メインメニューを開く

橋本三治

日本の将棋棋士

橋本 三治(はしもと さんじ、1925年12月12日 - 2002年2月3日)は、将棋棋士。棋士番号58。兵庫県尼崎市出身。

 橋本三治 八段
名前 橋本三治
生年月日 (1925-12-12) 1925年12月12日
没年月日 (2002-02-03) 2002年2月3日(76歳没)
プロ入り年月日 1951年4月1日(25歳)
棋士番号 58
出身地 兵庫県尼崎市
師匠 木見金治郎九段
段位 八段
戦績
2017年8月23日現在
テンプレートを表示

木見金治郎九段の門下生となる。同門の先輩には大野源一角田三男升田幸三大山康晴がいる。

棋歴編集

  • 1952年、順位戦C級2組に初参加し9勝3敗の3位でC級1組に昇級。1953年、2勝10敗の最下位でC級2組に1期で戻る。
  • 1960年、C級2組順位戦で2勝11敗により陥落し、そこから4年半にわたって予備クラス(奨励会三段が所属したクラス)で指した。予備クラスに陥落し復帰した数少ない棋士である。6期目には関西優勝も関東優勝の米長邦雄に敗れ、敗者復活では大内延介に敗れ順位戦復活ならず。9期目に関西優勝し、関東優勝の桜井昇に勝ち順位戦に復帰した。
  • 1967年、復帰後3期目のこの期に3勝9敗で降級点。翌1968年も3勝9敗で降級点を2つ目を得て、その後3年連続指しわけも1973年3勝7敗で3つ目の降級点を得て、順位戦から陥落した。1985年に引退するまでの通算成績は191勝336敗。
  • 1970年に創設され年齢制限のなかった第1回新人王戦に45歳で出場し決勝に進出。29歳の山口英夫に2連敗で準優勝。
  • 引退後は半九郎というペンネームで観戦記者を務めたこともある。

昇段履歴編集

  • 1947年 3級で入門
  • 1951年4月1日 四段
  • 1953年 五段
  • 1973年 六段
  • 1985年4月 引退
  • 1993年11月 七段
  • 2002年2月3日 逝去(享年76)
  • 2003年2月3日 八段(追贈)

主な戦歴編集

  • 新人王戦 準優勝(第1回-1970年度)

関連項目編集

外部リンク編集