橋本 到(はしもと いたる、1990年4月28日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手外野手)。秋田県秋田市生まれ、宮城県仙台市育ち。

橋本 到
読売ジャイアンツ #32
YG-Itaru-Hashimoto.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1990-04-28) 1990年4月28日(27歳)
身長
体重
172 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 ドラフト4位
初出場 2010年4月27日
年俸 2,900万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴編集

プロ入り前編集

小学校2年から鶴が森少年野球クラブで野球を始め、仙台市立鶴が丘中学校時代は東北シニアに所属(部活動は陸上)。2年時に投手中堅手として全国大会出場。

仙台育英高校では1年春からベンチ入りし、秋から中堅手としてレギュラーを獲得。2年春・夏、3年夏と甲子園に3度出場。3年夏は6打席連続ヒットを放つなど、甲子園通算で24打数12安打の高打率を残す。打撃に加え、俊足、強肩の走攻守3拍子が揃った選手として「みちのくのイチロー」の異名で呼ばれた[2][3]2008年ドラフト会議において、読売ジャイアンツから4位指名され入団。大森剛スカウトからは「鈴木尚広以上の素質」、「球界を代表する1番打者に」と期待を寄せられた[4]

プロ入り後編集

2009年イースタン・リーグで5月度の月間MVPを獲得。フレッシュオールスターゲームでも5打数3安打1打点1盗塁の活躍で優秀選手賞を受賞。新人ながらリーグ最多となる106試合に出場し、守備でリーグ1位タイの202刺殺、また補殺は2位の10個に大きく離して17個を記録した。

2010年はイースタンリーグ開幕戦に「1番センター」で先発出場[3]松本哲也の負傷に伴い、4月27日に初の1軍登録。同日の中日戦でプロ初出場。翌4月28日に初打席に立ち、結果は振り逃げ[5]。10月には台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれ、7試合に先発出場した[6]。また、11月から12月末までオーストラリアン・ベースボールリーグに参加した[7]

2011年は背番号が「65」に変更。春季キャンプで強肩を披露し、原辰徳監督から「スローイングはチームでトップクラス」と評される[8]。8月23日にシーズン2度目の一軍昇格を果たすと、プロ初盗塁と初安打を記録。シーズン終了まで守備固めとして一軍に残り、クライマックスシリーズにも出場した[9]

2012年から背番号が「32」に変更。レギュラー獲得を目指すも一軍出場なしに終わった。2軍では最終的に打率.307を記録したが、一時は代打・代走要員に甘んじるなど調子の波が激しかった[10]。10月には宮崎フェニックス・リーグに参加した。

2013年は自身初の開幕一軍入りを果たした。二軍降格と再昇格を繰り返した後、7月30日の東京ヤクルトスワローズ戦に「二番・右翼」で先発出場した。8月7日横浜DeNAベイスターズ戦で先発・須田幸太からプロ初本塁打を放った。日本シリーズでは初戦と第2戦に先発出場したが5打数無安打に終わった。イースタン・リーグでは78試合出場で打率.327、守備率.994と攻守にわたる活躍をみせ、デイリースポーツ選定の技能賞を受賞した[11]

2014年はオープン戦で結果を残し阪神との開幕戦でプロ初の開幕スタメンを勝ち取り、能見篤史から決勝2点タイムリー二塁打を放った。その後もスタメン出場し中堅の定位置をつかんでいたが、5月8日の試合で守備中に左太ももの肉離れを起こし約2ヶ月間離脱。7月15日のヤクルト戦で8回に復帰後初安打を打ち、延長12回には引き分け寸前の2死二塁から右前に自身初のサヨナラタイムリーを打った。8月30日のDeNA戦ではプロ野球史上14人目の1試合5三振を記録。その前日から7打席連続で、セ・リーグの野手では1975年のデーブ・ジョンソンの8打席連続のワースト記録にあと1と迫ったが、翌日の第1打席で二塁打を放ち連続三振記録をストップさせた。2014年は自己最多の103試合に出場し、契約更改では倍増となる2800万円でサインした。

2015年3月に元保育士の女性と結婚[12]。開幕直後の3月30日に二軍落ちしたが、4月16日のDeNA戦では相手先発の高崎健太郎との相性の良さを買われ一軍再昇格し即プロ入り初の3番に抜擢され、1号2ランを含む3安打3打点の活躍でお立ち台に上がった[13]。しかしシーズン通しては打撃の調子は上がらず成績は前年を大きく下回った。

選手としての特徴編集

小柄ながら俊足・強肩・好打と三拍子そろった外野手[14]。遠投120メートル、50メートル走6秒0[15]。原監督から「守備力、肩の強さでは巨人で1、2番」と高い評価を得ており[16]、本人も「肩が一番のアピールポイント」と語る。一方で、一軍の大舞台でも緊張せず普段通りのプレーをみせることが課題[17]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2010 巨人 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2011 33 30 26 5 5 0 0 0 5 0 3 2 2 0 2 0 0 10 0 .192 .250 .192 .442
2013 35 111 92 9 22 3 1 1 30 8 3 3 10 1 7 0 1 30 0 .239 .297 .326 .623
2014 103 402 351 47 90 14 0 4 116 35 11 2 14 2 32 0 3 78 5 .256 .322 .330 .653
2015 68 151 137 19 30 11 1 1 46 10 4 1 3 1 9 0 1 35 1 .219 .270 .336 .606
2016 74 259 219 27 51 15 1 2 74 20 7 3 20 0 20 0 0 45 4 .233 .297 .338 .635
通算:6年 314 954 826 107 198 43 3 8 271 73 28 11 49 4 70 0 5 199 10 .240 .302 .328 .630
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績編集


外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2010 2 0 0 0 0 .000
2011 22 12 0 0 0 1.000
2013 31 43 1 0 1 1.000
2014 102 185 5 1 1 .995
2015 51 77 4 1 0 .988
通算 208 317 10 2 2 .994
  • 2015年度シーズン終了時

記録編集

初記録
その他記録
  • 1試合5三振:2014年8月30日、 対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム) ※NPBタイ記録、史上14人目[18]

背番号編集

  • 94 (2009年 - 2010年)
  • 65 (2011年)
  • 32 (2012年 - )

登場曲編集

  • 「ゴーゴーゴー」ザ・クロマニヨンズ(2009年)
  • 「ナナ」かりゆし58(2010年)
  • 「君のそばに」かりゆし58(2011年)
  • 「make it happen」安室奈美恵 feat. AFTERSCHOOL(2012年 - 2013年)
  • 「What Makes You Beautiful」One Direction(2014年 - )
  • 「Live While We’re Young」One Direction(2014年 - )

脚注編集

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月30日閲覧。
  2. ^ 2008年11月19日 スポーツ報知 「ドラ4橋本、尚広に弟子入り志願」
  3. ^ a b 巨人橋本、将来の1番候補が奮闘中 nikkansports.com 2010年4月27日
  4. ^ 2008年11月19日 スポーツ報知 「巨人ドラ4・橋本“鈴木尚超え”狙う!」
  5. ^ 【巨人】橋本プロ初打席は…振り逃げ! nikkansports.com 2010年4月28日
  6. ^ Intercontinental Cup - 2010 - Taipei - Japan
  7. ^ 【巨人】亀井、金刃ら豪州Lに参加 nikkansports.com 2010年11月5日
  8. ^ 【巨人】橋本の強肩に原監督「見事!」 nikkansports.com 2011年2011年2月10日
  9. ^ 【巨人】橋本「レギュラーとる」 nikkansports.com 2011年11月2日
  10. ^ 【巨人】1軍出場ゼロ橋本、50万円ダウン 日刊スポーツ 2012年11月16日
  11. ^ 今村投手が最高勝率、橋本選手が技能賞 イースタンのタイトル表彰 Yomiuri Giants Official Web Site 2013年11月26日
  12. ^ 巨人・橋本結婚!開幕前にケジメ「気を引き締めてスタメン目指す」
  13. ^ 橋本、原監督ズバリ!初3番で3安打1号「ボク自身開幕」
  14. ^ 橋本が久々1軍、強肩もアピール 巨人4―1ヤクルト プロ野球 朝日新聞 2013年7月31日
  15. ^ “みちのくのイチロー”橋本 昇格即レーザー補殺「見せ場だな、と」 Sponichi Annex
  16. ^ G橋本到、昇格即スタメンでレーザー&2安打!3/3ページ サンスポ 2013年7月31日
  17. ^ 巨人4連勝、橋本レーザーで魅せた! 日刊スポーツ 2013年7月31日
  18. ^ 巨人・橋本 屈辱の1試合5三振 前日からは7打席連続…スポーツニッポン2014年8月31日配信

関連項目編集

外部リンク編集