メインメニューを開く
横四方固の基本形

横四方固(よこしほうがため)は、柔道固技抑込技9本の一つ。講道館国際柔道連盟(IJF)での正式名。IJF略号YSG

七帝柔道大会における横四方固

目次

概要編集

仰向けの相手の側方から四方に抑え込む技。

基本形は相手が仰向けに寝た状態で、相手の側方から首の下に差し込んだ腕で後ろ襟を掴み首を固め、残った腕で相手の股間を通して臀部あたりの下穿きまたは後帯、横帯を掴み自分の胸で相手の上に乗り、腰を低く落として相手の動きを封じ抑え込む。

崩横四方固編集

崩横四方固(くずれよこしほうがため)は相手の右から抑える場合、左手を相手の左肩下から回して相手の左横帯を取り、その左肩前部で相手の上体を制し、右手で相手の左下履きを制する横四方固。他に右前腕を相手の左側の床につけ相手の動きに応じて右前腕部を移動しコントロールしながら、右肘を相手の左腰に当て抑え込む方法やこの方法から相手の左上腕部を左腋で抑える方法もある[1]

 
胸固

胸固編集

胸固(むねがため)は横四方固の一種である。

春日ロック編集

春日ロック(かすがロック)は片腕で相手の頭部をもう一方の腕で自分側の相手の片脚を抱え込んで両手を組んで相手をエビ固めにしての抑込技[2]。横四方固だが一部は崩袈裟固である。亀姿勢の相手の頭部と自分の反対側の片脚を抱え込んだあと様々な形で相手を仰向けにする。相手の頭部側に返したり、ブリッジで自らの後方に返したり、相手の背面の上を前転して相手を横転させたりする。講道館少年部の春日柔道クラブで小室宏二がよく教えていた。

試合での実例
×ソフィア・ベラター(モロッコ) (1:04 横四方固[3]) メイリン・デル=トロ=カルバハルキューバ)〇 IJFサイト映像[3]

特徴編集

一説には抑込技の中で極ったときに一番脱出が困難といわれる。

上から体重を乗せてきている相手をベンチプレスのように真上に腕力で押しのけようとする、闇雲にブリッジ連打する等、勢いのみで外そうとする寝技の未熟な者は脱出が難しく、抜けられても非常に体力を浪費する。

基本的な脱出の仕方としては、瞬間的なブリッジで数cmでも浮かして、戻られる前にエビで横にずれて力の掛け合いを垂直方向から斜め方向へずらし、再度密着しようと追ってくる相手の腰を手で制しつつ、相手側の膝を先に突っ込む、といった動きがある。

ちなみに、山下泰裕1984年ロサンゼルスオリンピックモハメド・ラシュワンから横四方固で一本を取り、金メダルを獲得した。

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 川村禎三『柔道 改訂増補版』ベースボールマガジン社〈スポ-ツ入門双書〉、1963年、91,92。「横四方固め」
  2. ^ 小室宏二『柔道 固技教本』晋遊舎(原著2011年2月)、109-119頁。ISBN 978-4863910058。「春日ロック」
  3. ^ a b Dusseldorf Grand Slam 2018 / Round 1 -63 kg Morocco BELATTAR,Sofia VS Cuba DEL TORO CARVAJAL,Maylin (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (23. Feb 2018). https://www.ijf.org/judoka/14589/videos?currentContestCodeLong=gs_ger2018_w_0063_0002 2019年6月8日閲覧。