メインメニューを開く

横山 邦男(よこやま くにお、1956年8月4日 - )は、宮崎県出身の実業家三井住友銀行常務執行役員日本郵便代表取締役社長日本郵政取締役等を歴任。

人物・来歴編集

東京大学経済学部卒。1981年(昭和56年)住友銀行入行。統合戦略室長、大塚法人営業部長等を歴任。三井住友銀行初代頭取の西川善文が日本郵政社長に就任した際には、側近として西川に帯同し同社専務執行役を務め、「かんぽの宿」売却や日本通運との宅配事業の統合を担当。しかしかんぽの宿の売却では野党から不当に安く売却したと告発されるなど政争に巻き込まれた[1]

その後三井住友銀に復帰。同行常務執行役員を経て、三井住友アセットマネジメント社長に就任した[2]。同社社長時代には手数料の安いインターネット直販の投資信託を売り出すなど経営改革を進ると同時に『今こそはじめる資産形成 ~人生を劇的に好転させる50のお金の知識~』 を出版し、2016年6月27日付で同社社長を退任後わずか1日の翌28日付で日本郵便の代表取締役社長及び日本郵政の取締役に就任[3]。自動運転車やドローン(小型無人機)といった新技術による配送などで将来の人手不足対応を急いでいる(2019年現在)[4]

著書編集

  • 『今こそはじめる資産形成 ~人生を劇的に好転させる50のお金の知識~』 幻冬舎、2015年。ISBN 4344972163

脚注編集