橋本 千紘(はしもと ちひろ、1992年7月1日[2] - )は、日本の女子プロレスラーセンダイガールズプロレスリング所属。身長157cm[2]、体重70kg[3]福井県坂井市出身[2]安部学院高等学校日本大学法学部政治経済学科卒業[4]

橋本 千紘
橋本 千紘の画像
プロフィール
リングネーム 橋本 千紘
本名 橋本 千紘
ニックネーム ちっち[1]
身長 158cm[2]
体重 76kg[3]
誕生日 (1992-07-01) 1992年7月1日(28歳)[2]
出身地 福井県坂井市[2]
所属 センダイガールズプロレスリング
スポーツ歴 レスリング
トレーナー 里村明衣子
デビュー 2015年10月11日
豊田真奈美&岩田美香
(パートナーは神取忍
テンプレートを表示
獲得メダル
女子 レスリング
世界大学選手権
2012 67kg級
アジアジュニア選手権
2011 67kg級
2012 67kg級
全日本レスリング選手権大会
2008 67kg級
2009 67kg級
2010 67kg級
2011 67kg級
2013 67kg級
全日本選抜レスリング選手権大会
2010 67kg級
2012 67kg級
2013 67kg級
全日本女子オープンレスリング選手権大会
2010 シニア67kg級
全国高等学校女子レスリング選手権大会
2008 68kg級
2009 70kg級
2010 70kg級

所属編集

人物編集

 
TAKAYAMANIA(2018年)での橋本
  • 日大レスリング部出身として初の女子プロレスラーである[4]。安部学院高校の先輩レスラーには永島千佳世がいる。総合格闘家の村田夏南子は高校・大学の1年後輩に当たる。
  • 太もも回りは65cmという数値を持つ[3]
  • 特技は書道(4段)[2]
  • 2016年よりどんな感情の時も喜怒哀楽すべてに使えるものとして「ぎゅん」というフレーズを多用している[5]。これを大会のオープニングでやろうとするとカサンドラ宮城ツッコミが入る。
  • 女子アマチュアレスラーの登坂絵莉富山県出身)と川井梨紗子石川県出身)のふたり(いずれもリオデジャネイロオリンピック金メダリスト)は、橋本とは中学校時代からの知己であり[1]、福井県出身の橋本と登坂、川井は北陸地区のレスリングの合宿などで顔を合わせる間柄であった[1]
  • アマチュア時代、橋本と同階級のライバルだった土性沙羅とは中学校、高校、大学と鎬を削った。橋本自身は「岩を相手に戦っているみたいだった」と土性との対戦について述べている[1]

経歴・戦歴編集

レスリング編集

中学3年の夏に、センダイガールズの入門テストを受験し内定をもらったが、当時の新崎人生社長からは「中学卒業までの半年間、アマレスか柔道をやりなさい」と言われ福井レスリングクラブでレスリングを始める[2]。同じく入門テストを受けたのは同い年の石野由加莉(現:花月)

中学卒業後、東京の安部学院高校に進学、3年でアジアジュニア選手権67kg級優勝、全日本選手権3位[2]

「世界で戦いたい」と言う気持ちが沸き上がり、日本大学に進学し、2年の時に世界学生選手権3位など実績を残したが、同じクラスに後にリオデジャネイロオリンピック金メダリストとなる土性沙羅(至学館大学)がいたためオリンピックや世界選手権は果たせなかった[2][4]

大学卒業後、里村明衣子代表の試合を観戦した後、プロレス入りの夢が再燃[2]。元世界チャンピオンで日本レスリング協会強化委員も務める吉村祥子の紹介で里村と会い、6月11日付でセンダイガールズに入門[4]

プロレス編集

2015年
2016年

得意技編集

オブライト
2016年後半より使用しているジャーマンスープレックスホールド。現在のフィニッシュホールド。
変形水車落とし
変形水車落とし固め
ラストライド
ケツ正宗
四つんばいの状態の相手の顔面に決めるヒップアタック。仙台放送で放送していた「ノブコブのスマイルお届け隊」で必殺技の命名をしてほしいという旨で平成ノブシコブシ吉村崇によって命名された。

タイトル歴編集

センダイガールズプロレスリング
DDTプロレスリング
プロレス大賞
  • 新人賞(2016年)

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集