樋脇町(ひわきちょう)は、かつて鹿児島県北西部に位置し、薩摩郡に属した

ひわきちょう
樋脇町
丸山
廃止日 2004年10月12日
廃止理由 新設合併
川内市樋脇町入来町東郷町祁答院町里村上甑村下甑村鹿島村薩摩川内市
現在の自治体 薩摩川内市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
薩摩郡
団体コード 46381
面積 64.18km2
総人口 7,849
(2004年3月31日)
隣接自治体 川内市、串木野市、薩摩郡入来町、東郷町、宮之城町日置郡市来町東市来町郡山町
町の木 ツバキ
町の花 コスモス
他のシンボル -
樋脇町役場
所在地 895-1292
鹿児島県薩摩郡樋脇町塔之原1173番地
Satsumasendai City Office Hiwaki Branch.JPG
外部リンク 樋脇町(薩摩川内市HP内アーカイブ)
座標 北緯31度49分14.4秒 東経130度23分3.5秒 / 北緯31.820667度 東経130.384306度 / 31.820667; 130.384306座標: 北緯31度49分14.4秒 東経130度23分3.5秒 / 北緯31.820667度 東経130.384306度 / 31.820667; 130.384306
Location of Hiwaki, Kagoshima, Japan.svg
 表示 ウィキプロジェクト
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - toi.svgと異なる可能性があります。

薩摩藩第19代藩主島津光久が整備させた「市比野温泉」と、"町技"である「ホッケー」の盛んな「温泉とホッケーの町」として知られた。また、日本初の焼酎資料館も存在している。

2004年10月12日に、川内市入来町東郷町祁答院町里村上甑村下甑村鹿島村と新設合併し、薩摩川内市の一部となった。

現在の薩摩川内市樋脇町市比野樋脇町倉野樋脇町塔之原にあたる。

目次

地理編集

歴史編集

行政編集

  • 町長 : 黒瀬一郎

地域編集

教育編集

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

交通編集

最寄り空港は鹿児島空港

道路編集

 
道の駅樋脇

県道編集

道の駅編集

鉄道(廃止路線)編集

かつては国鉄宮之城線川内 - 薩摩大口)が町内を通じていたが、1987年1月10日に廃止・バス転換(林田バス(現・いわさきバスネットワーク))された。

産業編集

主な企業編集

観光編集

 
市比野温泉

観光地編集

行事編集

  • 市比野温泉よさこい祭り
  • 市比野温泉サマーフェスティバル

出身有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成16年総務省告示第590号(市町村の廃置分合、  原文
  2. ^ 平成17年鹿児島県告示第488号(県道の路線の廃止)

関連項目編集

外部リンク編集