樫野埼灯台(かしのざきとうだい)は、和歌山県東牟婁郡串本町沖の紀伊大島の東端断崖に建つ灯台である。

樫野埼灯台
Kasinosaki0.jpg
樫野埼灯台の位置(和歌山県内)
樫野埼灯台
航路標識番号 2889 [F5998]
位置 北緯33度28分17秒 東経135度51分43秒 / 北緯33.47139度 東経135.86194度 / 33.47139; 135.86194座標: 北緯33度28分17秒 東経135度51分43秒 / 北緯33.47139度 東経135.86194度 / 33.47139; 135.86194
所在地 和歌山県東牟婁郡串本町樫野
塗色・構造 白色・塔形石造
レンズ 第2等フレネル式
灯質 群閃白光 毎20秒に2閃光
実効光度 530,000 cd
光達距離 18.5海里(約34km)
明弧 109度から33度まで
塔高 14.6 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 47 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1870年7月8日
明治3年6月10日
管轄 海上保安庁
第五管区海上保安本部
樫野埼灯台官舎
樫野埼灯台全景

目次

概要編集

樫野崎灯台は「日本の灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンが日本で最初に設計し、1870年7月8日明治3年6月10日)に初点灯した日本最初の石造灯台である。樫野崎灯台は日本最初の回転式閃光灯台でもあり、その初期の建物が現存している。

樫野崎灯台は、エルトゥールル号遭難(1890年9月16日)の場所としても知られる樫野埼に建つ白亜の無人灯台で、灯台内部へは入れないが外部階段から灯台に登ることができる。樫野崎灯台は吉野熊野国立公園エリアにあり、南紀の素晴らしい景観を一望できる。樫野崎灯台の周囲には、明治初期に灯台技師のイギリス人が植えた水仙が群れ、また「エルトゥールル号遭難慰霊碑」が徒歩圏内にある。

歴史編集

交通編集

周辺情報編集

関連項目編集

外部リンク編集