メインメニューを開く

横浜市営トロリーバス

横浜市営トロリーバス(よこはましえいトロリーバス)は、横浜市交通局が運営していた無軌条電車(トロリーバス)である。日本で最も遅く開業し、最後まで残った都市型トロリーバスであり、起伏の多い横浜駅北部の住宅街を一周する環状運転を行っていた。

横浜市営トロリーバス
概要
種別 無軌条電車
現況 廃止
起終点 起点:横浜駅西口
終点:横浜駅西口
運営
開業 1959年7月16日 (1959-07-16)
廃止 1972年4月1日 (1972-4-1)
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
電化 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示

目次

概要編集

停留場・施設・接続路線

廃止時を示す(今尾 2008)。

相鉄本線 
         
 常盤園前
和田町交差点 
     
 横浜新道
和田町 
     
 岡沢町
和田町 
     
 市民病院前
常盤園下 
     
 三ツ沢西町
峰岡町 
     
 三ツ沢上町
星川 
     
 三ツ沢小学校前
峰小学校前 
     
 三ツ沢中町
天王町 
     
 三ツ沢下町
宮田町 
     
 島田橋
東海道本線貨物線 
       
 ガーデン下
東海道本線・横須賀線 
         
 東急東横線
西横浜 
         
 松本
市電  洪福寺 
 
 
 
       
 反町
浅間町車庫 
         
 泉町中央
浅岡橋 
         
 泉町
浅間下 
             
 鶴屋町三丁目
平沼橋 
         
 市電
岡野町 
 
 
 
     
 
 
 
   
 横浜駅西口
←市電 
     
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
   
       
 
 
 
   
 東海道本線貨物線
       
 
 
 
   
 東海道本線・横須賀線
   
 
 
 
   
 京浜東北線
京急本線 
     
 
 
 
   
 京急本線
 
 根岸線

横浜市営トロリーバスは1959年7月16日に12両で開業した。開業当初は常盤園前から横浜駅西口を経由して三ツ沢西町で折り返し運転を行っていたが、同年12月に三ツ沢西町 - 常盤園前間が開通し、横浜駅西口を起点とする環状運転となった。運行系統番号は101系統(内回り)と102系統(外回り)であった[1]。開業当初よりワンマン運転を実施[2]

1964年東京オリンピックでは三ツ沢競技場サッカー会場となり、選手や観客の輸送に活躍した[3]

自動車の爆発的増加による影響を受け、横浜市営交通も経営悪化に悩まされていた。1963年には横浜市電を廃止し、トロリーバス化することが「横浜国際港都建設総合基幹計画」改訂版に明文化されたが[4]、市長の交代による計画変更で実現しなかった。1961年度からトロリーバス事業は黒字であったが、他部門の赤字を補填できる規模ではなかった。また国道1号国道16号を走行するため、トロリーバスも交通渋滞に巻き込まれるようになった。1966年には「交通事業財政再建計画」が策定され、市電とトロリーバスの廃止が計画された。1971年度にトロリーバス事業は再び赤字に転落し、その年度末である1972年3月31日に最終運行をおこない、横浜市電とともに全廃された[5]。 車体の更新時期にあたりバス1台約350万円に対しトロバスは1両約1200万円であったこと、市電が廃止されるためトロバスのために変電所を残しておくことは不経済であることが要因であった[6]

廃止翌日より横浜市営バス201・202系統が代替運行され現在に至る。

歴史編集

  • 1959年7月16日 三ツ沢西町 - 横浜駅西口 - 常盤園前間が開業
    • 101系統:三ツ沢西町 - 常盤園前;103系統:横浜駅西口 - 三ツ沢西町(平日ラッシュ時のみ)
  • 1959年12月1日 三ツ沢西町 - 岡沢町 - 常盤園前間が開業し、全通
    • 101系統:内回り循環;102系統:外回り循環
  • 1972年4月1日 全線廃止

輸送実績編集

年度 旅客輸送人員(千人)
1963 8,080
1966 8,930
1970 8,666
  • 私鉄統計年報各年版

車両編集

100形
導入時期によって差異がある。
  • 開業時に導入した一次車 (101-112) は1959年東急車輛製造(三菱ふそうのシャーシに東急車輛の車体を装架)。車内はセミクロスシート。1960年製造の二次車 (113-115) もほぼ同形。
  • 1962年製造の三次車 (116 - 118)・1963年製造の四次車 (119・120) は富士重工業の13形ボディ(シャーシは三菱ふそう)に、塗色が市電末期と同様のクリームに青帯に変わるとともに車内もロングシートとなる。
  • 五次車 (121-124) は1967年4月末に廃止となった川崎市営トロリーバスの700形を譲受し、ワンマン化改造の上で使用した。

車庫編集

接続路線編集

脚注および参考文献編集

  1. ^ 『横浜市営交通八十年史』横浜市交通局 2001年、p.224
  2. ^ 『横浜市営交通八十年史』横浜市交通局 2001年、p.226
  3. ^ 『横浜市営交通八十年史』横浜市交通局 2001年、p.226
  4. ^ 『横浜市営交通八十年史』横浜市交通局 2001年、p.234
  5. ^ 『横浜市史Ⅱ 第三巻(上)』横浜市 2003年、pp.263-266
  6. ^ 三神康彦「横浜市無軌条電車」『鉄道ピクトリアル』No.279