メインメニューを開く

横山 桂次(よこやま けいじ、1920年11月30日2008年12月19日)は、日本政治学者中央大学名誉教授。中央大学教授を定年退職した後に高岡法科大学学長を務めた。神奈川県横浜市出身。

略歴編集

この他に、中央大学学生部長や中央大学通信教育部長なども歴任。

研究領域編集

専門はヨーロッパ政治史、特にイギリス政治史。

日本の地方自治についての著書も多い。

著書編集

  • 『産業社会と政治過程 : 京葉工業地帯』 大原光憲と共編 日本評論社 1965.3
  • 『現代日本の地域政治』 大原光憲と共著 三一書房 1966.5
  • 『市民参加と地域政治』 ディリス・M・ヒル著 吉塚徹と共訳 福村出版 1973.10
  • 『自治体政策づくり読本』 大原光憲と共編 総合労働研究所 1981.8
  • 『新・開拓時代の自治体革新』 編著 ありえす書房 1984.9
  • 『地域政治と自治体革新』公人社 1990

注釈編集

  1. ^ 以上について、『法学新報 98巻11=12号』、『高岡法学 10巻1=2号』