メインメニューを開く

樋口氏(ひぐちし)は、日本の氏族のひとつ。

目次

源姓樋口氏編集

摂津源氏頼行流小国氏の支族。越後国および出羽国を拠点とした。後に男系がなく下記の中原姓から婿養子を迎えた。

中原姓樋口氏編集

中原姓樋口氏は平安時代末期に、中原兼遠の次男・兼光が信濃国筑摩郡樋口谷[注釈 1](または伊那郡樋口村[注釈 2])を領し、樋口兼光と名乗ったことに始まる。兼光は弟・今井兼平らとともに木曾義仲の重臣として、後世に義仲四天王の一人に数えられるほどに活躍した。

時代が下り、戦国時代には子孫は越後国へ移り、惣右衛門兼豊の代には上田長尾家長尾政景、次いで長尾上杉家上杉謙信に仕えた。兼豊の長男・与六兼続婿養子として越後の名族・直江家を継ぎ、主君・上杉景勝を家老として支えた。

なお、本家の家督は三男・与八秀兼が継ぎ、その子孫は江戸時代を通して米沢藩士として存続した。江戸時代については米沢藩#平侍(約70戸)を参照。

須原屋版の文化4年(1807年)発行の『新版改正文化武鑑』では、上杉治広の附役に「樋口源五郎」の名が見える。

系図編集

   中原兼遠
   ┣━━━━━┓
   樋口兼光  今井兼平
   ┃
     光信
   ┃
  (13代略)
   ┃
     兼村
   ┣━━━━━┓
     兼豊    兼久
   ┣━━━━━┳━━━━━┓
   直江兼続  大国実頼   秀兼
                ┃          ┣━━━━┓
               大国光頼←┐  長兼 ┌─光頼
                       └───────┘

脚注編集