会では場外乱闘に巻き込まれ軽傷を負った[24][25]

著書編集

  • ウイン・ナイン、榛葉賀津也『ミャンマーという特別な国』富士社会教育センター(2010)、ISBN 9784938296513

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “5候補 こんな人:参院選2019”. 中日新聞. (2019年7月6日). https://static.chunichi.co.jp/chunichi/archives/article/senkyo/kokusei201907/siz/CK2019070602000059.html 2020年9月25日閲覧。 
  2. ^ a b “参院選2019:立候補者の横顔 /静岡”. 毎日新聞. (2019年7月10日). https://mainichi.jp/articles/20190710/ddl/k22/010/174000c 2020年9月25日閲覧。 
  3. ^ a b c 公式プロフィール
  4. ^ 『官報』 平成24年(2012年)12月26日付 特別号外 第35号 p.2
  5. ^ 平成25年(2013年)7月23日静岡県選挙管理委員会告示第71号「平成25年7月21日執行の参議院静岡県選出議員選挙において当選した者の住所及び氏名」:『静岡県公報』選管号外第48号)
  6. ^ 参院幹事長に羽田氏=榛葉氏を参院国対委員長-民主
  7. ^ “民主・細野氏が派閥結成へ 野党再編狙い、党内には波紋”. 朝日新聞. (2013年10月24日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310240359.html 2015年2月17日閲覧。 
  8. ^ 自誓会 所属国会議員一覧 - 細野豪志
  9. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事通信社. (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月8日閲覧。 
  10. ^ “<民主代表選>新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00000030-mai-pol 2015年1月18日閲覧。 
  11. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月24日閲覧。 
  12. ^ “国民民主党・新緑風会の役員構成”. 国民民主党. (2018年5月7日). https://www.dpfp.or.jp/2018/05/07/国民民主党・新緑風会の役員構成/ 2018年5月24日閲覧。 
  13. ^ “静岡選挙区で当確の国民・榛葉氏、“刺客”に屈せず4選目”. 産経新聞. (2019年7月21日). https://www.sankei.com/politics/news/190721/plt1907210165-n1.html 2019年7月23日閲覧。 
  14. ^ “国民民主・榛葉氏、新党不参加を表明 残留組と行動共に”. 産経新聞. (2020年8月27日). https://www.at-s.com/amp/news/article/politics/shizuoka/801885.html 2020年9月20日閲覧。 
  15. ^ “新「国民民主党」 幹事長に榛葉賀津也氏(参院静岡選挙区)”. 産経新聞. (2020年9月16日). https://www.at-s.com/amp/news/article/politics/shizuoka/808914.html 2020年9月20日閲覧。 
  16. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日
  17. ^ “「婚外子相続法案を提出へ=民主、野党に共闘呼び掛け」”. ウォールストリートジャーナル日本版. (2013年10月31日). http://jp.wsj.com/article/JJ10268269237590944264918932611060586861309.html 2015年2月7日閲覧。 
  18. ^ “山本太郎氏のテロ非難決議棄権 民主・榛葉氏「決議の意味、分かっているのか?」連携見直しも…”. 産経新聞. (2015年2月6日). http://www.sankei.com/politics/news/150206/plt1502060043-n1.html 2015年2月7日閲覧。 
  19. ^ 第169回国会請願3638号
  20. ^ a b c d 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  21. ^ “立憲が国民に「刺客」=官邸参戦で対立激化-静岡【注目区を行く】”. 時事ドットコム. (2019年7月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071100713&g=pol 2020年2月2日閲覧。 
  22. ^ “立・国合流、結束に不安=衆院選協力に影響も”. 時事ドットコム. (2019年9月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092100360&g=pol 2020年2月2日閲覧。 
  23. ^ “納谷幸男が矢口を撃破しKAZMAとのシングル戦を要求!岩崎孝樹がUWAヘビー王者へ!ブラック・タイガーJrがトーナメント決勝に進出!” (日本語). バトル・ニュース. http://battle-news.com/?p=43079 2018年11月24日閲覧。 
  24. ^ “プロレスで議員を襲撃、大仁田が介抱”. デイリースポーツ. (2015年3月20日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/03/20/0007838572.shtml 2015年3月21日閲覧。 
  25. ^ “民主党・榛葉参院議員、プロレス大会で襲われる!元議員・大仁田が救出!!”. スポーツ報知. (2015年3月20日). http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20150320-OHT1T50322.html 2015年3月21日閲覧。 

外部リンク編集

議会
先代:
難波奨二
  参議院内閣委員長
2017年 - 2018年
次代:
柘植芳文
先代:
轟木利治
  参議院政治倫理の確立及び
選挙制度に関する特別委員長

2013年
次代:
前田武志
先代:
北澤俊美
  参議院外交防衛委員長
2009年
次代:
田中直紀
公職
先代:
山口壯
山根隆治
  外務副大臣
吉良州司と共同

2012年
次代:
鈴木俊一
松山政司
先代:
北村誠吾
  防衛副大臣
2009年 - 2010年
次代:
安住淳
党職
先代:
(結党)
国民民主党幹事長
初代:2020年 -
次代:
(現職)
先代:
(結党)
旧国民民主党参議院幹事長
初代:2018年 - 2020年
次代:
(解党)
先代:
加藤敏幸
民進党参議院国会対策委員長
2016年 - 2017年
次代:
那谷屋正義
先代:
池口修次
民主党参議院国会対策委員長
2013年 - 2015年
次代:
加藤敏幸