メインメニューを開く

樅ノ木は残った (NHK大河ドラマ)

1970年放送のNHK大河ドラマ

樅ノ木は残った』(もみのきはのこった)は、1970年1月4日 - 12月27日まで放送されたNHK大河ドラマ第8作。全52回。

樅ノ木は残った
ジャンル ドラマ
原作 山本周五郎樅ノ木は残った
脚本 茂木草介
演出 吉田直哉
出演者 平幹二朗
吉永小百合
森雅之
佐藤慶
栗原小巻
香川京子
三田和代
宮口精二
大出俊
伊吹吾郎
高橋昌也
金田龍之介
若林豪
花沢徳衛
藤岡琢也
西村晃
佐藤友美
志村喬
芥川比呂志
加東大介
岡田英次
辰巳柳太郎
尾上菊之助
田中絹代
北大路欣也
ナレーター 和田篤
オープニング 依田光正
製作総指揮 古閑三千郎
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1970年1月4日 - 12月27日
放送時間 日曜20:00-20:45
放送枠 大河ドラマ
放送分 45分
回数 全52
テンプレートを表示

江戸時代前期の4代将軍・徳川家綱の治世に起きた伊達騒動を題材にした、山本周五郎の小説『樅ノ木は残った』を原作に、『太閤記』の茂木草介(脚本)、吉田直哉(演出)のコンビが挑んだドラマで、戦争の無い時代にも争いを求めてしまう人間の悲しい性を描いている。

概要編集

現在に続くご当地ブームの先駆けとなった作品で、ドラマの舞台地で本格的にロケが行われたのも、この『樅ノ木は残った』が初めてであり、地元の仙台で主に主人公原田甲斐の青春篇が収録された。地元との観光タイアップが本格的に始まったのもこの作品で、舞台地近くのの木林が一斉に刈り取られ、ただ1本が残され、まさに「樅の木は残った」状態にされたというエピソードがあった。

物語の序盤では、栗原小巻が演じる甲斐の恋人・たよとの悲恋を中心にした、原作には無い甲斐の青春時代がオリジナルストーリーとして書き下ろされており、第14回から原作部分に入っている。一方総集編では、冒頭から伊達騒動の勃発が描かれており、上述の甲斐の前半生は総集編・前編の途中で、甲斐が回想する形式で収録されている。

内容や音楽も相まって一部の視聴者からは「番組が暗い」などの声も寄せられたこともあったが、伊達家のお家騒動を緻密かつ丹念に描いており、重厚かつ骨太な初期の大河ドラマの傑作と高く評価されている。

オープニングはその冒頭、風に揺れる竹林から能面が現れ、様々な能面をいくつかのアングルから映しつつ、風に翻弄される竹の映像をインサートしたものであった。このタイトルバックの撮影は、竹林ぎりぎりまでヘリコプターを降下させて撮影し、文化財である能面については、所蔵者自らがスタジオに持ち込み、撮影中は片時も離さず、スタッフは湿度計まで用意して万一の事故を防いだという。

初回視聴率27.6%、最高視聴率27.6%、平均視聴率21.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[1]

キャスト編集

太字は総集編出演者

従来の多くの作品では、「伊達騒動の首謀者」という悪役として描かれてきたが、本作ではお家乗っ取りを防ぐために命を掛けた名臣として描かれている。
畑与右衛門の娘。両親を殺されたことにより失声症になる(原作とは異なる)。その後しばらくの間甲斐のもとにおり、そこで樅の木を見せられる。
若き日の甲斐と親しい間柄だった。しかし、身分が違うために結婚できないと悟った後、精神を病む。その後鹿に襲われて死ぬ。
甲斐の心中を察しながらも、あえて厳しく接する。
甲斐の先妻。浮気を理由に離縁されるも、甲斐の死について「うそで固めなければならないこともある」と語り冥福を祈った。
本作では先妻として茂庭氏(律)を登場させているが、史実における甲斐の正妻は津田氏(津田景康の姉)のみであり、茂庭氏は架空のキャラクターである。
本作は一般的には従来の伊達騒動に関する見解を覆した作品として認知されているが、兵部は従来の通り悪役である。三十万石分与の為に様々な陰謀を張り巡らすが、それが伊達家取り潰しの口実になるとは思ってもいない。
幕府より突然逼塞が命じられた。その後は貴族さながらの生活を送っていたが、それは幕府に反抗をしないことを示す行動だった。甲斐のことを信頼している。
原田家菩提寺の僧。樅の木の前で宇乃に、甲斐が幕府の非道に対して異を唱えるには他に方法がなかったと話す。
酒井雅楽頭の考えを支持するも、そのやり方には疑問を抱いている。瀕死の甲斐に伊達家存続を確約する。
浪人。兵部の支援を得て道場を開いている。
六郎兵衛の妹。新八と恋仲になる。
兵部の側近。モデルは実在の一関藩家老・新妻胤実
仙台藩士。万治3年7月19日の夜、「上意打ち」を口にするものによって殺される。
酒井雅樂頭の家臣。雅樂頭の屋敷で甲斐達伊達家の面々を殺害する討ち手の一人。
部屋住みだが、甲斐とは親しい間柄だった。甥の采女や里見十左衛門と兵部暗殺を計画するが、家来の裏切りにより発覚し、捕らえられ斬首される。
畑与右衛門の妻で宇乃の母。夫とともに「上意打ち」を口にするものに殺される。
宇乃の弟
徳川幕府の安泰を第一とし、その為に兵部を利用して伊達家取り潰しを画策する。兵部に対して三十万石分与の密約書を渡すも、これは兵部にせがまれて書いたものでその意思はなかったのだが、その密約書の存在が明らかになったため、その事実を隠蔽すべく甲斐達を殺害し、全てを甲斐の乱心として処理したが、同時に伊達家取り潰しは失敗に終わった。
甲斐の小姓で、幼君の鬼役(毒見役)となり死亡。その際、魂魄となって伊達家を護るので、葬儀も燈明も不要と言い残す。
塩沢丹三郎の母
甲斐とは親しい間柄だった。七十郎の墓の前で、甲斐から兵部に取り入った真意を聞かされる。
甲斐の妻・律と浮気し、死を決意するも、甲斐から「死ぬ事は簡単だが生きる事の難しさを知ってほしい」と諭され、ある密命を受け酒井家に潜入する。甲斐達に殺害される危険が迫っていることを知らせようとして殺害される。
律の兄。甲斐の死について「いつか誰かがそのうそ(甲斐の死の真相)を解き明かしてくれる」と話し、冥福を祈った。
支倉常長とともにローマに行った南蛮医。たよの治療を懇願する甲斐に対して、「本当に治してやりたいなら、一緒になって一生添い遂げろ」と勧める。
兵部の意向により、幼君毒殺を試みるが失敗。斬首された。
甲斐の家臣。
伊東家の家来。兵部暗殺の陰謀を知り、伊東家の為に采女と七十郎を捕らえるが、七十郎から「伊東家より伊達家の方が大事だ。お前は間違った。」と言われる。
亀千代君毒殺未遂の手紙を原田甲斐に運んでくる少女

スタッフ編集

放送編集

特記が無い限りNHKクロニクルのNHK番組表ヒストリーで確認。

通常放送時間編集

  • NHK総合テレビジョン:毎週日曜 20時00分 - 20時45分
  • (再放送)NHK総合テレビジョン:毎週土曜 13時25分 - 14時10分[2]

放送日程編集

第14回はよど号ハイジャック事件報道特別番組のため、45分繰り下げ。

放送回 放送日
第1回 1970年1月4日 野のふたり
第2回 1970年1月11日 竹そよぐ
第3回 1970年1月18日 わかれ道
第4回 1970年1月25日 会津の宿
第5回 1970年2月1日 再会
第6回 1970年2月8日 広い世界 
第7回 1970年2月15日 雪の綿帽子 
第8回 1970年2月22日 夜の雨
第9回 1970年3月1日 路地裏の人々
第10回 1970年3月8日 盤上の戦い
第11回 1970年3月15日 花の行方
第12回 1970年3月22日 横ぐるま
第13回 1970年3月29日 雪の香華
第14回 1970年4月5日 風のまえぶれ
第15回 1970年4月12日 もの言う樹
第16回 1970年4月19日 夕なぎ
第17回 1970年4月26日 闇の音
第18回 1970年5月3日 まなざし
第19回 1970年5月10日 影絵
第20回 1970年5月17日 盃の中
第21回 1970年5月24日 孤灯のかげ
第22回 1970年5月31日 氷のくさび
第23回 1970年6月7日 不意の客
第24回 1970年6月14日 こがらし
第25回 1970年6月21日 子ひつじ
第26回 1970年6月28日 むかしの声
第27回 1970年7月5日 闇に向って
第28回 1970年7月12日 蔵王
第29回 1970年7月19日 氷雨
第30回 1970年7月26日 くびじろ 
第31回 1970年8月2日 青根愁色
第32回 1970年8月9日 毒と炎と
第33回 1970年8月16日 片羽鳥
第34回 1970年8月23日 やまびこ
第35回 1970年8月30日 吉日の膳立
第36回 1970年9月6日 ぐみの実
第37回 1970年9月13日 嘘とまこと
第38回 1970年9月20日 もみじの手
第39回 1970年9月27日 外様のこころ
第40回 1970年10月4日 三つの道
第41回 1970年10月11日 西からの密書
第42回 1970年10月18日 密契の証文
第43回 1970年10月25日 二つの手文庫
第44回 1970年11月1日 凶報
第45回 1970年11月8日 燈明ひとつ
第46回 1970年11月15日 無念の士
第47回 1970年11月22日 のちの世に
第48回 1970年11月29日 破局の前夜
第49回 1970年12月6日 みぞれの出府
第50回 1970年12月13日 最後の賭け
第51回 1970年12月20日 剣ヶ峰
最終回 1970年12月27日 断琴断歌
平均視聴率 21.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ[1]

総集編編集

  • 前編(第1部):1970年12月30日 19時20分から20時59分
  • 後編(第2部):1970年12月31日 19時20分から20時50分

映像の現存・公開状況編集

総集編の最後の部分で原田甲斐を供養する放送当時のフィルム映像を流している。この総集編は現存し、VHSDVDも発売されている。本編の回の映像については長らく現存しないとされてきたが、主人公の原田甲斐の居城だった船岡城があった宮城県柴田郡柴田町の郷土資料館「しばたの郷土館」に、第29話を除く全52話中の51話分の録画テープが保存されていたことが2011年2月に明らかになった[3]。なお、このテープは録画機器がカラー対応ではなかったためにモノクロで保存されている[4][5]。その後、「しばたの郷土館」の要望により、入場料を無料にしたうえでDVDにより常時放映されている(有料の場合、権利者への許諾のための対価をNHKへ払う必要があった)。

なお、総集編第一部の冒頭部は本放送時は歌舞伎の映像とナレーションによって構成されていたが、肖像権の都合もあってか、ソフト化に際し字幕表示に差し替えられている(NHKオンデマンドによる配信映像ではオリジナルの映像が視聴できる)。また、NHKアーカイブスでは第二部のみの公開となっている。

NHKではマスターテープが失われた過去の放送番組の収集(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を進めている[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  2. ^ 一部放送日時の変更あり
  3. ^ “第17回「樅の木(もみのき)は残っていた!(その1)」”. 連載コラム「お宝発見ニュース」 (NHKアーカイブス). (2011年4月22日). http://www.nhk.or.jp/archives/hiwa/110422.html 
  4. ^ 2011年4月23日放送NHK BSプレミアム『よみがえる大河ドラマ 樅の木は残った』
  5. ^ “第18回「樅の木(もみのき)は残っていた!(その2)&その他いろいろ」”. 連載コラム「お宝発見ニュース」 (NHKアーカイブス). (2012年4月6日). http://www.nhk.or.jp/archives/hiwa/120406.html 
  6. ^ NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト

外部リンク編集