メインメニューを開く

横田 健一(よこた けんいち、1916年大正5年)- 2012年平成24年)2月6日)は、日本の歴史学者。専門は日本古代史。関西大学名誉教授

目次

略歴編集

活動編集

日本古代史を専攻。三品彰英から日本書紀研究会の代表を引き継ぎ、長年にわたって論文集『日本書紀研究』を編集した。職場の関西大学では、1949年の史学科(のち史学・地理学科)設立にあたって中心的役割を担い、石濱純太郎魚澄惣五郎末永雅雄らを教授陣に迎え、学科の基礎を築いた。また、関西大学の『百年史』や『七十年史』といった年史編纂事業にも尽力した。

主要著作編集

単著編集

  • 『道鏡』(吉川弘文館、1959年、新装版1988年)
  • 『日本のマッチ工業と滝川儀作翁』(同書刊行会、1963年)
  • 『日本古代の精神―神々の発展と没落』(講談社現代新書、1969年)
  • 『白鳳天平の世界』(創元社、1973年)
  • 『日本古代神話と氏族伝承』(塙書房、1982年)
  • 『日本書紀成立論序説』(塙書房、1984年)
  • 『観音信仰と民俗』(木耳社、1989年)
  • 『神話の構造』(木耳社、1990年)
  • 『飛鳥の神がみ』(吉川弘文館、1992年)
  • 『古代王権と女性たち』(吉川弘文館、1994年)
  • 『日本古代の文化と国家』(岩田書院、2010年)
  • 『瀧川儀作伝―「マッチ王」辨三を継いで』(Bookway、2014年)

共著編集

編著編集

  • 『日本書紀研究』(第6~27冊、塙書房)を編集。

共編著編集

  • 網干善教)『講座 飛鳥を考える』(創元社、1976年)
  • 上井久義)『紀伊半島の文化史的研究 民俗編』(関西大学出版部、1988年)

記念論集編集

  • 『横田健一先生還暦記念日本史論叢』(同記念会、1976年)
  • 『横田健一先生古稀記念文化史論叢』上・下(創元社、1987年)

関連人物編集