榮倉奈々

日本の女優、タレント、ナレーター、ファッションモデル

榮倉 奈々(えいくら なな、1988年〈昭和63年〉2月12日 - )は、日本女優タレントナレーターファッションモデル。旧姓、同じ。

えいくら なな
榮倉 奈々
別名義 倉 奈々[注釈 1]
生年月日 (1988-02-12) 1988年2月12日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県
身長 170 cm[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2002年 -
配偶者 賀来賢人2016年 - )
事務所 研音
公式サイト 榮倉奈々公式サイト
主な作品
映画
余命1ヶ月の花嫁
僕は妹に恋をする
東京公園
アントキノイノチ
のぼうの城
図書館戦争
わたしのハワイの歩きかた
娚の一生
64 -ロクヨン-』前編・後編
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
テレビドラマ
ジイジ〜孫といた夏』シリーズ
ダンドリ。〜Dance☆Drill〜

メイちゃんの執事
泣かないと決めた日
蜜の味〜A Taste Of Honey〜
最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜
黒の女教師
確証〜警視庁捜査3課
Nのために
テセウスの船
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
第33回『余命1ヶ月の花嫁
その他の賞
高崎映画祭
最優秀助演女優賞

2011年東京公園
日本映画プロフェッショナル大賞
主演女優賞
2011年アントキノイノチ
テンプレートを表示

鹿児島県出身[1]研音所属。

夫は俳優の賀来賢人[2]、義理叔母は女優の賀来千香子

来歴

2002年、中学3年生のときに渋谷の「109」前でスカウトされ、芸能界入り。女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルになる[3]。2004年、NHKのテレビドラマ『ジイジ〜孫といた夏』で女優としての活動を開始[4]。2006年、フジテレビのテレビドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』でドラマ初主演[5]。2008年、NHK朝の連続テレビ小説』でヒロインを演じた[5]。2009年、「セブンティーン夏の学園祭」で『SEVENTEEN』モデルを卒業[6][7]。同年ドラマ『メイちゃんの執事』(フジテレビ)で水嶋ヒロと主演を務める[8]

2010年、日本アカデミー賞新人俳優賞を映画『余命1ヶ月の花嫁』で受賞[9]。連続ドラマ『泣かないと決めた日』(フジテレビ)主演[10]。2012年、映画『東京公園』で第26回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞[11]。また『アントキノイノチ』がモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で、イノベーションアワードを受賞した[12]。この年連続ドラマ『黒の女教師』(TBS)で主演[13]。以降、映画『のぼうの城』『図書館戦争』でヒロインを演じる[14][15]。ドラマ『確証〜警視庁捜査3課』(TBS)で高橋克実と主演を務める[16]

2014年、ドラマ『Nのために』(TBS)と映画『わたしのハワイの歩きかた』で主演[17][18]、2015年、豊川悦司と映画『娚の一生』で主演 [19]。2016年の映画『64 -ロクヨン 前編』『 64 -ロクヨン 後編』でヒロインを演じる[20]。2018年、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』では安田顕と主演し、2020年のドラマ『テセウスの船』 (TBS)でヒロインを務めた[21][22]

私生活

2016年8月、主演ドラマ『Nのために』(TBS)で共演した俳優の賀来賢人と1年の交際を経て、結婚したことを所属事務所を通して発表した[2]。2017年3月、夫の賀来との間に第1子を妊娠していることが明らかになり、妊娠5か月で同年夏に出産予定とされた。所属事務所を通して第1子妊娠を報告、その後の活動については体調と相談しながら進めていくこととした[23][24][25]。同年6月に第1子を出産したことを報告[26]。2020年8月、第2子妊娠を報告、所属事務所は「安定期に入っているが妊娠期間、出産時期は公表しない」とした[27]。その後は体調を観ながら芸能活動を休止[28]。翌2021年に第2子を出産したことを報告[29]

人物

受賞歴

2010年
2012年

出演

映画

テレビドラマ

劇場アニメ

吹き替え

ラジオ

ナビゲーター

  • ボクらの地球 榮倉奈々のメキシコ 幻の文明と聖なる泉の秘密(2013年5月10日、BS朝日)[86]
  • ザ・プレミアム 榮倉奈々 トルコ絶景バス紀行 〜感動!エーゲ海・地中海1500キロ〜(2014年2月8日「前編」、2月15日「後編)」、NHK BSプレミアム[87]

ナレーター

  • 地球の目撃者〜風の生まれる大地 南米チリ3700キロ(2010年1月3日、テレビ朝日)[88]
    • 地球の目撃者〜カリブーいのちの物語 アラスカ大追跡4000km(2010年9月20日、テレビ朝日)[89]
    • 地球の目撃者〜カナダ奇跡の海 10億匹の大産卵!!いのちのドラマ(2011年3月21日、テレビ朝日)[90]
    • 地球の目撃者〜カナダ・南三陸 海がつないだ奇跡(2012年1月28日、BS朝日)[91]
    • 地球の目撃者〜標高6700km 世界最高地点のインカ遺跡(2013年3月16日、BS朝日)[92]
    • 地球の目撃者〜東日本大震災から3年 南三陸・命の海は今〜(2014年3月21日、BS朝日)[93]
  • ボクらの地球 源流への600キロ神秘の森 最初の一滴(2012年10月20日、BS朝日)
  • NNNドキュメント'13 オラだちのゆく道 23歳 AD ふるさとの記録(2013年4月28日(4月29日未明)、日本テレビ)[94]

PV

広告などへの起用

CM

作品

映像作品

書籍

写真集

雑誌連載

  • SEVENTEEN(2002年15号 - 2009年12月号) - 専属モデル

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 新聞のラジオ・テレビ番組欄やスポーツ新聞の芸能面では「榮」の字が常用漢字外であるため「倉奈々」と記載されることがある。[要出典]

出典

  1. ^ a b 公式プロフィール”. 研音. 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ a b “賀来賢人&榮倉奈々が結婚 交際1年でゴールイン「とても幸せです」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年8月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2076488/full/ 2016年8月8日閲覧。 
  3. ^ “榮倉奈々に熱愛報道 所属事務所がコメント”. モデルプレス. (2013年7月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1257529 2014年4月30日閲覧。 
  4. ^ Step ahead さらに輝く先へ」『ジェイヌード』第125号、朝日新聞社、2011年、2013年4月16日閲覧。
  5. ^ a b 『余命1ヶ月の花嫁』榮倉奈々さんインタビュー”. 紀伊国屋書店 Forest Plus (2009年10月26日). 2009年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月23日閲覧。
  6. ^ 「女優業に力を入れる」榮倉奈々セブンティーン卒業”. ニュースウォーカー (2009年8月18日). 2012年6月23日閲覧。
  7. ^ 榮倉奈々、セブンティーンモデルを卒業 - 「セブンティーン 夏の学園祭」”. マイナビ (2009年8月19日). 2012年6月23日閲覧。
  8. ^ a b メイちゃんの執事”. フジテレビ. 2022年9月16日閲覧。
  9. ^ a b 日本アカデミー賞公式サイト 第33回結果”. 第33回 日本アカデミー賞. 2022年9月16日閲覧。
  10. ^ a b “榮倉奈々、いじめられても負けない“根気”アピール”. ORICON NEWS (oricon ME). (2010年1月19日). https://www.oricon.co.jp/news/72579/full/ 2018年3月15日閲覧。 
  11. ^ a b 2012.03.24-04.08 16DAYS FILM FESTIVAL”. 高崎映画祭公式サイト. 高崎映画祭事務局. 2022年9月16日閲覧。
  12. ^ 岡田将生&榮倉奈々、モントリオール映画祭でトロフィーを手に受賞を実感”. ニュースウォーカー (2011年8月31日). 2012年6月23日閲覧。
  13. ^ a b “榮倉奈々、初の教師役&ダークヒロインに挑戦! 共通点は「腹黒いところ」?!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2012年7月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0044053 2018年3月15日閲覧。 
  14. ^ a b 岡田准一&榮倉奈々「図書館戦争」実写映画化で初共演”. 映画.com (2012年8月1日). 2022年9月16日閲覧。
  15. ^ a b のぼうの城”. 映画.com. 2022年9月16日閲覧。
  16. ^ a b 月曜ミステリーシアター 「確証~警視庁捜査3課」を、2013年4月15日(月)より放送開始”. パナソニック (2013年4月11日). 2018年3月15日閲覧。
  17. ^ a b まんたんウェブ (2014年8月18日). “<榮倉奈々>湊かなえ作品に初挑戦! 「Nのために」ドラマ化”. 2014年8月23日閲覧。
  18. ^ a b “榮倉奈々、本物お酒ではっちゃけ演技!高梨臨&瀬戸康史&加瀬亮とハワイロケ映画出演!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年10月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0056933 2018年7月4日閲覧。 
  19. ^ a b “榮倉奈々×豊川悦司、初共演&W主演!『娚の一生』で濃密なラブストーリーに挑む”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2014年4月23日). https://www.crank-in.net/news/30559/1 2018年7月4日閲覧。 
  20. ^ a b c 綾野剛×榮倉奈々×瑛太×三浦友和×永瀬正敏ら超豪華キャスト!佐藤浩市主演『64』に集結”. シネマトゥデイ (2015年3月26日). 2015年3月26日閲覧。
  21. ^ a b “「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が映画化!榮倉奈々&安田顕が夫婦に”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年5月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091778 2017年5月25日閲覧。 
  22. ^ a b Inc, Natasha. “ドラマ「テセウスの船」主人公の両親役に鈴木亮平&榮倉奈々、妻役は上野樹里(コメントあり)” (日本語). コミックナタリー. 2019年11月6日閲覧。
  23. ^ 榮倉奈々、妊娠5カ月!結婚から1年でママに…夫・賀来賢人も大喜び”. サンケイスポーツ (2017年3月15日). 2017年3月15日閲覧。
  24. ^ “榮倉奈々、第1子妊娠を正式発表 「新しい命を授かりました」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年3月15日). https://www.sanspo.com/article/20170315-IO3NLYZHTRP6ZC3WXQ7LJXJXZY/ 2017年3月15日閲覧。 
  25. ^ “第1子妊娠の榮倉奈々が喜びコメント「穏やかな日々を過ごしている」”. デイリースポーツ. (2017年3月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/15/0010001234.shtml 2017年3月15日閲覧。 
  26. ^ “榮倉奈々&賀来賢人に第1子誕生「この小さな命を全力でサポート」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年6月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2092410/full/ 2017年6月15日閲覧。 
  27. ^ “榮倉奈々が第2子妊娠発表 夫は賀来賢人 「心身共に穏やかに」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2020年8月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/08/29/0013646232.shtml 2020年8月29日閲覧。 
  28. ^ “榮倉奈々、第2子妊娠 すでに安定期 体調を見ながら産休へ”. スポーツニッポン online. (2020年8月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/08/30/kiji/20200830s00041000046000c.html 2020年8月30日閲覧。 
  29. ^ “榮倉奈々、第2子を出産”. サンケイスポーツ. (2021年2月4日). https://www.sanspo.com/article/20210204-E7MURKPK5VI3LMUATOYMA7PZ4Y/ 2021年2月4日閲覧。 
  30. ^ “(ズームアップ)榮倉奈々 「ダンドリ。」に主演 猛特訓にも楽しく耐え”. 朝日新聞: 夕刊7頁. (2006年7月22日) 
  31. ^ 公式プロフィール”. 研音. 2013年4月16日閲覧。
  32. ^ 『207-ハタチのナナ-』より。
  33. ^ 朝ドラヒロイン”榮倉奈々、涙のクランクアップに「エネルギーになった」”. オリコンスタイル. オリコン. 2013年4月16日閲覧。
  34. ^ 6/13 「榮倉奈々×絢香 TALK LOCKS」”. TOKYO FM (2006年6月13日). 2012年6月23日閲覧。
  35. ^ 榮倉奈々、加藤ローサらがチアダンス猛特訓”. ORICON STYLE (2006年7月7日). 2014年4月29日閲覧。
  36. ^ 鈴木えみの出産前祝いに榮倉奈々、青山テルマらが集結”. モデルプレス (2013年8月30日). 2014年4月29日閲覧。
  37. ^ ナゼか業界に吹き荒れる、長澤まさみ叩き”. リアルライブ (2010年4月17日). 2014年4月29日閲覧。
  38. ^ 小泉会VSうの会 芸能界覇権バトル全面衝突3秒前! vol.1”. 日刊大衆 (2012年12月12日). 2014年4月29日閲覧。
  39. ^ 2007年5月14日”. 「スクール・オブ・ロック」『GIRLS LOCKS!』公式サイト. 2014年4月29日閲覧。
  40. ^ 榮倉奈々が『図書館戦争』で知った肉体作りのコツとは?”. Walkerplus. 東京ウォーカー (2013年4月25日). 2014年4月30日閲覧。
  41. ^ “榮倉奈々「図書館戦争」からトレーニング継続中、食事は朝昼だけ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年6月16日). https://www.sanspo.com/article/20180616-3NOEDPPAOJIOXGNGDODOJNU4LY/ 2018年6月16日閲覧。 
  42. ^ non-no』(集英社)2011年4月号より。
  43. ^ 「アカデミーナイト」 2011年10月28日(金)放送内容”. 価格.com. 2014年4月29日閲覧。
  44. ^ 初そぼろ”. 榮倉奈々オフィシャルブログ (2012年1月4日). 2012年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月16日閲覧。
  45. ^ ご無沙汰しております。”. 榮倉奈々オフィシャルブログ (2012年4月16日). 2012年7月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月16日閲覧。
  46. ^ 最近のてつお”. 榮倉奈々オフィシャルブログ (2012年5月1日). 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月23日閲覧。
  47. ^ 2010年第34回エランドール賞新人賞候補者決まる!!”. 社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2022年9月16日閲覧。
  48. ^ 2010年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2022年9月16日閲覧。
  49. ^ 映画「余命1ヶ月の花嫁」”. TBS. 2022年9月16日閲覧。
  50. ^ 作品情報 > 映画「東京公園」”. 映画.com. 2022年9月16日閲覧。
  51. ^ 注目映画紹介:「アントキノイノチ」 生きることにもがく若い2人に差す光は柔らかい”. MANTANWEB (2011年11月18日). 2022年9月16日閲覧。
  52. ^ だいじょうぶ3組”. KINENOTE. 2022年9月16日閲覧。
  53. ^ 岡田准一主演・実写『図書館戦争』続編決定! 12月中旬クランクインで来秋公開”. シネマカフェ. 2022年9月16日閲覧。
  54. ^ “嵐・相葉雅紀、映画単独初主演!犬童一心監督作で榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真と共演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年12月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0059221 2018年7月4日閲覧。 
  55. ^ “菅田将暉&小松菜奈W主演の映画『糸』に主演経験者13人出演 榮倉奈々、斎藤工と四角関係に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2142387/full/ 2019年8月16日閲覧。 
  56. ^ 松本潤主演の映画「99.9」公開日が12月30日に決定、予告編とポスター解禁”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年9月13日). 2021年9月13日閲覧。
  57. ^ 月曜ドラマシリーズ「ジイジ~孫といた夏~」”. NHK. 2018年3月15日閲覧。
  58. ^ 月曜ドラマシリーズ「ジイジ2」”. NHK. 2018年3月15日閲覧。
  59. ^ 新怪談”. 木原オフィシャルサイト. 2022年9月16日閲覧。
  60. ^ 怪談新耳袋(4)(第8回)第五十二話 ねぼけ眼(まなこ)”. テレビドラマデータベース. 2022--9-16閲覧。
  61. ^ 危険なアネキ”. フジテレビ. 2022年9月16日閲覧。
  62. ^ ダンドリ。~Dance☆Drill~”. フジテレビ. 2022年9月16日閲覧。
  63. ^ プロポーズ大作戦”. WEBザ・テレビジョン. 2022年9月16日閲覧。
  64. ^ プロポーズ大作戦スペシャル”. フジテレビ. 2022年9月16日閲覧。
  65. ^ 夏の特別編2007”. フジテレビ. 2022年9月16日閲覧。
  66. ^ 連続テレビ小説「瞳」、ヒロインは榮倉奈々(えいくら なな)さんです!”. NHK (2007年8月8日). 2018年3月15日閲覧。
  67. ^ “注目ドラマ紹介:「絶対泣かないと決めた日」 榮倉奈々が秘書サトエリからいじめに”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2010年7月2日). https://mantan-web.jp/article/20100702dog00m200030000c.html 2018年3月15日閲覧。 
  68. ^ フジテレビ開局50周年特別企画”わが家の歴史”の出演者・キャスト一覧”. WEBザテレビジョン. 2022年9月16日閲覧。
  69. ^ “榮倉奈々:「家族とコミュニケーションを」と反省 反町隆史主演「グッドライフ」制作発表”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2011年4月7日). https://mantan-web.jp/article/20110406dog00m200050000c.html 2018年3月15日閲覧。 
  70. ^ “榮倉奈々&菅野美穂が“運命の男”を取り合う!ARATAと大人の三角関係展開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年8月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2001038/full/ 2018年3月15日閲覧。 
  71. ^ ドラマスペシャル『アントキノイノチ~プロローグ~天国への引越し屋』”. TBSテレビ. 2018年3月15日閲覧。
  72. ^ “山下智久主演TBS 1月ドラマ『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』共演陣が決定! ヒロインはTBS連ドラ初出演となる榮倉奈々、注目の山ピーの兄妹役は妹・前田敦子、兄・反町隆史、弟・知念侑李” (プレスリリース), TBSテレビ, (2011年11月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000197.000003065.html 2018年3月15日閲覧。 
  73. ^ “「リーガル・ハイ」に榮倉奈々&広末涼子がゲスト出演!”. NewsWalker (KADOKAWA). (2013年3月1日). https://thetv.jp/news/detail/37085/ 2018年3月15日閲覧。 
  74. ^ 特集ドラマ 「はじまりの歌」”. NHk. 2022年9月16日閲覧。
  75. ^ “竹野内主演ドラマに50人超のキャスト集結 黒木メイサ、天海祐希ら主役級キャストズラリ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年10月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2029263/full/ 2018年3月15日閲覧。 
  76. ^ 海の上の診療所 2013年12月9日(月)放送 母になる妹へ”. フジテレビ. 2018年3月15日閲覧。
  77. ^ 世にも奇妙な物語”. フジテレビ. 2018年3月15日閲覧。
  78. ^ 向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演”. ORICON (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  79. ^ 松本潤、主演ドラマ「99.9」で弁護士役に初挑戦! 香川照之×榮倉奈々と共演”. 映画.com (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  80. ^ “榮倉奈々、日曜劇場「99.9」最終回に復帰出演!シーズン1で“プ女子”弁護士役”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/15/kiji/20180315s00041000098000c.html 2018年3月15日閲覧。 
  81. ^ “榮倉奈々『タラレバ娘』で結婚後初ドラマ 「一生懸命、演じたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年12月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2082460/full/ 2018年3月15日閲覧。 
  82. ^ “榮倉奈々、産後初の連ドラレギュラー『この世界の片隅に』で“現代パート”担当”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2114820/full/ 2018年7月4日閲覧。 
  83. ^ “榮倉奈々、要潤ら豪華キャスト参戦!高橋一生が“変わり者”演じる「僕らは奇跡でできている」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年8月16日). https://eiga.com/news/20180816/2/ 2018年8月16日閲覧。 
  84. ^ “榮倉奈々、『オールドルーキー』で綾野剛の妻役 元人気アナウンサーで娘2人を育てる”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年5月29日). https://news.mynavi.jp/article/20220529-2353810/ 2022年5月29日閲覧。 
  85. ^ 名探偵コナン 業火の向日葵”. 金曜ロードSHOW!. 2016年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月5日閲覧。
  86. ^ ボクらの地球 榮倉奈々のメキシコ ~幻の文明と聖なる泉の秘密~”. BS朝日. 2018年3月15日閲覧。
  87. ^ “ザ・プレミアム 「榮倉奈々 トルコ絶景バス紀行 ~感動!エーゲ海・地中海1500キロ~」” (PDF) (プレスリリース), NHK, (2014年1月22日), https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2014/01/008.pdf 
  88. ^ 地球の目撃者 風の生まれる大地 南米チリ3700キロ”. テレビ朝日. 2018年3月15日閲覧。
  89. ^ 地球の目撃者 カリブーいのちの物語 アラスカ大追跡4000km”. テレビ朝日. 2018年3月15日閲覧。
  90. ^ 地球の目撃者 カナダ奇跡の海 10億匹の大産卵!!いのちのドラマ”. テレビ朝日. 2018年3月15日閲覧。
  91. ^ 地球の目撃者 ~カナダ・南三陸 海がつないだ奇跡~”. BS朝日. 2018年3月15日閲覧。
  92. ^ 地球の目撃者 標高6700m 世界最高地点のインカ遺跡”. BS朝日. 2018年3月15日閲覧。
  93. ^ 地球の目撃者 ~東日本大震災から3年 南三陸・命の海は今~”. BS朝日. 2018年3月15日閲覧。
  94. ^ NNNドキュメント’15”. 日本テレビ. 2018年3月15日閲覧。
  95. ^ 真夏の太陽/ROCK'A'TRENCH・榮倉奈々 - YouTube
  96. ^ 『娚の一生』主題歌JUJUのMVに榮倉奈々が初出演!大人の恋愛を表現”. シネマトゥデイ (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  97. ^ 【榮倉奈々出演】 JUJU 「Hold me, Hold you」 映画『娚の一生』主題歌 2/11発売 - YouTube
  98. ^ 榮倉奈々、華麗なステップを踏んでカンパイ!「私もはまりそう」”. ORICON (2015年3月20日). 2015年3月20日閲覧。
  99. ^ 榮倉奈々 (2012年1月9日). リズムゲームで思わず涙!?. (インタビュー). TOKYO HEADLINE.. https://www.tokyoheadline.com/339973/ 2012年6月23日閲覧。 
  100. ^ タート// “オリエンタルトラフィック 初CM 9/18(木)スタート!!”. オリエンタルトラ フィック公式サイト. http://www.orientaltraffic.com/news/2014/09/18/オリエンタルトラフィック初cm%E3%80%80918(木)ス タート// 2014年9月24日閲覧。 
  101. ^ 榮倉奈々、ハロウィンパーティーに意欲「仮装してみたい」”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  102. ^ 榮倉奈々、汗だくでガチトレーニング スポブラ&タイツでハードワーク”. ORICON STYLE (2016年1月20日). 2016年1月20日閲覧。
  103. ^ 榮倉奈々、「ナロンエース」新CMで母の優しさを感じる”. Smartザテレビジョン (2016年10月19日). 2016年10月19日閲覧。
  104. ^ 榮倉奈々起用 HPが女性を応援するキャンペーンを開始”. ASCII.jp (2018年12月24日). 2016年12月24日閲覧。

外部リンク