権三助十』(ごんざすけじゅう)は、 18世紀以降に成立したとされる講談大岡政談』の一挿話である[1]。『小間物屋彦兵衛』のエピソードの登場人物、駕籠舁(かごかき)の権三(ごんざ)と助十(すけじゅう)を主人公にしたスピンオフ作品であり、歌舞伎浪曲映画として多く題材に取り上げられ、上演あるいは製作・公開された[1]。映画化の際のタイトルを中心に『権三と助十』(ごんざとすけじゅう)とも呼ばれるが、これはもっぱら、この挿話を下敷きにした岡本綺堂の戯曲を指す[1][2]

略歴・概要編集

「大岡越前」の通称で知られる実在の人物、大岡忠相(1677年 - 1752年)についての伝承・評判の類いを集めた講談、いわゆる「大岡政談』は18世紀ころから発生し始めるが、岡本綺堂によれば、『天一坊』や『村井長庵』、あるいは『髪結新三』『白子屋お熊』のエピソードと異なり、権三(ごんざ)と助十(すけじゅう)の登場する『小間物屋彦兵衛』は、江戸および東京以外では、ほとんど知られていなかったという[1][2]歌舞伎の大舞台で『権三助十』を上演したのは、岡本の知る限りでは、1897年(明治30年)5月、東京市本郷区(現在の東京都文京区本郷)の春木座(後の本郷座)で、三代目片岡我當(のちの十一代目片岡仁左衛門)が「権三」を演じたのが最初だという[1]。そのときの配役は以下の通り。

  • 三代目片岡我當 - 駕籠かき権三/彦兵衛の女房おとく/大岡越前守(三役)
  • 二代目片岡當十郎 - 駕籠かき助十
  • 五代目嵐徳三郎(のちの五代目嵐璃寛) - 小間物屋彦兵衛
  • 十三代目中村勘五郎(のちの四代目中村仲蔵) - 左官勘太郎

講談本の類いでは、国立国会図書館蔵書にみる限りでは、菅谷與吉の「日吉堂」が出版した『大岡政談 小間物屋彦兵衛伝』(1887年)をはじめとして、1880年代に多く出版された『小間物屋彦兵衛』の一挿話に収まっている[3]。岡本綺堂が書いた戯曲『権三と助十』は、1926年(大正15年)に初演された[2]

『権三助十』の最初の映画化は、岡本より早く、1923年(大正12年)8月1日に公開された、マキノ映画製作所製作・配給、後藤秋声(のちの後藤昌信)が監督した『権三と助十』で、市川幡谷が大岡越前守、片岡松太郎が権三、片岡市太郎が助十をそれぞれ演じた[4]。同作の脚本家は記録にないが、多くの映画化が、講談を下敷きに、オリジナルシナリオを標榜して製作されており、岡本綺堂の戯曲を原作にしたものは、わずか伊丹万作が監督した『権三と助十』(1937年)のみである[5]

これらの映画は、比較的新しい一部を除き、2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

映画化編集

1923年の映画編集

権三と助十
監督 後藤秋声
脚本 不明
出演者 市川幡谷
片岡松太郎
片岡市太郎
撮影 大塚周一
製作会社 マキノ映画製作所等持院撮影所
配給   マキノ映画製作所
公開   1923年8月1日
上映時間 不明
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三と助十』(ごんざとすけじゅう)は、1923年(大正12年)製作・公開、後藤秋声監督による日本の劇映画サイレント映画である[4]講談の一挿話『権三助十』の初映画化である。詳細不明[4]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1926年の映画編集

権三と助十
監督 山下秀一
脚本 近松門吉
原作 近松門吉
撮影 立花幹也
製作会社 帝国キネマ芦屋撮影所
配給   帝国キネマ演芸
公開   1926年
上映時間 不明
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三と助十』(ごんざとすけじゅう)は、1926年(大正15年)製作・公開、山下秀一監督による日本の劇映画サイレント映画である[8][9]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1932年の映画編集

権三助十
監督 石山稔
脚本 不明
出演者 河合菊三郎
富士幸三郎
千代田綾子
製作会社 河合映画製作社
配給   河合映画製作社
公開   1932年1月29日
上映時間 62分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三助十』(ごんざすけじゅう)は、1932年(昭和7年)製作・公開、石山稔監督による日本の劇映画サイレント映画である[10]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

  • 監督 : 石山稔
  • 原作・脚本 : 不明
  • 撮影 : 不明

キャスト編集

1935年の映画編集

かごや判官
監督 冬島泰三
脚本 冬島泰三
原作 冬島泰三
出演者 林長二郎
坂東好太郎
高田浩吉
音楽 直川哲也
杵屋正一郎
主題歌 作詞 湯淺みか
撮影 伊藤武夫
照明 西村計雄山中長二郎
製作会社 松竹京都撮影所
配給   松竹キネマ
公開   1935年7月14日
上映時間 63分(現存版)
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

かごや判官』(かごやはんがん)は、1935年(昭和10年)製作・公開、冬島泰三原作・脚本・監督による日本の劇映画トーキーである[11][12][13]東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の上映用プリントとして、35mmフィルム16mmフィルムの2ヴァージョン(いずれも「63分」)を所蔵している[13]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1936年の映画編集

権三助十 捕物大騒動
監督 山口哲平
脚本 板間清彦
原作 板間清彦
出演者 若月輝夫
住ノ江田鶴子
撮影 松本喜太郎
製作会社 極東映画
配給   極東映画
公開   1936年
上映時間 不明
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三助十 捕物大騒動』(ごんざすけじゅう とりものおおそうどう)は、1936年(昭和11年)製作・公開、山口哲平監督による日本の劇映画サイレント映画である[14][15]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1938年の映画 1編集

権三助十 鶴一番大当り
監督 山口哲平
脚本 多々羅三平
原作 多々羅三平
出演者 綾小路絃三郎
月澄江
伊勢原浩太郎
撮影 角野茂彦
製作会社 極東キネマ古市撮影所
配給   極東キネマ
公開   1938年2月11日
上映時間 不明
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三助十 鶴一番大当り』(ごんざすけじゅう つるのいちばんおおあたり)は、1938年(昭和13年)製作・公開、山口哲平監督による日本の劇映画サイレント映画解説版)である[16][17]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1938年の映画 2編集

権三助十 天狗退治
監督 山口哲平
脚本 多々羅三平
原作 多々羅三平
出演者 綾小路絃三郎
伊勢原浩太郎
撮影 鵜川利幸
製作会社 極東キネマ古市撮影所
配給   極東キネマ
公開   1938年7月14日
上映時間 不明
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三助十 天狗退治』(ごんざすけじゅう てんぐたいじ)は、1938年(昭和13年)製作・公開、山口哲平監督による日本の劇映画サイレント映画解説版)である[18][19]東京国立近代美術館フィルムセンターは、「22分尺」の35mmフィルム本作の上映用プリントを所蔵している[19]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1939年の映画編集

初笑ひかごや判官
監督 橋本松男
脚本 那知朱太郎
原作 那知朱太郎
出演者 辰巳好太郎
林喜美枝
有島鏡子
撮影 奥田陽三
製作会社 全勝キネマ
配給   全勝キネマ
公開   1939年12月31日
上映時間 不明
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

初笑ひかごや判官』(はつわらい かごやはんがん)は、1938年(昭和13年)製作・公開、橋本松男監督による日本の劇映画サイレント映画解説版)である[20][21]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1940年の映画編集

権三と助十
監督 古野栄作
堀内真那夫
脚本 御手洗一夫
出演者 坂東好太郎
高田浩吉
海江田譲二
撮影 横光信雄
照明 佐々木政一
製作会社 松竹下加茂撮影所
配給   松竹キネマ
公開   1940年11月16日
上映時間 不明
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三と助十』(ごんざとすけじゅう)は、1940年(昭和15年)製作・公開、古野栄作堀内真那夫の共同監督による日本の劇映画トーキーである[22][23]。権三と助十を演じるのは、5年前の『かごや判官』(1935年)に引き続き、坂東好太郎高田浩吉である[11][12][22][23]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1956年の映画編集

権三と助十 かごや太平記
監督 斎藤寅次郎
脚本 中田竜雄
製作 福島通人
出演者 堺駿二
益田キートン
星美智子
花菱アチャコ
音楽 宅孝二
撮影 福島宏
照明 城田昌貞
編集 長沢嘉樹
製作会社 東映東京撮影所
配給   東映
公開   1956年6月21日
上映時間 59分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

権三と助十 かごや太平記』(ごんざとすけじゅう かごやたいへいき)は、1956年(昭和31年)製作・公開、斎藤寅次郎の監督による日本の劇映画トーキーである[24][25]。2013年(平成25年)1月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターも、マツダ映画社も、本作の上映用プリントを所蔵しておらず、戦後の作品ながら、現存していないとみなされるフィルムである[6][7]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 岡本[1956], p.349-354.
  2. ^ a b c 世界大百科事典『《権三と助十》』 - コトバンク、2013年1月11日閲覧。
  3. ^ 権三助十国立国会図書館、2013年1月11日閲覧。
  4. ^ a b c 権三と助十(1923年) - 日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  5. ^ 岡本綺堂 - 日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月11日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年1月11日閲覧。
  8. ^ 権三と助十(1926年)、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  9. ^ 権三と助十(1926年)、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。
  10. ^ 権三助十、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  11. ^ a b かごや判官、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  12. ^ a b c かごや判官、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。
  13. ^ a b c かごや判官、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月11日閲覧。
  14. ^ 権三助十 捕物大騒動、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  15. ^ 権三助十 捕物大騒動、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。
  16. ^ 権三助十 鶴一番大当り、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  17. ^ 権三助十 鶴一番大当り、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。
  18. ^ a b 権三助十 天狗退治、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。
  19. ^ a b c 権三助十 天狗退治、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月11日閲覧。
  20. ^ 初笑ひかごや判官、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  21. ^ 初笑ひかごや判官、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。
  22. ^ a b 権三と助十(1940年)、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  23. ^ a b 権三と助十(1940年)、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。
  24. ^ 権三と助十 かごや太平記(1940年)、日本映画データベース、2013年1月11日閲覧。
  25. ^ 権三と助十 かごや太平記(1940年)、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月11日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

1923年の映画
1926年の映画
1932年の映画
1935年の映画
1936年の映画
1938年の映画
1939年の映画
1940年の映画
1956年の映画