メインメニューを開く

横溝 桂(よこみぞ かつら、1935年10月1日 - )は、岡山県総社市出身の元プロ野球選手投手外野手、左投左打)・コーチスカウト解説者

横溝 桂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県総社市
生年月日 (1935-10-01) 1935年10月1日(83歳)
身長
体重
174 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

岡山東高校ではエースとして、同期の野上浩郷とバッテリーを組み、1954年春の選抜に出場するが、1回戦で泉陽高に敗退[1]。岡山東高は選抜初出場であった。同年夏も県予選を勝ち抜き東中国大会1回戦まで進むが、米子東高義原武敏投手に抑えられ延長12回0-1xでサヨナラ負け、甲子園には届かなかった。高校の1年上に、後にプロ野球を経て俳優となる八名信夫明大中退-東映)がいた。

野上と共に1955年広島カープへ入団。貴重な左腕として期待されたが、以前からの肩の故障が悪化し外野手に転向する。1959年に一軍に定着、翌1960年から小坂佳隆らと一、二番を組み、右翼手または中堅手として定位置を確保する。1963年には山本一義が台頭し、外野のレギュラー争いが激しくなるが、その後は一塁手もこなし、真面目さと勝負強さを武器に名脇役として活躍した。1966年にはオールスターゲームにも出場している。1969年限りで現役引退。

その後は広島(1970年 - 1971年スカウト, 1972年二軍打撃コーチ, 1973年一軍打撃コーチ)、南海1978年 - 1980年ヘッドコーチ)、阪神1981年 - 1983年一軍打撃コーチ, 1984年 - 1996年スカウト, 1997年 - 1998年取締役編成部長)でコーチ・フロントを歴任。南海コーチ時代には片平晋作を育て、阪神コーチ時代には掛布雅之を中心とした1985年猛虎打線の基礎を、中西太と共に築き上げた。スカウトとしては新庄剛志を見出した。退団後は西宮市内在住。

1974年から1977年まで中国放送解説者を務めた。

人物編集

戦後、一野球ファンとして野球観戦を続けていた木庭教が、当時広島カープの役員をしていた広島商業の恩師に「そんなに野球が好きなら、いい選手いたら紹介して」と言われて、推薦文を送ったのが横溝である。結局この功績が認められて広島カープのスカウトとして正式採用され、以降40年間スカウト活動に従事した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 広島 11 7 7 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1957 21 10 9 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 4 0 .000 .100 .000 .100
1958 2 4 4 1 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
1959 62 130 114 10 22 5 0 0 27 9 4 3 0 1 15 0 0 14 1 .193 .287 .237 .524
1960 107 385 343 41 91 10 5 6 129 32 14 7 3 3 33 0 3 45 2 .265 .335 .376 .711
1961 83 147 133 16 29 3 1 2 40 6 0 5 0 0 13 0 1 21 0 .218 .293 .301 .593
1962 112 389 355 33 91 16 3 9 140 31 13 12 6 3 19 0 6 41 4 .256 .305 .394 .700
1963 102 298 271 30 72 8 5 0 90 20 2 5 9 0 17 1 1 16 5 .266 .311 .332 .644
1964 97 284 256 37 72 6 3 8 108 28 8 9 3 4 20 1 1 20 1 .281 .336 .422 .758
1965 102 234 206 23 48 6 1 5 71 17 6 10 5 4 17 0 2 15 2 .233 .298 .345 .642
1966 108 359 329 32 84 7 0 2 97 27 3 7 3 1 23 1 3 39 4 .255 .310 .295 .605
1967 100 292 262 18 60 12 0 3 81 27 1 1 0 1 23 4 6 27 6 .229 .306 .309 .615
1968 86 210 186 18 39 7 0 1 49 17 0 1 3 0 18 3 3 23 1 .210 .290 .263 .553
1969 61 90 85 6 13 1 0 1 17 7 0 0 0 0 5 1 0 9 2 .153 .200 .200 .400
通算:14年 1054 2839 2560 271 623 81 18 37 851 221 53 60 32 17 204 11 26 277 28 .243 .306 .332 .638
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

節目の記録
  • 1000試合出場:1969年5月5日 ※史上137人目
その他の記録

背番号編集

  • 31 (1955年 - 1969年、1972年 - 1973年)
  • 61 (1978年)
  • 71 (1979年 - 1980年)
  • 84 (1981年 - 1983年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連情報編集

出演編集

解説者として出演していた番組(現行タイトル)

関連項目編集

外部リンク編集