樹原 亜紀(きはら あき、1969年3月30日 - )は、日本の元アイドル。本名、亜紀・ムール神奈川県出身。

きはら あき
樹原 亜紀
プロフィール
生年月日 1969年3月30日
現年齢 48歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 AB型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 169 cm / kg
スリーサイズ 82 - 60 - 88 cm
活動
デビュー 1985年
ジャンル アイドル
所属グループ おニャン子クラブ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

女性アイドルグループおニャン子クラブの元メンバーで、会員番号は6番。またおニャン子クラブ内のユニットであるニャンギラスのメンバーでもあった。

人物・来歴編集

おニャン子クラブの会員番号6番として『夕やけニャンニャン』の初回(1985年4月1日)から出演。1985年4月18日より週刊文春喫煙事件で一時活動休止していたものの、同月30日放送にて復帰。

番組内では、主にお笑いキャラとして人気を集め、高島忠夫の物真似が一番の持ちネタであった。また、身長が169センチとメンバーの中では一番高く、メンバーと並ぶとその背の高さが目立っていた[1]

1986年、おニャン子クラブの名越美香立見里歌白石麻子と共に異色ユニットニャンギラスを結成。2枚のシングル(「私は里歌ちゃん」「自分でゆーのもなんですけれど」)を出した後、1987年3月30日の第5回卒業式でおニャン子クラブを卒業。

卒業後は、フリーライターとして活動しオランダ人男性と結婚。現在はロッテルダムに在住し、ロッテルダムの和食レストランでコックとして働いている。2児の母。海外在住ではあるが、おニャン子クラブの同窓会などのイベントにはほとんど参加している。また、今でもメンバー間で交流を続けているとのこと。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年7月28日にタワーレコード渋谷店で開催されたイベントで本人が語ったところによると、本当の身長は173センチで、「おニャン子時代は身長を小さく公表していた」とのこと。

外部リンク編集