横張 真(よこはり まこと、1958年 - )は、日本の都市研究者。緑地研究者。東京大学大学院工学系研究科 教授、カナダグエルフ大学、イタリアバリ大学客員教授、筑波大学講師。日本農村計画協会理事。国際景観生態学会理事。都市計画協会理事。専門は緑地環境計画、ランドスケープ科学を含む環境農学。博士(農学)(1992年10月 東京大学)。東京都出身。

略歴編集

1984年、東京大学農学部農業生物学科卒業。 1986年、東京大学大学院農学系研究科農業生物学専攻修士課程修了。 1986年、農林水産省農業環境技術研究所勤務。 1992年から1993年、カナダ・グエルフ大学科学技術庁長期在外研究員。 1994年から1998年、国立農業環境科学研究所主任研究員 1994年から2000年、日本大学非常勤講師。 1998年、筑波大学社会工学系助教授就任。 1998年から2006年、東京大学非常勤講師。 2003年、2005年、京都大学非常勤講師。 2004年、筑波大学大学院システム情報工学研究科教授就任。 2006年、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授就任。 2013年、東京大学大学院工学系研究科就任。

編集

1995年、日本造園学会賞(論文部門)

著書編集

  • 郊外の緑地環境学 シリーズ「緑地環境学」(共著、学芸出版社)
  • 世界のランドスケープデザイン(共著、プロセスアーキテクチュア)
  • テキスト ランドスケープデザインの歴史(共著、学芸出版社)

各種委員等編集

  • 福島県における復興祈念公園有識者委員会委員
  • ElsevierのLandscape and Urban Planning Jounal編集委員(1994年から)
  • Carfax PublishingのLandscape Research Journal編集委員(2004年から)
  • Springerの景観と生態工学ジャーナル編集委員(2005年から)
  • 農村計画学会 理事(2000年から)
  • 日本造園学会 理事(2001年から)
  • 有識者等からなる円卓会議専門委員[1]
  • 日本都市計画学会会長
  • 日本造園学会会長
  • 所沢市みどりの基本計画策定検討委員会委員[2]
  • 国土交通省社会資本整備審議会臨時委員
  • 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会委員
  • 東京都農政審議会委員長
関与した主要プロジェクト

みなとみらい21ドックヤードパーク(1985~86)OECD「農業と環境」委員会における農業生態学的指標の開発に関するタスクフォース(1997年~1999年)農業の開発に関するタスクフォース農業新基本法のための生態学的指標 埼玉県緑地計画(1998年~1999年)つくばエクスプレス線沿線の新都市開発構想(1999年~2000年)つくば市グリーンマスタープラン(2002年~2004年)愛知県EXPO2005概念計画(1998年〜2001年)

出典編集

典拠編集

脚注編集

[脚注の使い方]
文化
先代:
宮城俊作
日本造園学会会長
2019年 -
次代:
 
先代:
中井検裕
日本都市計画学会会長
第35代:2016年-2017年
次代:
久保田尚