横溝 邦彦(よこみぞ くにひこ、1957年11月29日 - )は、日本裁判官岡山地方裁判所部総括判事等を経て、松江地方裁判所所長

人物・経歴編集

岡山県倉敷市出身。中央大学法学部卒業[1]広島地方裁判所判事補熊本地方裁判所判事補、岡山地方裁判所津山支部判事補、東京簡易裁判所判事、東京地方裁判所判事、広島地方裁判所呉支部判事、広島家庭裁判所判事、高松地方裁判所部総括判事、大阪地方裁判所部総括判判事、大阪高等裁判所判事、広島高等裁判所判事、岡山地方裁判所部総括判事を経て、2018年から松江地方裁判所所長、松江家庭裁判所所長を務め、人材育成などにあたった[2][3]

裁判編集

脚注編集

先代:
木納敏和
松江地方裁判所長
2018年 -
次代:
(現職)