横田商會よこたしょうかい1903年6月 設立 - 1912年9月 合併)は、かつて京都に存在した日本の映画会社である。日本最古の映画会社のひとつであり、「日本映画の父」こと牧野省三に最初に映画製作を依頼した企業であり、日活を構成する前身4社のうち1社として映画史にその名を残す。

目次

略歴・概要編集

創業編集

オーギュスト・リュミエールから2台の「シネマトグラフ」を購入していたリュミエールの同窓生・稲畑勝太郎は、1897年(明治30年)2月15日大阪の南地演舞場(のちの南街会館)で初めてのシネマトグラフ興行を行い、友人の高木永之助(のちの横田永之助、以下横田)に関西での興行を託すが、横田はその興行からはいったん離れている。1900年(明治33年)、横田は稲畑、兄の横田万寿之助とともに、パリ万国博覧会を視察し、新たにシネマトグラフを持ち帰り、ふたたびシネマトグラフの興行を始める[1]

1903年(明治36年)6月、横田は兄とともに、京都に「横田兄弟商会」を開業、のちに「横田商会」と改称する。同月、新京極の芝居小屋「夷谷座」でフランスから輸入したドキュメンタリーフィルムを公開する。1905年(明治38年)、神泉苑に現像場を開設、自社での現像を開始する。1907年(明治40年)3月、大阪「角座」と東京・神田区の「錦輝館」と特約を結び、ここでの映画興行を始め、同年7月7日、大阪の千日前に、浅草についで国内2館目、関西初の映画専門劇場「千日前電気館」をオープンした[1]

劇映画の製作開始編集

1908年(明治41年)6月、同社のドキュメンタリー映画『韓国観』の撮影技師福井繁一を監督に起用し、同社初の劇映画『いもりの黒焼』を製作、同作を同月25日に公開した。さらに、同社が京都で映画興行を行っていた先の「千本座」を経営する牧野省三に映画製作を依頼、牧野はこれを引き受け、「日本初の時代劇映画」と呼ばれる『本能寺合戦』を監督、同作は、中村福之助嵐璃徳を主演に小川真喜多がカメラを回し、同年9月17日に神田「錦輝館」などで公開された。同社はまだ撮影所をもっていなかった。

1910年(明治43年)7月、二条城至近の押小路女学校通西北角に同社初の撮影所をオープン、「横田商会二条城撮影所」とした[1]。これは日本映画史上で4サイト目の撮影所である[2]。また同年、牧野が尾上松之助を発見、『碁盤忠信源氏礎』の主演に抜擢、日本初の映画スターが生まれた。

1912年(明治45年)1月、御前通一条下ルにグラスステージをもつ「横田商会法華堂撮影所」を新たにオープン、二条城撮影所は機能を移転して閉鎖した。同年(大正元年)9月、福宝堂吉沢商店M・パテー商会との4社合併で「日本活動写真株式会社」(日活)を設立した。「法華堂撮影所」は「日活関西撮影所」として引き継がれ[3]、横田はのちに日活の社長に就任した。

おもなフィルモグラフィ編集

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c 鴇明浩横田商会神泉苑現像所はどこにあったか - 京都映画史研究序説2』(1996年8月31日)の記述を参照。
  2. ^ 立命館大学アートリサーチセンターサイト内の「二条城撮影所」の記述を参照。
  3. ^ 立命館大学アートリサーチセンターサイト内の「法華堂撮影所」の記述を参照。

外部リンク編集