樺山町

台湾の台北市の行政区画

樺山町(かばやまちょう)は、日本統治時代台北市の東部にある行政区。現在の中正区の北東部にあたる地域。町名は初代台湾総督樺山資紀に由来する[1][2]

樺山町
大日本帝国の旗 大日本帝国
都道府県 台北州
台北市
等時帯 UTC+8 (西部標準時)

戦後、国民党政府により、北京語で同音の華山(「樺山」も同じくホワシャンと発音する)と改められた。

町内施設編集

参考文献編集

  1. ^ 行政院中央大樓之使用歷程”. 行政院珍貴史料展示. 2016年9月9日閲覧。
  2. ^ 台北酒廠”. 台北市政府教育局. 2016年9月9日閲覧。