メインメニューを開く

横浜市立戸塚高等学校(よこはましりつ とつかこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市戸塚区にある市立高等学校である。

横浜市立戸塚高等学校
Totsuka highschool.jpg
過去の名称 戸塚町立実科高等女学校
横浜市立戸塚実科高等女学校
横浜市立戸塚高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 横浜市旗 横浜市
学区 全日制・横浜市内全域
(学区外入学限度8%)
定時制・県内全域
設立年月日 1928年3月6日
開校記念日 4月8日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 単位制(全日制)
学年制(定時制)
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 14206K
所在地 233-0011
神奈川県横浜市戸塚区汲沢2-27-1

北緯35度23分58.8秒 東経139度31分0.3秒 / 北緯35.399667度 東経139.516750度 / 35.399667; 139.516750座標: 北緯35度23分58.8秒 東経139度31分0.3秒 / 北緯35.399667度 東経139.516750度 / 35.399667; 139.516750
外部リンク

全日制公式サイト
全日制コンピューター部公式サイト

定時制公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
横浜市立戸塚高等学校の位置(神奈川県内)
横浜市立戸塚高等学校

略称は戸高(とっこう / とこう)。全日制保護者会を「光陵会」といい、定時制同窓会を「櫻陰会」という。9月下旬に開催される文化祭は「戸高祭」。横浜市に合併される以前の鎌倉郡戸塚町立の高等女学校以来の伝統を持ち、戸塚区内最古の高校である。

戦後しばらくは一区一校制のもと東京大学など有名校への進学者を輩出していたが、神奈川県の県立高校百校計画の煽りを受けるなどして一時期は横浜市立全日制普通科高校では例外的に低迷状況にあった。現在では、単位制への転換や校舎一新、制服ブレザー化[1]、交通アクセスの改善[2]によって顕著な回復を遂げている。定時制については市議会などにおいて存廃の議論が続いている[3]

沿革編集

出典:『戸高の紹介』
  • 1928年
  • 1939年4月1日 - 鎌倉郡のうち戸塚町など1町7村が横浜市に編入され、戸塚区となる。それに伴い、横浜市立戸塚実科高等女学校となる。
  • 1943年4月1日 - 横浜市立戸塚高等女学校に改組される。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により、全日制普通科と定時制普通科からなる共学横浜市立戸塚高等学校となり矢部町に移転。
  • 1950年4月1日 - 小学区制(一校一区制)導入。戸塚、本郷、岡津、大正、中和田、原の各中学校区を合わせた学区となる。横浜市立大正中学校内に分校が創立されるも1955年に廃校。
  • 1960年
    • 3月 - 現校歌が披露される。
    • 7月 - 戸塚競馬場跡地に移転。元の観客席は現在のグラウンドである。移転先として当地が選ばれた理由について『戸塚高等学校建設由来記』は以下のように記している。「学校環境は生徒への心理的生理的影響、学習効果等を考え、清浄な空気、豊かな陽光に恵まれ、騒音の少ない所で、更に展望の広い所が最上である。校舎と運動場は段差のあった方が良い。そして運動場は校地の東側が望ましい。それは関東地方南部の卓越風は北西風であるから、運動場が風下となり、風塵が校舎を襲うことがないからである。」そのうえで、現地視察を行った日が好天に恵まれ、相模平野の先に富士、箱根、大山の眺望が得られたうえに、相模湾をも遠望できたことから、当地が参加者により絶賛された旨を伝えている[4]
  • 1963年4月1日 - 中学区制導入。希望ヶ丘平沼桜丘の各校とともに、横浜中部学区に属す。
  • 1981年4月1日 - 学区改編。縮小された横浜中部学区に属す。
  • 1993年10月 - 校舎の全面改築開始。プレハブ仮校舎が併用される。
  • 1995年9月 - 新校舎落成。
  • 2003年4月1日 - 単位制導入。同時に学区が横浜市内全域に変更される。
  • 2014年4月 - 音楽コース設置[5]

教育目標編集

自主、協励、連帯

正門脇に陰刻した石碑が建つ。

校歌編集

特徴と伝統編集


交通編集

著名な出身者と教職員編集

※五十音順

出身者(中退者含む)
教職員経験者

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.edu.city.yokohama.jp/sch/hs/totsuka/seihuku.htm
  2. ^ 神奈川中央交通の汲沢団地バス停などが最寄りであったが、長後街道が慢性的に渋滞するため、バスを使わずに戸塚駅から徒歩25分ほどかけて通学する生徒も少なくなかった。1999年に横浜市営地下鉄ブルーライン踊場駅が近くに開業した。
  3. ^ http://www.araki-yumiko.jp/old/katsudou/html/1025017664.html [リンク切れ]
  4. ^ 『戸塚高等学校建設由来記』p40 高野重雄 1978年
  5. ^ 横浜市立高等学校 教育振興プログラム
  6. ^ http://www.nhk.or.jp/asupro/life/life_04_14.html [リンク切れ]
  7. ^ http://www.shogi.or.jp/taikai/highschool_senshuken/yuusyou.html
  8. ^ http://www.edu.city.yokohama.jp/sch/hs/totsuka/guidance.html
  9. ^ http://courrier.jp/blog/?p=6877
  10. ^ http://wa28.net/
  11. ^ http://www.townnews.co.jp/0108/2010/11/18/79288.html [リンク切れ]
  12. ^ http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/ikusei/hamatorium/00067.html

関連項目編集

外部リンク編集