権賢妃(けんけんひ、洪武24年10月26日1391年11月22日) - 永楽8年10月24日1410年11月20日))は、永楽帝の寵妃。朝鮮の安東権氏の人で、朝鮮では顕仁妃(けんじんひ)と呼ばれた。

経歴編集

籍貫は慶尚道安東府。工曹典書である権執中の娘として生まれた。兄は権永均永楽6年(1408年)、明に献上されて後宮に入り、賢妃となった。権永均は明の光禄寺大卿に封ぜられた。

傑出した美貌を持ち、玉簫を吹くのを得意とし、永楽帝の深い寵愛を受けた。また、崩じた徐皇后に代わって後宮の管理を任された。永楽8年(1410年)、永楽帝の韃靼北元)への征戦につき従った。凱旋すると、臨城において薨去した。永楽帝はその死を悼み、権氏は恭献賢妃された。

永楽帝は権賢妃の薨去に不審を抱いた。3年後、そのことが原因で、後宮の者たちの大量処刑を行った。同じく朝鮮出身の妃嬪であった呂氏をはじめ、多くの者が殺害された。

伝記資料編集

脚注編集