メインメニューを開く

横西 奏恵(よこにし かなえ、1974年7月6日 - )は、日本の元競艇選手である。登録番号3774。76期生。徳島支部所属。師匠は濱村芳宏。身長156cm。血液型A型。石川県白山市(旧松任市)出身[1][2]。生後まもなく徳島県に移り住んだ[3]。一時期埼玉県川口市に在住し、戸田競艇場でレースを見たことが選手を志すきっかけになった。

横西奏恵
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県松任市
(現・白山市
生年月日 (1974-07-06) 1974年7月6日(45歳)
身長 156cm
体重 47kg
血液型 A型
競艇選手情報
所属 徳島支部
登録番号 3774
登録期 76期
級別 A1級
師匠 濱村芳宏(3295)
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1995年5月20日
選手引退日 2012年12月19日
GI/PGI優勝 2
GII優勝 1
GIII優勝 18
一般戦優勝 25
通算優勝 46
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

ニックネームは「かなちゃん」「横ちん」。

以前に後輩で同じく本栖チャンプである佐々木和伸と結婚し、後に離婚。2018年にボートレーサーとなった山崎小葉音は佐々木との間にできた子供(現夫である山崎とは養子の関係である)。その後引退後に山崎との間に1児(女児)を授かっている。

2010年12月1日に競艇選手の山崎智也と再婚。これにより本名は山崎奏恵となったが登録名は旧姓のまま引退まで変更されなかった。

来歴編集

埼玉県立川口青陵高等学校出身[2][4][5]。3度目の受験で本栖研修所に合格[4]1994年3月、76期訓練生として本栖研修所へ入所。同期には原田幸哉瓜生正義魚谷智之など。

1995年4月19日、第76期本栖研修所修了記念競走で優勝。女子選手としては史上4人目の本栖チャンプとなる[6]。1995年5月20日鳴門競艇場で初出走2着。同日2走目で初勝利を飾る[2]

1999年3月5日尼崎競艇場にて開催された第12回JAL女子王座決定戦競走(当時GII)優勝戦で悲願のデビュー初優勝[7]フライング2本持ちと絶体絶命の重荷を背負いながらも、大外からコンマ.10の全速まくりを決めてインに陣取っていた鵜飼菜穂子海野ゆかり高橋淳美らの強豪を一気に沈めて栄光を掴み取った。

2006年3月5日、浜名湖競艇場にて開催された第19回JAL女子王座決定戦競走 (GI)優勝戦で7年ぶり2度目の優勝[8]。この年の総理大臣杯競走の出場権を得る。2006年3月16日 - 3月21日平和島競艇場にて開催された第41回総理大臣杯競走(SG)に初出場。女子選手としては寺田千恵以来となる史上2人目のSG優勝戦進出(6着)[9]を果たす。2006年12月19日 - 12月24日住之江競艇場にて開催された第21回賞金王シリーズ戦競走(SG)に初出場。

2007年7月29日丸亀競艇場にて開催された女子リーグ第5戦で完全優勝を達成した。2007年8月4日三国競艇場にて開催された女子リーグ第6戦2日目最終12競走で1着を取り、16連勝を達成[10]。女子選手の連勝記録を更新する。翌8月5日(3日目)、第7競走でも勝利し、17連勝まで記録を伸ばすも、後半第11競走は3着だった。

2008年3月9日津競艇場にて開催された第21回JAL女子王座決定戦競走(GI)優勝戦で2年ぶり3度目の優勝[11]を飾る。3度目の女子王座優勝は鵜飼菜穂子と並び、歴代最多タイとなった。

2009年後期(7月1日~12月31日)適用勝率で、女子レーサー史上初の8点レーサーとなる勝率8.05(2連対70.30%・3連対80.20%)をマークしている[12]

2010年は、第23回JAL女子王座決定戦競走(GI)準優勝戦でフライングを切ってしまい、GI競走3か月除外(当時の罰則)に加えて出走回数不足でB1に降級。その後、女子リーグで3回優勝したが、児島競艇の女子リーグ戦でフライングを切ってしまい、2011年の第24回女子王座決定戦競走(GI)の出場ができなくなった。

2011年の笹川賞で夫の山崎智也と共にドリーム戦に出場(SGドリーム戦で史上初の夫婦対決となった)。女性選手がSG競走でドリーム戦に出場し1着という史上初の快挙を達成した。さらに5年ぶりとなるSG優勝戦進出し、2コースからコンマ.09の好スタートを決め女性レーサー・史上初のSG競走制覇の期待が掛かるものの6着に終わった。

2012年12月19日付で引退したことが発表された[13]。最後のレースは、3日前の12月16日大村競艇場で行われた第1回賞金女王決定戦6日目(最終日)第10競走の順位決定戦で4着だった。そして横西の引退日から4日後の12月24日に夫の山崎智也がBOAT RACE住之江で行われた第27回賞金王決定戦のファイナルを制し開始前の12位からの大逆転での初の賞金王を決めて見せた。翌日の新聞には『妻・奏恵の夢をかなえた!』と見出しが躍り写真には夫・山崎との抱擁シーンの写真が映った。

成績・獲得タイトル・表彰編集

  • 通算勝利数 1,101勝(女子歴代9位)
  • 通算優勝回数 46回(女子歴代3位)
  • 女子王座決定戦優勝回数 3回(歴代1位タイ)

 GI 第19回JAL女子王座決定戦競走(2006年)  GI 第21回JAL女子王座決定戦競走(2008年)  GII 第12回JAL女子王座決定戦競走(1999年)

  • 女子リーグ戦優勝回数 18回(歴代5位タイ)
  • SG競走出場回数 26回(女子歴代3位タイ)
  • SG競走準優出回数 4回(女子歴代1位)
  • SG競走優出回数 2回(女子歴代1位)

 2006年・平和島・第41回総理大臣杯・優出6着  2011年・尼崎・第38回笹川賞・優出6着

  • 女子選手初のSG競走ドリーム戦出場(2011年・笹川賞)
  • 17連勝(2007年6月〜8月)(歴代9位タイ・女子歴代1位)
  • 10節連続優出(2010年)(女子歴代2位)
  • 期間勝率女子第1位 6回(歴代6位タイ)
  • 女子選手の最高期間勝率 8.24(2011年前期適用)
  • 生涯勝率 6.84(女子歴代1位)
  • 生涯獲得賞金 4億4898万366円(女子歴代13位)
  • 女子年間獲得賞金額第1位(2006、2008年)
  • 優秀選手表彰/優秀女子選手(2006、2008年)

 平成18年優秀女子選手  平成20年優秀女子選手

【横西奏恵選手の主な成績】[14]

人物編集

二人姉妹の次女である[1]。父親が転勤族で引っ越しの多い家庭だった[4]

勉強よりも体を動かすのが大好きな子供だった。それをわかっていた父親に「女でもできる競艇選手になったら」と言われ、「選手」という言葉が気持ちよく響いたのを覚えている[4]。高校3年の進路選択時、競艇好きの担任、父親に勧められたのをきっかけに競艇選手を志す。担任に連れられて戸田競艇場を見学、そこで「競艇選手になりたい」と強く思うようになった。当時の担任曰く、「競艇選手養成が厳しいのは知っていた」、「横西はバスケットボールをやっていて運動能力があるし、へこたれない根性のある生徒だと思っていた」とのこと。この恩師とは今でも連絡を取り合っている[4][5]。本栖研修所の卒業時、父親が徳島に戻っていたので徳島支部を選ぶ[4]

趣味は釣り。ポイントにある筏に船で乗り付け、カツオの一本釣りなどをする[15]。大のパチスロ好きとしても有名で、香川素子細川裕子らとともに「パチスロ部」を結成するほど。合言葉は「設定(特に吉宗)は6がいい・着順は1がいい」。パチスロ部のジャンパーには「恐怖の回転ドラム・やられたお札は数知れず」と縫い取られている[16]。ゴキブリが大嫌いで、高いところとジェットコースターが苦手である[17]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 第12回JAL女子王座決定戦競走 出場選手プロフィール (競艇オフィシャルWeb)
  2. ^ a b c スポーツ報知2008年3月10日
  3. ^ 競艇マクール2005年2月号
  4. ^ a b c d e f 日刊スポーツ2006年6月14日掲載のインタビュー記事「挑戦者たち」
  5. ^ a b LOVE & BEAUTY for 2008 Queen 第2号 2007年8月7日発行(津競艇リーフレット)
  6. ^ 横西奏恵:記憶と記録に残り続ける現代最強の女子レーサー(競艇選手列伝:競艇ブログ)
  7. ^ 第12回JAL女子王座決定戦競走 12R 優勝戦 (競艇オフィシャルWeb)
  8. ^ 第19回JAL女子王座決定戦競走 12R 優勝戦 (競艇オフィシャルWeb)
  9. ^ 第41回総理大臣杯競走 12R 優勝戦 (競艇オフィシャルWeb)
  10. ^ 登録3774号『横西選手 16連勝記録』達成 (競艇オフィシャルWeb)
  11. ^ 第21回JAL女子王座決定戦競走 12R 優勝戦 (競艇オフィシャルWeb)
  12. ^ 平成21年7月(2009年後期)から適用の選手級別が決定 (競艇オフィシャルWeb)
  13. ^ 横西奏恵選手が本日付で引退 (BOAT RACEオフィシャルWeb)
  14. ^ [1]
  15. ^ 競艇ヒロイン・ストーリー(競艇オフィシャルWebキャッシュ)InternetExplorerで閲覧の場合、左上にある表示(V)→エンコード(B)→自動選択(A)で文字化けが直る。
  16. ^ クール&ホット――4日目、前半のピット (Sports@nifty競艇特集:2006女子王座決定戦)
  17. ^ 選手に直撃!なんでもQ(第35回笹川賞特別サイト)

外部リンク編集