メインメニューを開く
大阪橋本道路 > 橋本バイパス
国道371号標識

橋本バイパス(はしもとバイパス)は、和歌山県橋本市を通る国道371号バイパス道路である[1]

大阪府河内長野市から和歌山県橋本市までの区間の交通量増大に対応し、1989年平成元年)に事業着手し、和歌山国体直前の2015年(平成27年)9月23日に全線4車線化完了[2]

大阪側の天見バイパスは1992年(平成4年)に事業着手し[1]、府県境に新設する「新紀見トンネル」は2013年(平成25年)11月に大阪府と和歌山県が建設に合意した[1]

概要編集

  • 起点:和歌山県橋本市柱本
  • 終点:和歌山県橋本市市脇
  • 延長:6.9km(事業区間5.5km[注釈 1] + 既設市道の転用1.4km)
  • 車線:4車線[1]

現状編集

  • 橋本市柱本- 同市慶賀野橋東詰交差点
現行道路を4車線に拡幅
  • 慶賀野橋東詰交差点 - 三石台一丁目南交差点
ニュータウン内の幹線三石台垂井線を国道指定しバイパスに転用
バイパス道路を新設。2014年一部暫定2車線で開通。2015年9月23日4車線化完了
  • 京奈和自動車道(橋本IC)- 国道24号市脇交差点
現行道路を4車線に拡幅(2006年完成)

接続する道路編集

  • 和歌山県道105号山田御幸辻停車場線
  • E24 京奈和自動車道 橋本IC
  • 国道24号

関連項目編集

  • 大阪橋本道路
    • 石仏バイパス - 大阪府側の国道371号のバイパス道路。
    • 新紀見トンネル(仮称) - 石仏バイパスと橋本バイパスを結ぶ予定のトンネル。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道371号 橋本バイパス 県の改良事業延長。伊都振興局のパンフレットでは、府県境-清水間8.52km全体を橋本バイパスと記載したものもある。このうち、市脇-三石台南端4.27kmと慶賀野橋東詰-柱本交差点の南約0.2kmの地点間1.23kmの合計がバイパス建設事業区間5.5km

出典編集

  1. ^ a b c d 上鶴弘志(2014年6月13日). “国道371号:橋本バイパス供用開始 16日の午後から”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ 国体開催までの道路の供用について

外部リンク編集