メインメニューを開く

樋口 雅一(ひぐち まさかず、1946年11月18日 - )は、山梨県都留市出身のアニメーターアニメーション演出家・アニメーション監督・漫画家である。

目次

来歴編集

高校を卒業後、竜の子プロダクション(タツノコプロ)に入社。しかしすぐに退社し、虫プロダクションに移った。両社では数々の作品に、アニメーターとして関わっている。

1969年よりフリーランスとなり、この頃から演出家としての活動も開始。『ムーミン(新)』や『昆虫物語 新みなしごハッチ』などの演出を経て、グループ・タック在籍時の1977年、『まんが偉人物語』で初めてチーフディレクターを務めた。

1979年、『まんがこども文庫』のプロデューサーだった鬼丸一平を代表に、演出家の矢沢則夫・森田浩光・辻伸一、美術の内田好之・阿部幸次・下道一範と共に7人で「メルヘン社」の設立に関わる。[1]

1980年の『森の陽気な小人たちベルフィーとリルビット』以降はフリーに戻り、『アニメ親子劇場』をはじめとした『聖書シリーズ』を手掛けてからは、「聖書の漫画化」「グリム童話の漫画化」を依頼されて、後に漫画家へとシフトしていく。

そこに至るまでの20年ほどはフリーランスを軸にC&Dディストリビューション(旧DIC)と個人専属契約を結びながら、『ホワッツマイケル』(C&Dが初めて国内アニメを受注した作品)『パラソルヘンべえ』(シナリオも狭山太郎名義で担当)で総監督を務めた。『ゴールFH』には当初監督として参加したが、 岡嶋国敏に交替して、自身は各話演出・コンテ担当に戻っている。

現在はアニメーション業界とは距離を置き、漫画家として活躍中である。

2012年には『まんが日本昔ばなし』の流れを汲み、グループ・タックOBも制作に多数関わる『ふるさと再生 日本の昔ばなし』でコンテ担当・各話演出として参加し、久方ぶりにアニメ制作に復帰している。

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

1972年

1974年

1975年

1976年

1977年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1988年

1989年

1994年

  • ゴールFH(監督、絵コンテ、演出)※絵コンテ、演出は「狭山太郎」名義

1996年

1997年

2012年

2017年

主な漫画作品編集

脚注編集

  1. ^ 『萬雅堂』便り 2006-08-21 ついでだから[1]

関連項目編集

外部リンク編集