権 良淑(クォン・ヤンスク、ハングル권양숙1947年12月23日 - )は、第16代大韓民国大統領盧武鉉の妻で、元大韓民国ファーストレディ2003年 - 2008年)である。

権良淑
KwonYangsook LauraBush.jpg
ホワイトハウスローラ夫人と語り合う権良淑。
各種表記
ハングル 권양숙
漢字 權良淑
発音: クォン・ヤンスク
日本語読み: けん・りょうしゅく
ローマ字 Kwon Yang-sook
テンプレートを表示

概要編集

慶尚南道馬山市鎭北面(現・慶尚南道昌原市馬山合浦区鎭北面)出身。ケソン女子商業高校卒業。

盧武鉉とは同郷で、1973年1月に恋愛結婚した。盧武鉉が司法試験に合格したとき、夫のひざに顔を埋めて泣いたという[1]


 
2006年のAPEC首脳会議に、夫の盧武鉉(左から二番目)と参加する権良淑(一番左)(中央はプーチン大統領、右はブッシュ大統領とローラ夫人)

しかし、昇進に関して疑惑のあるクォン・キジェ元大統領府行政官(2004年までに27年間地方の税務署で勤務した後に、大統領府行政官にまでに昇進した)が、彼女の弟の同級生であったことへの疑惑もあった[2]。さらに弟の銀行家クォン・ギムンも、盧武鉉政権発足後に急激な昇進をしていることも、一部で疑惑の目を向けられている。[3] なお、3100万ウォンを横領した疑いで2006年3月に逮捕された韓国の土建会社代表は、権良淑の末弟を名乗っていたが実際は無関係であった。[4]

社会福祉や、教育などの児童・青少年問題、女性などの家庭に関した諸問題に関心があるようである。趣味は音楽鑑賞読書水泳登山。また、彼女は夫・盧武鉉と一緒に二重瞼整形をしている[5]

2003年シンガポールを訪問した際、「権良淑蘭」と名付けられた新しい品種のを受け取っている[6]

2004年に、国連国際家族年10周年記念・大韓民国代表夫婦選定委員会による、「韓国を代表するおしどり夫婦」のアンケート調査では、夫の盧武鉉と共に3位に選ばれた。[7]

2006年には、就業ポータル・キャリアと韓国の女性週刊誌『ウーマンタイムズ』が行ったアンケート調査・「韓国のパワーウーマン・トップ10」で第五位に選ばれた[8]

2019年5月24日、夫の盧武鉉元大統領の没後10年の追悼式典に参列した。式典にはほかに、ブッシュ元大統領文在寅大統領の配偶者である金正淑夫人が参列した。盧武鉉財団によると、当日会場となった元大統領の故郷である慶尚南道金海市烽下村へ、2万人を超える市民が訪問した[9]

収賄事件編集

2009年4月11日、朴淵次泰光実業会長から100万ドル(約1億490万円)などを受け取った疑いで釜山地方検察庁に出頭を求められ、調査を受けた[10]。盧は在任中に権が受領したことで、検察の調査を受けた。この直後である5月23日早朝自殺した[11][12]

脚注編集

  1. ^ 親近感ある「庶民型ファーストレディー」権良淑氏』、朝鮮日報、2002年12月20日。
  2. ^ 【賭博機】渦中の人物は大統領夫人の弟の友人』、朝鮮日報、2006年9月1日。
  3. ^ 盧武鉉大統領夫人の弟、3年半で「超高速昇進」』、朝鮮日報、2006年8月25日。
  4. ^ 「盧大統領夫人の弟」名乗り3千万ウォン横領』、朝鮮日報、2006年3月9日
  5. ^ 大統領夫人も二重まぶたに 大統領と一緒に手術』、朝鮮日報、2005年2月28日。
  6. ^ シンガポールに‘クォン・サンウ蘭’誕生』、中央日報、2006年8月28日。
  7. ^ 韓国を代表する“おしどり夫婦”はチェ・スジョン&ハ・ヒラ 』、朝鮮日報、2004年5月24日。
  8. ^ 韓国パワーウーマンのトップは朴槿恵氏』、中央日報、2007年1月3日。
  9. ^ 故盧武鉉元大統領の10周年追悼式”. 海外文化弘報院 (2019年5月24日). 2020年4月26日閲覧。
  10. ^ “権良淑氏の検察調査、前職大統領夫人では史上2人目”. YONHAP NEWS. (2009年4月13日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20090413000400882 2020年4月26日閲覧。 
  11. ^ 大きな権限背景に[リンク切れ]
  12. ^ “盧武鉉前大統領、岸壁で飛び降り死亡”. 東亜日報. (2009年5月24日). http://www.donga.com/jp/article/all/20090524/307897/1/ 2020年4月26日閲覧。 

外部リンク編集