メインメニューを開く

独立行政法人 労働者健康安全機構 横浜労災病院(どくりつぎょうせいほうじん ろうどうしゃけんこうあんぜんきこう よこはまろうさいびょういん)は、神奈川県横浜市港北区にある医療機関独立行政法人労働者健康安全機構が運営する労災病院である。横浜市立大学医学部の関連病院であり、医師の卒後臨床研修指定病院でもある。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 横浜労災病院
病院外観
情報
正式名称 独立行政法人 労働者健康福祉機構 横浜労災病院
英語名称 Yokohama Rosai Hospital
標榜診療科 内科、血液内科、腎臓内科、腫瘍内科、リウマチ科、精神科、心療内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、新生児内科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線治療科、放射線診断科、麻酔科、臨床検査科、病理診断科、救急科、歯科、歯科口腔外科
許可病床数

650床[1]


一般病床:650床
開設者 独立行政法人労働者健康安全機構
管理者 梅村敏(院長)
開設年月日 1991年平成3年)6月[1]
所在地
222-0036
位置 北緯35度30分40秒 東経139度36分41.5秒 / 北緯35.51111度 東経139.611528度 / 35.51111; 139.611528 (横浜労災病院)座標: 北緯35度30分40秒 東経139度36分41.5秒 / 北緯35.51111度 東経139.611528度 / 35.51111; 139.611528 (横浜労災病院)
二次医療圏 横浜北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1991年(平成3年)6月 横浜労災病院の開院[1]
  • 2004年(平成16年)4月 独立行政法人化へ移行。

診療科編集

疾患別センター
  • 勤労者メンタルヘルスセンター
  • 消化器病センター
  • アスベスト疾患ブロックセンター
  • 内分泌・糖尿病センター
  • 呼吸器センター
  • 循環器センター
  • 脳卒中センター
  • 周産期センター
  • 脊椎脊髄センター
診療協力部門
  • 看護部
  • 中央放射線部
  • 麻酔科
  • 中央集中治療部
  • 輸血部
  • 健康診断部(人間ドック
  • 勤労者予防医療部
  • 臨床検査科
  • 病理診断科 
  • 臨床工学部
  • 中央手術部
  • 薬剤部
  • 治験管理室
  • 栄養管理部
  • 診療情報管理室

医療機関の指定等編集

交通アクセス編集

電車
バス
  • 新横浜駅 バス5番乗り場 横浜市営バス 仲町台駅行き、バス停「横浜労災病院」下車。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 病院概要”. 横浜労災病院. 2015年6月14日閲覧。
  2. ^ 小児医療”. 横浜市 (2013年12月25日). 2015年6月14日閲覧。
  3. ^ 神奈川DMATについて”. 神奈川県 (2013年3月25日). 2015年6月14日閲覧。
  4. ^ 研修施設”. 日本腎臓学会 (2015年5月12日). 2015年6月14日閲覧。
  5. ^ 日本感染症学会認定研修施設名一覧”. 感染症専門医制度. 日本感染症学会 (2015年6月5日). 2015年6月14日閲覧。
  6. ^ 研修施設一覧”. 日本心療内科学会 (2015年4月1日). 2015年6月14日閲覧。
  7. ^ 整形外科専門医研修施設:神奈川県”. 日本整形外科学会. 2015年6月14日閲覧。
  8. ^ 手外科認定研修施設名簿”. 日本手外科学会. 2015年6月14日閲覧。
  9. ^ a b c 独立行政法人労働者健康福祉機構横浜労災病院”. 周産期医療の広場. 日本産科婦人科学会. 2015年6月14日閲覧。
  10. ^ 専門医研修施設一覧”. 日本小児科学会. 2015年6月14日閲覧。
  11. ^ 日本気管食道科学会認定専門医研修施設(50音順)”. 日本気管食道科学会. 2015年6月14日閲覧。
  12. ^ 指定研修施設一覧”. 日本頭頸部外科学会. 2015年6月14日閲覧。
  13. ^ (公社)日本口腔外科学会認定「研修施設」 一覧 (PDF)”. 日本口腔外科学会 (2015年5月25日). 2015年6月14日閲覧。
  14. ^ 薬物療法専門薬剤師研修施設 (PDF)”. 日本医療薬学会 (2014年10月23日). 2015年6月14日閲覧。

外部リンク編集