横田氏(よこたし)

横田氏 (下野国)編集

横田氏
 
左三ツ巴
本姓 藤原北家宇都宮氏
家祖 横田頼業
種別 武家
出身地 下野国
主な根拠地 下野国
著名な人物 横田頼業
横田五兄弟
支流、分家 今泉氏
凡例 / Category:日本の氏族

横田氏は、日本氏族

下野国の横田郷に宇都宮頼綱の子・頼業が移住し興った。頼業は承久の乱で功績を挙げる一方で、和歌にも通じた文武両道の名将であった。以後も代々宇都宮氏を支え活躍したが、宇都宮国綱の代に下野宇都宮氏が改易となると横田氏も運命を共にすることになる。

横田氏の庶流には今泉氏があり、宇都宮氏の内紛の当事者の一人である今泉高光はその出身である。

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
宇都宮頼綱
 
 
 
横田頼業1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰親[※ 1]時業2松野業義蒲生秀頼
 
 
 
親泰3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰業4石井業澄落合親綱
 
 
 
貞朝5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰朝6[※ 2]上三川伴業
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱業7頼業刑部良業今泉元朝秋元師朝[※ 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱俊8
 
大山田氏朝今泉盛朝竹林元業
 
 
 
 
 
 
 
綱親9横田綱親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱英10保業清業桑島辰業
 
 
 
綱邑11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱維12維業弥業茂業業通綱久
 
 
 
綱久13
 
 
 
綱員14
 
 
 
綱通15
 
 
 
綱胤16
  1. ^ 宇都宮時綱の子。
  2. ^ 武茂時景の子。
  3. ^ 泰朝の弟。

甲斐武田氏家臣の横田氏編集

横田氏
 
本姓 佐々木氏
種別 武家
出身地 近江国甲賀郡横田
著名な人物 横田高松
横田康景
横田尹松
凡例 / Category:日本の氏族

甲斐武田氏家臣には、足軽大将横田高松(備中守)の一族の横田氏がいる。近江国甲賀郡横田の地より興ったと伝わり、本姓は佐々木氏とする。通字は「松(とし)」。

甲陽軍鑑』によれば、横田高松が伊勢国出身の浪人衆で、天文16年(1547年)8月には信濃国佐久郡志賀城(長野県佐久市)攻めで活躍し、『勝山記』によれば、山内上杉家との小田井原の戦いでも活躍している。天文19年(1550年)8月25日には信濃小県郡村上義清の拠点である戸石城(長野県上田市)を攻めるが敗退し、村上勢の追撃を受けて高松は戦死する。

高松には実子がなく、足軽大将・原虎胤の子・彦十郎(横田康景、十郎兵衛尉)を養子とする。康景は天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いにおいて戦死する。

康景には嫡男の彦九郎がいたが元亀3年(1572年)12月22日の三方ヶ原の戦いで戦死しており、康景の子うち小才次・小陸奥・源介も長篠合戦で死去している。このため、横田氏の家督は康景の子・甚五郎(尹松)が継承し、武田氏の滅亡後に徳川家康に仕官し旗本として存続した。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

系譜参考

外部リンク編集