横田 小陸奥(よこた こむつ、? - 天正3年5月21日1575年6月29日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将甲斐武田氏家臣

生涯編集

横田康景(綱松)の3男。兄に彦九郎小才次。弟に源介尹松

天正3年(1575年)5月21日、長篠の戦いにおいて、父や小才次、源介らと共に戦死した[1]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 小和田哲男「戦国ウォーク。長篠・設楽原の戦い」P134

参考文献編集