メインメニューを開く

横浜こども科学館(よこはまこどもかがくかん:YOKOHAMA SCIENCE CENTER)は、神奈川県横浜市磯子区洋光台にある科学館。館長は的川泰宣[1]。建物外観は宇宙船モチーフにしている。指定管理者コングレNTTファシリティーズ共同事業体。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 横浜こども科学館
YOKOHAMA SCIENCE CENTER
横浜こども科学館
横浜こども科学館の位置(横浜市内)
横浜こども科学館
横浜こども科学館
横浜こども科学館の位置
施設情報
正式名称 横浜こども科学館
愛称 はまぎん こども宇宙科学館 (HAMAGIN SPACE SCIENCE CENTER)
2008年4月1日 - 2019年3月31日
専門分野 宇宙科学
館長 的川泰宣2012年3月1日 - )
事業主体 横浜市
管理運営 コングレNTTファシリティーズ共同事業体
延床面積 6,484.26m2
開館 1984年5月5日
所在地 235-0045
日本の旗 日本 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
位置 北緯35度22分37.44秒 東経139度35分41.73秒 / 北緯35.3770667度 東経139.5949250度 / 35.3770667; 139.5949250
アクセス JR根岸線洋光台駅より徒歩3分。
横浜横須賀道路港南台ICから約5分。
外部リンク はまぎん こども宇宙科学館 オフィシャルホームページ
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ネーミングライツ制度が導入され、横浜銀行2008年度から当初年間3千万円で命名権を取得し(2008年4月1日 - 2013年3月31日[2]、2013年4月1日 - 2016年3月31日(年額1500万円)[3]、2016年4月1日 - 2019年3月31日(年額1700万円)[4]、2019年4月1日 - 2024年3月31日(年額1700万円)[5])、「はまぎん こども宇宙科学館」の愛称が用いられている。

施設編集

5FからB2まで、館全体が巨大な宇宙船をイメージした体験型科学館。

フロアごとにテーマの異なる5つの展示室があり、子どもから大人まで、自分でふれて体感して、楽しく遊びながら宇宙や科学のふしぎを学ぶことができる。

宇宙の広がりをさぐる5F「宇宙船長室」。

キャプテンシアターでは、身近な道具を使った科学実験ショウ「サイエンス・ショウ」や、宇宙をテーマにした映像と道具を使った解説を行う「サイエンス・ミニトーク」を土日祝に開催。また、土日には宇宙開発やロケットなどについての解説を行う「ウィークエンドレクチャー」も実施。

4Fは、「ビーコロ®」や「サイクロイド滑り台」など、玉の動きを通して物理の法則を体感できる「宇宙研究室」。

3Fは、「月面ジャンプ」や「空間移動ユニット」が人気の「宇宙トレーニング室」。

2F「宇宙発見室」では、カミナリやオーロラのふしぎにふれることができる。スペースラボでは「ミニ実験」を土日祝に開催。目の前のカウンターで実験を見られる。

B2「あそびの広場/特別展示室」では、秘密基地のようなプレイハウスで道具の組み立てを体験したり、様々な形のマグネットパズルを壁面に貼り付けられる。また、春季や大型連休、夏季などに様々な企画を開催。

宇宙劇場(プラネタリウム)では、直径23mのドーム全体に広がる迫力の映像と、リアルで美しい星がつくりだす、臨場感あふれる宇宙を体験できる。小さな子どもから大人まで楽しめるプログラムを投影。全ての番組の前後どちらかで約15分間、スタッフによるその日の星空解説も実施。

その他、月に1~2回程度、星空観察会を開催。プラネタリウムで宇宙のお話をした後、実際の星空のもと、星や星座の解説を行っている。天体望遠鏡で月や惑星などの天体観察も実施。

建築設計は環境デザイン研究所(仙田満)及び日建設計。宇宙劇場を先端にした3段ロケットのような構成をとる。後部は小さなサイコロの積木のような意匠となっており、南側の公園およびそれに続く住宅地のヒューマンなスケールに合わせるように意図されている。[6][7]

開館時間・休館日編集

  • 開館時間
    • 9:30 - 17:00(入館は16:00まで)
  • 休館日
    • 第1・3火曜日
    • 年末年始
    • ※プラネタリウム番組入れ替え時などに臨時休館することもある。

歴史編集

  • 1984年5月5日 開館
  • 1986年3月21日 展示更新/地下2階
  • 1987年3月21日 地下1階休憩室増設
  • 1988年12月 展示更新/1・3・4階
  • 1989年12月2日 展示更新/5階
  • 1990年4月21日 リニューアル・オープン
  • 2001年3月3日 プラネタリウム更新
  • 2007年3月3日 宇宙劇場リニューアル
  • 2008年4月1日 ネーミングライツにより愛称「はまぎん こども宇宙科学館」を使用
  • 2011年4月1日 指定管理者「SFG・NTTファシリティーズ共同事業体」管理運営開始(2016年3月31日まで)
  • 2012年3月1日 JAXA名誉教授 的川泰宣氏館長就任
  • 2013年4月1日 ネーミングライツの更新(2016年3月31日まで)
  • 2014年5月5日 横浜こども科学館開館30周年
  • 2015年11月1日 展示更新/4階
  • 2016年4月1日 展示室リニューアル/2階
  • 2016年4月1日 2期目指定管理者「コングレ・NTTファシリティーズ共同事業体」管理運営開始(2021年3月31日まで)
  • 2016年4月1日 ネーミングライツ更新(2019年3月31日まで)
  • 2016年9月8日 展示更新/4階
  • 2017年2月11日 展示室リニューアル/地下2階

入館者達成経緯編集

  • 1984年8月4日 入館者10万人
  • 1985年12月16日 入館者50万人
  • 1988年1月23日 入館者100万人
  • 1990年3月27日 入館者150万人
  • 1992年2月13日 入館者200万人
  • 1994年1月20日 入館者250万人
  • 1995年12月19日 入館者300万人
  • 1997年10月17日 入館者350万人
  • 1999年9月18日 入館者400万人
  • 2003年7月31日 入館者500万人
  • 2006年11月26日 入館者600万人
  • 2010年7月25日 入館者700万人
  • 2016年4月28日 入館者800万人

アクセス編集

その他編集

  • 洋光台駅前のバス乗り場には、こども科学館のドームを模した上屋が設けられていた。老朽化のため、現在は別の形状のものに交換されている。
  • 町内の和菓子店(現在は閉店)では、当館をイメージした「ドームサブレー」が販売されていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 館長あいさつ|はまぎん こども宇宙科学館
  2. ^ 横浜市 政策局 共創推進室 共創推進課 (2012年8月21日). “ネーミングライツ(施設命名権)事例”. 2012年8月30日閲覧。
  3. ^ 横浜市 こども青少年局 青少年育成課 (2013年3月1日). “ネーミングライツ(施設命名権)事例”. 2013年7月24日閲覧。
  4. ^ 平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案) (PDF)”. 横浜市こども青少年局青少年育成課 (2015年12月10日). 2017年7月10日閲覧。
  5. ^ “「はまぎん こども宇宙科学館」株式会社横浜銀行とネーミングライツ契約を更新” (pdf) (プレスリリース), 横浜市こども青少年局青少年育成課, (2018年12月12日), https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kodomo/2018/20181212-028-28702.files/php4j7FOd.pdf 2019年6月24日閲覧。 
  6. ^ 新建築1984年7月号
  7. ^ 仙田満、『あそび環境のデザイン』、1987年、鹿島出版会

関連項目編集

外部リンク編集