メインメニューを開く
教会外観(2013年)

横浜山手聖公会(よこはまやまてせいこうかい)は、神奈川県横浜市中区にある日本聖公会教会堂である。プロテスタント日本聖公会横浜教区に属する教会で、外形は大谷石を使ったノルマン様式の聖堂をもつ。

概要編集

歴史編集

集会編集

横浜山手聖公会編集

日本語集会は第二次世界大戦後にできたもので、横浜山手聖公会と呼ばれている。週日は7時、11時、18時に礼拝があり、主日(日曜日)は8時、11時(毎月第1主日のみは日英合同礼拝)、18時に礼拝がある。 [1] [2]

Yokohama Christ Church編集

英語集会は江戸時代の末に禁教令が緩和された直後にできた2つの伝統ある教会のひとつで(もう1つは長崎大浦天主教会)、Yokohama Christ Churchと呼ぶ。主日礼拝は9時半(毎月第1主日のみは日英合同礼拝で11時)にある。 [3] 現在司祭は英国から横浜港近くにあるミッション・トゥー・シーフェアラーズ・センターへ派遣されているチャプレンである。 [4]

所在地編集

横浜市中区山手町235番地

交通編集

脚注編集

  1. ^ 週日の礼拝について
  2. ^ 主日(日曜日)の礼拝について
  3. ^ Yokohama Christ Church (英語)
  4. ^ 日本聖公会横浜教区報』2014年6月25日:アンドリュー・デンジャーフィールド著「海の日に寄せて」

関連項目編集

外部リンク編集