樋口家(ひぐちけ)は、藤原北家高倉流公家である。江戸時代前期の権大納言高倉永家の子で水無瀬親具の二男・樋口信孝を祖とする。家格羽林家江戸時代石高は200石[1]明治維新後は、誠康子爵に叙せられ、陸軍大尉貴族院議員も務めた[2]。最後の征夷大将軍徳川慶喜は二代信康の女系子孫[3]である。

樋口家
No image available.svg
釣り巴つりともえ?
竜胆りんどう?
本姓 藤原北家高倉流
家祖 樋口信孝
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
支流、分家 初川家地下家
凡例 / Category:日本の氏族

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子。
水無瀬親具
 
 
 
樋口信孝
 
 
 
信康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康勝康資康熙初川信愛
初川家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康輝基康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冬康日野西延光石井行宣石井行弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗輝宣康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寿康七条信元保康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
功康保康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
静康民康
 
 
 
誠康

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の樋口家領は以下の通り。(3村・200石)

  • 山城国葛野郡郡村のうち - 3石6斗3升8合
  • 山城国葛野郡岡村のうち - 96石3斗6升2合
  • 山城国乙訓郡大原野村のうち - 100石

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

外部リンク編集