樊チュウ

樊伷から転送)
本来の表記は「樊伷」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

樊 伷(はん ちゅう、生没年不詳)は、中国後漢末期の劉備に仕えた武将。荊州南陽郡(現在の河南省南陽市湖北省随州市棗陽市など)の人[1]。『三国志』呉志 潘濬伝 に記述がある。『襄陽記』では樊胄と記されている。

生涯編集

樊氏は南陽の古い名家であった。樊伷は武陵郡の従事を務めていたが、孫権関羽を斬って武陵郡を領有すると異民族たちを誘い入れて武陵郡をこぞって劉備に味方しようとしていた。関羽が殺されたとき郡県はみな孫権に帰服したが、零陵北部尉の習珍という者は、密かに樊伷と盟約を結び共に反乱を起こした。

現地の官吏はこの反乱に一万の兵を率いさせて将を援軍に派遣するように望んだが、同じく劉備に仕えて孫権に降伏した潘濬が孫権の命を受けて五千人の軍勢を率いて攻撃すると、樊伷は敗れて斬首された。後に習珍も潘濬によって平定された[2]

評価編集

潘濬は樊伷を評して「口先は達者ですが、実務の才能がありません。樊伷はむかし州の人々を食事に招いたおり、真昼になっても食事の支度が整わず、彼自身で十度も厨房へ立ち上がるということがありました。俳優は演技の一節を見ればわかるというものです」孫権はこれを聞き大笑いした。

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 潘濬
  2. ^ 『三国志』呉志 潘濬伝 の裴松之が引く『襄陽記