本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

(けん らん、クォン・ラム、1416年(太宗16年) - 1465年(世祖11年))2月6日は、李氏朝鮮前期の権臣。勲旧派として王朝政治に参画。策士とされる韓明澮とは友人。字は正卿(チョンギョン)、号は所閑堂(ソハンダン)、諡は翼平(イクピョン)。『東国史略』を著した権近(クォン・グン)の孫で、右賛成を歴任し、『高麗史』の編集に参加した権踶(クォン・ジェ)の次男。

権擥
各種表記
ハングル 권람
漢字 權擥
発音 クォン・ラム
日本語読み: けん らん
ローマ字 Kwon Ram
テンプレートを表示

年表編集

  • 1450年、食年文科に首席合格し、その後、司憲府監察(サホンブ カムチャル 正六品相当)に任官。
  • 1451年現在、集賢殿校理(チッピョンジョン キョリ 正五品相当)に任官している。
  • 1453年11月1日現在、集賢殿直提学(チッピョンジョン ジクジェハク 正三品堂上相当)に異動している。
    • 11月8日、癸酉靖難(ケユジョンナン)の功により、靖難功臣(ジョンナンゴンシン)一等に遇せられ、承政院同副承旨(スンジョンウォン トンブスンジ 正三品堂上相当)に異動。
  • 1454年2月13日現在、承政院右副承旨(スンジョンウォン ウブスンジ 正三品堂上相当)に転任している。
    • 8月5日、承政院左副承旨(スンジョンウォン チャブスンジ 正三品堂上相当)に転任。
  • 1455年1月24日現在、通政大夫(トンジョンテブ 正三品堂上相当)に叙せられ、承政院左副承旨を本官として、経筵廰参賛官(キョンヨンチャン チャムチャムグァン 正三品堂上相当)、寶文閣直提学(ホムンガク ジキジェハク 正三品堂上相当)、知制誥(チジェギョ)、兼判贈工監事(キョムパンソンゴンガムサ)、知工曹事(チゴンジョサ)などを兼任している。
    • 閏6月10日、承政院右承旨(スンジョンウォン ウスンジ 正三品堂上相当)に転任。
    • 閏6月23日、吏曹参判(イジョチャンパン 従二品相当)に転任。
    • 9月20日、功により佐翼功臣(チャイクゴンシン)一等に遇せられ、明国への謝恩使(サウンサ)に任命。因みに、時に芸文館大提学(イェムングァン テジェハク 正二品相当)を兼任している。
  • 1456年2月4日、吏曹判書(イジョパンソ 正二品相当)に転任。
    • 7月5日、吉昌君(ギルチャングン)に封ぜられ、集賢殿大提学(チップヒョンジョン テジェハク 正二品相当)、知経筵春秋館事(チギョンヨン チュンチュガンサ 正二品相当)を兼ねる。
  • 1457年8月14日、判中枢院事(パンジュンジュウウォンサ 従一品相当)に転任。
  • 1458年12月7日、右賛成(ウチャムソン 従一品相当)に転任。
  • 1459年10月30日現在、左賛成(チャチャムソン 従一品相当)に転任している。
    • 11月6日、右議政(ウイジョン 正一品相当)に転任。
  • 1462年5月20日、左議政(チャイジョン 正一品相当)に転任。因みに、領議政(ヨンイジョン)には、申叔舟(シン・スクチュ)、右議政には、韓明澮(ハン・ミョンフェ)が就き、靖難功臣の功臣によって議政府の閣僚は占められた。
  • 1463年、病により、左議政を辞任し、吉昌府院君(ギルチャンブウォングン)に封ぜられる。
  • 1465年、死去。享年49。

※参考:朝鮮王朝実録

逸話編集

  • 幼い時から広く学び、大志を抱いていたので本箱を馬にのせては、名称旧跡を訪ね、学問をつんだ。その時、韓明澮に会って生涯の友となった。
  • 韓明澮に「男として生まれて辺境で武功を立てられないのなら、万書の書を読んで、不朽の名を残そう」と約束するほど親交を結んだ。

※参考:朝鮮王朝実録

権擥が登場する作品編集

王女の男 2011年韓国KBSにて放送された15世紀の李氏朝鮮を舞台にしたテレビ時代劇。全24話。日本では2012年7月8日から同年12月30日までNHK BSプレミアムで放送されていた。 演 : イ・デヨン