橋場 弦(はしば ゆずる、1961年1月 - )は、日本の歴史学者、古代ギリシア史専攻、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。

来歴編集

1984年東大文学部西洋史卒、1990年同大学院博士課程単位取得満期退学、同助手、1991年「アテナイ公職者弾劾機構の研究」で東大文学博士。1993年大阪外国語大学助教授、2006年東大助教授、2007年准教授、2010年教授。日本西洋古典学会常任委員。

著書編集

単著編集

  • 『アテナイ公職者弾劾制度の研究』東京大学出版会 1993
  • 『丘のうえの民主政――古代アテネの実験』東京大学出版会 1997
    • 改題『民主主義の源流――古代アテネの実験』講談社学術文庫 2016
  • 『賄賂とアテナイ民主政――美徳から犯罪へ』山川出版社 2008

共編編集

  • 桜井万里子『古代オリンピック』岩波新書 2004
  • 村田奈々子『学問としてのオリンピック』山川出版社 2016

翻訳編集

監修編集

  • ポール・カートリッジ『古代ギリシア――11の都市が語る歴史』 新井雅代訳、白水社 2011

外部リンク編集