樹脂

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

樹脂(じゅし、英語: resin レジン)

  • (本来の意味)植物体から分泌される精油類縁物質の総称[1]。天然に植物に生じた、やに状物質[2]。→天然樹脂
  • 有機化学の発達により合成されるようになった、天然樹脂とよく似た性質を持つ物質のこと。近年の工業分野などでは、もっぱらこちらを指す。→合成樹脂

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 広辞苑「樹脂」
  2. ^ ブリタニカ国際百科事典「樹脂」

関連項目編集