メインメニューを開く

横浜軍事法廷(よこはまぐんじほうてい)とは、太平洋戦争終結後、日本の戦争犯罪を裁くため、当時横浜に司令部を置いていたアメリカ陸軍第8軍によって開かれた軍事法廷である。

この軍事法廷は極東国際軍事裁判の一つであり、主にBC級戦犯を対象としていた。

関連項目編集