メインメニューを開く

横山 忠始(よこやま ただし、1948年6月23日[2] - 2017年11月3日[3] )は、日本政治家。元香川県三豊市長(3期)。

横山 忠始
よこやま ただし
生年月日 1948年6月23日
出生地 香川県詫間町(現・三豊市
没年月日 (2017-11-03) 2017年11月3日(69歳没)
出身校 関西学院大学法学部
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2006年2月12日[1] - 2017年11月3日
テンプレートを表示

来歴編集

香川県詫間町(現・三豊市)に生まれる。1972年関西学院大学法学部卒業。卒業後、大平正芳の秘書となる。1983年から1987年に、香川県議会議員。1993年に旧詫間町町長に就任。以後、4期務める。2006年1月に三豊郡7町が合併し三豊市が誕生し、同年2月12日の市長選で、初代市長に当選し、3期務めた[4]

2017年9月の定例市議会で、2018年1月に予定される同市長選に立候補しない意向を表明[5]。同年10月末から病気療養し、同年11月3日、肺がんのため、東京都内の病院で死去。69歳没[3][6]

脚注編集