メインメニューを開く
横浜国立大学 > 横浜国立大学理工学部

横浜国立大学理工学部(よこはまこくりつだいがくりこうがくぶ、英称:College of Engineering Science)は、横浜国立大学に設置される学部の一つである。また、横浜国立大学大学院理工学府(よこはまこくりつだいがくだいがくいんりこうがくふ、英称:Graduate School of Engineering Science)及び横浜国立大学大学院工学研究院(よこはまこくりつだいがくだいがくいんこうがくけんきゅういん、英称:Faculty of Engineering)、横浜国立大学大学院環境情報学府(よこはまこくりつだいがくだいがくいんりかんきょうじょうほうがくふ、英称:Graduate School of Environment and Information Sciences)、横浜国立大学大学院環境情報研究院(よこはまこくりつだいがくだいがくいんかんきょうじょうほうけんきゅういん、英称:Faculty of Environment and Information Sciences)は、横浜国立大学に設置される研究科以外の大学院組織である。大学院理工学府、大学院環境情報学府は学生が所属する教育組織であり、また、大学院工学研究院、大学院環境情報研究院は教員が所属する研究組織である。

概要編集

理工学部編集

横浜国立大学理工学部は、横浜高等工業学校を前身とし、1949年の横浜国立大学発足時に工学部として設立された学部である。2011年に工学部が理工学部に改組された[1]

大学院理工学府・工学研究院・環境情報学府・環境情報研究院編集

横浜国立大学大学院理工学府及び大学院工学研究院、大学院環境情報学府、大学院環境情報研究院は、1963年に大学院工学研究科として設置された組織であり、2001年に学生が所属する工学府・環境情報学府と教員が所属する工学研究院・環境情報研究院に改組された[1]。工学府はその後、2018年に理工学府に改組された[2]

沿革編集

学科編集

  • 入学定員659名[3]
    • 機械工学・材料・海洋系学科[3]
    • 化学・生命系学科[3]
    • 数物・電子情報系学科[3]

著名な出身者編集

政治編集

行政、司法編集

経済編集

研究編集

文化、技術編集

芸能編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 「横浜国立大学の歴史 history」横浜国立大学
  2. ^ a b 学部・大学院の歴史”. 2018年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 「学生数(学部))」横浜国立大学

外部リンク編集