メインメニューを開く

横浜市立鶴見工業高等学校

横浜市立鶴見工業高等学校(よこはましりつつるみこうぎょうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市鶴見区に存在した全日制の市立工業高等学校である。

横浜市立鶴見工業高等学校
Tsurumi industrial highschool.jpg
過去の名称 横浜市立鶴見工業実習学校
横浜市立鶴見工業学校
国公私立の別 公立学校(市立)
設置者 横浜市旗 横浜市
学区 県内全域
設立年月日 1936年3月12日
創立記念日 10月20日
閉校年月日 2011年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 機械科
電気科[1]
電子科[1]
工業化学科
建築科
土木科
設備工業科
学期 3学期制
高校コード 14215J
所在地 230-0047
外部リンク 横浜市立鶴見工業高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

全日制の課程で7学科を有し、いずれの学科も1学科あたり学年1クラス体制となっていた(電気系1年を除く)。男子生徒の数が圧倒的に多いが、男女共学である。「鶴工」と略されることが多い。英語表記は Tsurumi Industrial High School である。

定時制2006年4月1日をもって閉課程。2009年横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の開校に伴い募集停止。2011年3月31日をもって閉校となった。サイエンスフロンティア高校内に同窓会コーナーが設けられている。

沿革編集

最寄り駅編集

鶴見臨港鉄道が国有化される前は工業学校前停留場として営業していた。

部活動編集

野球部が1954年(昭和29年)夏に甲子園に出場している。以後、甲子園にこそ手は届かないものの、公立ながら夏の県大会で度々上位進出をしている。

主な関係者編集

出身者編集

教職員編集

脚注編集

  1. ^ a b 電気・電子科は入学時は電気系クラスとして募集し、2年に進級する際にどちらへ進むかを個人が選択するようになっていた。

関連項目編集

外部リンク編集