メインメニューを開く

橋本 信太郎(はしもと しんたろう、1892年明治25年)5月11日 - 1945年昭和20年)5月16日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

橋本 信太郎
Hasimoto Shintaro.jpg
兵学校卒業時
生誕 1892年5月11日
日本の旗 日本 和歌山県
死没 (1945-05-16) 1945年5月16日(53歳没)
ペナン島
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1914 - 1945
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

ガダルカナル撤退作戦駆逐艦部隊を率い、3次にわたるガダルカナル島からの日本軍部隊救出に成功した。のちペナン沖海戦で戦死。

経歴編集

和歌山県出身。海軍兵学校41期。席次は入校時120名中15番、卒業時118名中43番。草鹿龍之介木村昌福田中頼三らが同期生である。橋本は水雷学校高等科学生を卒業した水雷専攻の士官で、駆逐艦長、駆逐隊司令、水雷戦隊参謀などを歴任し、また海軍大学校甲種(24期)を卒業した。原忠一山口多聞小柳冨次らが同期生である。1934年(昭和9年)、千鳥型水雷艇三隻からなる第21水雷隊司令に就任。麾下の友鶴で転覆事故が発生し、友鶴事件として海軍を揺るがす事件となった。

駆逐隊司令や、重巡洋艦艦長を経て第三水雷戦隊司令官として太平洋戦争を迎える。同戦隊は南遣艦隊に属し、橋本はマレー作戦を実施する陸軍部隊が乗船した輸送船団の護衛部隊指揮官としてコタバル上陸作戦などに参加した[1]ミッドウェー海戦では連合艦隊戦艦部隊の護衛として参戦。ガダルカナルの戦いでは鼠輸送(東京急行)と呼ばれた輸送作戦に従事。同島からの撤退作戦では駆逐艦部隊を率いて陣頭指揮にあたり、事前の10隻前後の駆逐艦喪失との予想にも関わらず、1隻の喪失(触雷後、自沈)で1万名以上を救助した[2]ソロモン諸島方面での橋本の活躍は高い評価を受けた[3]。なお橋本がガダルカナル島に赴いた回数は17回である[4]

水雷学校校長を経て、重巡洋艦妙高羽黒からなる第五戦隊司令官としてマリアナ沖海戦レイテ沖海戦に参戦。後者では羽黒に座乗し、利根とともにアメリカ海軍護衛空母に肉薄し砲撃を浴びせている[5]1945年(昭和20年)5月、ペナン沖海戦で羽黒とともに戦没した。橋本はすでに中将に進級していたが、在任期間が短いため戦死後の海軍大将進級措置はとられなかった[6]

年譜編集

出典編集

  1. ^ 『提督 小澤治三郎伝』第一部第七章、第二部十二章
  2. ^ 『四人の連合艦隊司令長官』pp.174-175
  3. ^ 『鋼鉄の激突』pp.354-355
  4. ^ 『日本海軍失敗の本質』p.212
  5. ^ 『栗田艦隊』pp.153-157
  6. ^ 『歴代海軍大将全覧』p.370

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 小柳富次『栗田艦隊』光人社NF文庫、1995年。ISBN 4-7698-2095-X
  • 千早正隆元連合艦隊参謀が語る日本海軍失敗の本質』PHP文庫、2008年。ISBN 978-4-569-67145-1
  • 提督小沢治三郎伝刊行会編『提督小沢治三郎伝』原書房、1969年。
  • 秦郁彦第二次世界大戦鋼鉄の激突』中公文庫、1998年。ISBN 4-12-203145-1
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 半藤一利秦郁彦横山恵一戸高一成『歴代海軍大将全覧』中公新書ラクレ。
  • 吉田俊雄『四人の連合艦隊司令長官』文春文庫、1995年。ISBN 4-16-736001-2
  • 明治百年史叢書第74巻『海軍兵学校沿革』原書房