メインメニューを開く
吉見百穴(2010年11月)
柏谷横穴群(2013年2月)

横穴墓(よこあなぼ、おうけつぼ[1])とは、一般には台地や段丘の斜面に高さ2メートル前後の穴を掘り、人間を埋葬した施設のことである。 古代東アジア社会などでもみられるが、本項では日本考古学の用語として解説する。

目次

形態編集

構造は、横穴式石室に似ている。墳丘をもたないのが通例であるが、例外も一部ある。玄室には棺や棺を置く台を削りだした例もある。天井の形態は、家形・ドーム形・アーチ形がある。また、前室を設けたり、羨道の前に前庭を設ける例がある[2]

横穴墓は単独で存在することは稀で、おおむね複数からなる横穴墓群を構成する。また線刻画をともなうこともある。九州および関東から東北地方南部の太平洋沿岸では、彩色が施された例もいくつかみられる。これらは装飾古墳にも位置づけられる。

起源と変遷編集

5世紀後半の九州北部の豊前地域に淵源を持つと考えられている。おもに6世紀中葉に山陰・山陽近畿・東海まで盛行した。7世紀初頭までには北陸・関東・東北南部まで分布した。薄葬令前後から爆発的に増加した。一部では8世紀中頃までに終焉[3]

名称編集

横穴古墳ともいうが、正確には古墳とは墳丘を持つ高塚古墳を意味するため、墳丘をもたないものは横穴墓というべきである。ただし分類上は広義の「古墳」に含まれる。また人工の墳丘の側面から埋葬する施設(横穴式石室)を持つ「横穴式」古墳のことを横穴墓とはいわない。さらに中世日本でも、鎌倉地方で同様の墓制が存在したが、この場合やぐらとよぶ。

明治初期には用途について住居か墓かの論争(穴居論争)があったため単に「横穴」と呼ばれ、墓であるという結論が得られた後も「横穴」の名称が用いられ続けた。その後、「横穴古墳」(よこあなこふん)という名称が使われ始め、昭和初期から中頃にかけては「横穴」と二分された。昭和40年代に入ると「横穴墓」という名称が使われるようになり、次第に主流となった。「横穴墓」は関東の研究者、「横穴」は関西の研究者を中心に使われる傾向がある[1]

「横穴墓」は、「よこあなぼ」とも「おうけつぼ」とも読むが、穴居論争当時に「横穴」を「よこあな」と読んでいたこと、また、「横穴式石室」を「よこあなしきせきしつ」と読んで「おうけつしきせきしつ」とは読まないことから、「よこあなぼ」が適切と考えられている[1]

分布と著名な横穴墓編集

九州から山陰、近畿をはじめとし、北陸、東海をへて、特に南関東が多い。北限は宮城県北部といわれている。静岡県内では約3,000基を数える。

東北地方編集

関東地方編集

東海地方編集

北陸地方編集

近畿地方編集

中国地方編集

九州地方編集

脚注編集

  1. ^ a b c Q:横穴墓ってなんて読むのですか?”. 公益財団法人 横浜市ふるさと歴史財団 埋蔵文化財センター. 2018年7月28日閲覧。
  2. ^ 岩波 (1999), p.1166 「横穴」の項
  3. ^ 岩波 (1999), p.1166 「横穴」の項

文献編集

  • 金井塚良一『吉見百穴横穴墓群の研究』(校倉書房、1975年
  • 池上悟『横穴墓』(ニュー・サイエンス社、1980年
  • 池上悟『日本の横穴墓』(雄山閣出版、2000年
  • 池上悟『日本横穴墓の形成と展開』(雄山閣出版、2004年
  • 永原慶二監修『岩波 日本史辞典』石上英一他、岩波書店、1980年。ISBN 4-00-080093-0

関連項目編集