橋本愛 (1996年生)

日本の女性モデル、女優

橋本 愛(はしもと あい、1996年1月12日 - )は、日本女優熊本県熊本市出身[2]ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

はしもと あい
橋本 愛
橋本 愛
第29回東京国際映画祭にて (2016年10月)
生年月日 (1996-01-12) 1996年1月12日(25歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県熊本市
身長 165 cm[1]
血液型 O型[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2010年 -
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト AI HASHIMOTO Official Web Site
主な作品
映画
告白
管制塔
アバター
Another アナザー
桐島、部活やめるってよ
リトル・フォレスト
寄生獣』二部作
美しい星
テレビドラマ
あまちゃん
ハードナッツ! 〜数学girlの恋する事件簿〜
いだてん〜東京オリムピック噺〜
長閑の庭
同期のサクラ
青天を衝け
 
受賞
日本アカデミー賞
第36回 新人俳優賞
桐島、部活やめるってよ
HOME 愛しの座敷わらし
Another アナザー
その他の賞
キネマ旬報ベスト・テン
第86回新人女優賞
『桐島、部活やめるってよ』他
受賞歴参照
テンプレートを表示

略歴

3姉妹の次女として生まれ[3]、2008年、姉妹の中で一番顔が濃いという理由で母が応募したニューカム「HUAHUAオーデション」にてグランプリを受賞し、芸能界デビュー[4][3][5]。自分のオーディションを思い返してもグランプリになる理由が分からず、詐欺だと思ったという[4]。同年に開催された「第33回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」では、最終候補者に選ばれるがグランプリ・特別賞の受賞は逃した[6]

2009年、女性ファッション雑誌『Seventeen』のミス・セブンティーンに、応募総数5,267人の中から工藤えみ高田有紗広瀬アリスと共に、グランプリ受賞者の中で最年少で選ばれた[7]。また、映画『Give and Go』で映画初出演(初主演)。難聴を抱えながらバスケットボールに熱中する少女を演じた[3]

2010年、映画『告白』に出演し、クラス委員長の少女で重要な役どころを演じて注目を集めた[8][9]。その後、多数の主役を務め、『貞子3D』では貞子を演じて再び注目を集める。

2013年、 ヒロイン・東原かすみ役を務めた映画『桐島、部活やめるってよ』などの演技が評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞[10]第36回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。同年、NHK連続テレビ小説あまちゃん』で能年玲奈演じる天野アキの親友役の足立ユイを演じる。12月31日に放送された第64回NHK紅白歌合戦では、『あまちゃん』をテーマとした企画コーナー“『あまちゃん』特別編”にて、天野アキ役の能年玲奈と“潮騒のメモリーズ”で『潮騒のメモリー』の1番を歌唱した。最後は出演者全員により『地元に帰ろう』を合唱した。

2014年5月をもって4年半務めた『Seventeen』の専属モデルを卒業した[11]

2015年2月、主演映画2作(『リトル・フォレスト』『ワンダフルワールドエンド』)が第65回ベルリン国際映画祭で上映され、海外の映画祭に初めて参加した[12]

2018年、大河ドラマ西郷どん』に西郷隆盛の最初の妻・須賀役で出演。翌2019年の『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演し、2年続けて大河ドラマに出演する[13]

2018年、主演作品『ここは退屈迎えに来て』が、第37回バンクーバー国際映画祭の「ゲートウェイ」部門に出品される[14]

人物

桐島、部活やめるってよ』ではバドミントン部員のカスミ役を演じたが、橋本自身も中学時代は熊本市内の公立中学校でバドミントン部に所属していた[15][3]

女優を始めたばかりの頃はこの仕事が好きではなく、いつでも辞めてもいいという気持ちだった[16]。だが、石井隆監督の『人が人を愛することのどうしようもなさ』のDVDを見てひたすら泣いたのを機に、映画を見ることが好きになり、古い作品やポルノ映画などを漁るように見るようになると、映画史を汚さないよう、いい映画を残したいと思うようになり、やる気の向上に繋がったという[4]

内面的に影のある役のオファーが多く[16]、初対面の人からは近寄り難いイメージを持たれ「もっと大人しそうな人かと思った」と言われることが多い[17]。『美しい星』で宇宙人の親子役を演じたリリー・フランキーは橋本の事を「神秘的な雰囲気を持ってる」とし[18]、「こんなに金星人を無理なくやれる人はなかなかいない」と評した[19]

筋金入りのファッション好きで、ヨーロッパの都市やニューヨークのファッションに注目し、日頃からスタイリストと情報交換したり海外通販を駆使して日本未上陸のブランドの服を手に入れている[20]

受賞歴

出演

映画

テレビドラマ

ウェブドラマ

テレビアニメ

劇場アニメ

ラジオ

  • SCHOOL OF LOCK!GIRLS LOCKS!」(2013年4月29日 - 10月3日、TOKYO FM) - 第5週目パーソナリティー[58]
  • 橋本愛 げいじゅつ談話(2018年1月3日、TBSラジオ) - パーソナリティ
  • 橋本愛の、ここにしかないどこかへ(2020年12月3日 - 2021年3月(予定)、MBSラジオ) - パーソナリティー[59]

CM

広告

MV

舞台

ドキュメンタリー

  • ドキュメント 断層帯を行く〜熊本地震から1年半〜(2017年10月22日、NHK総合) - ナレーション
  • NNNドキュメント'19「語るのは、私たち。熊本地震3年の現在地」(2019年4月、くまもと県民テレビ制作、日本テレビ系列・BS日テレ・日テレNEWS24) - ナレーション
  • 福島 幻の銘酒 十年目の復活(2021年4月11日、NHK BS4K)- 語り[74]

その他

書籍

写真集

雑誌連載

漫画表紙

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2009年さぬき映画祭で初上映・グランプリ受賞。2010年8月21日 - 22日、シネマート六本木上映。
  2. ^ 熊本県のPR映画。
  3. ^ 映画「大人ドロップ」スピンオフ作品。
  4. ^ ミニアルバムジャケット写真のみの出演。

出典

  1. ^ a b コトバンク 橋本愛”. 2016年2月7日閲覧。
  2. ^ AFRO FUKUOKA 「VOICE」vol.41 橋本愛” (2012年12月1日). 2016年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 星原克也「女優魂 橋本愛 14歳飛躍の幕開け」、『熊本日日新聞』(熊本日日新聞社)2011年1月1日、新年号第2部。
  4. ^ a b c 阿川佐和子のこの人に会いたい 第1048回」『週刊文春文藝春秋 2015年1月1日・8日 新春特大号(2014年12月25日発売号) p.194-198
  5. ^ 橋本 愛. 美少女Interview vol.7 「橋本 愛」. インタビュアー:高倉文紀. Next CM Girls.. オリジナルの2013-05-23時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/o5YoO 2013年4月27日閲覧。 
  6. ^ グランプリは高良光莉、特別賞は桃瀬美咲である。
  7. ^ 最年少は13歳!セブンティーンモデル2009が決定”. ウォーカープラス. 角川マガジンズ (2009年8月18日). 2021年9月15日閲覧。
  8. ^ a b “橋本愛が“美少女”貞子役「すみません私で…みたいな」”. スポーツニッポン. (2012年5月11日). オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/sdXqT 2013年4月27日閲覧。 
  9. ^ a b “橋本愛、声優に初挑戦…映画「劇場版 BLOOD―C―」”. スポーツ報知. (2012年3月9日). オリジナルの2012年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120309021420/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120308-OHT1T00288.htm 2012年5月11日閲覧。 
  10. ^ 2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報社. 2013年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  11. ^ 橋本愛、4年半活躍の「Seventeen」卒業 「正直怖かった」本音告白”. モデルプレス (2014年5月2日). 2014年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月17日閲覧。
  12. ^ 橋本愛、ベルリン映画祭に艶やか着物で出席! “独語”で挨拶”. cinemacafe.net (2015年2月15日). 2015年3月15日閲覧。
  13. ^ 橋本愛「西郷どん」で大河デビュー 西郷隆盛の最初の妻役「不吉な嫁」”. スポーツ報知 (2018年1月30日). 2018年2月22日閲覧。
  14. ^ “橋本愛×門脇麦×成田凌「ここは退屈迎えに来て」バンクーバー映画祭に出品決定!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年9月12日). https://eiga.com/news/20180912/1/ 2018年9月13日閲覧。 
  15. ^ “橋本愛、バドミントン経験を生かせず「不完全燃焼」と悔し顔”. 映画.com. (2012年7月29日). オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/PLXOR 
  16. ^ a b 橋本愛インタビュー『どういう女優になっていくかは考えていない』”. ORICON NEWS (2016年10月20日). 2018年2月22日閲覧。
  17. ^ インタビュー:橋本 愛「どこにもいないから、自分を探すというか、作ってる」”. ライブドアニュース (2013年6月14日). 2018年2月22日閲覧。
  18. ^ 橋本愛、ミステリアスな服に「UFO呼べそう」 - 牛にはしゃぐ一面も”. マイナビニュース (2017年5月27日). 2018年2月22日閲覧。
  19. ^ 『美しい星』リリー・フランキー&橋本愛 単独インタビュー”. シネマトゥデイ (2017年5月18日). 2018年2月22日閲覧。
  20. ^ “橋本愛と出かける、刺激いっぱいのニューヨーク旅。”. VOGUE GIRL. https://voguegirl.jp/feature/ai_nydiary 2018年2月22日閲覧。 
  21. ^ 第4回TAMA映画賞 受賞作品・受賞者発表!!”. TAMA CINEMA FORUM. 2014年1月22日閲覧。
  22. ^ 第34回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞を受賞しました”. ソニー・ミュージックアーティスツ. 2014年1月22日閲覧。
  23. ^ 2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報社. 2014年1月22日閲覧。
  24. ^ 第36回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞協会. 2014年1月22日閲覧。
  25. ^ 第17回(2012年)日本インターネット映画大賞結果”. 日本インターネット映画大賞運営委員会. 2014年1月22日閲覧。
  26. ^ 第4回日本シアタースタッフ映画祭in成城 受賞者発表”. 日本シアタースタッフ映画祭. 2014年1月22日閲覧。
  27. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2014年1月21日閲覧。
  28. ^ 人気沸騰中の実力派・池松壮亮「大人ドロップ」に主演!ヒロインは橋本愛”. 映画.com (2013年10月7日). 2013年10月7日閲覧。
  29. ^ 中島哲也監督『告白』以来3年ぶり新作『渇き。』製作決定 役所広司、橋本愛、中谷美紀ら出演”. オリコンスタイル (2013年8月7日). 2013年8月24日閲覧。
  30. ^ 五十嵐大介「リトル・フォレスト」映画化、主演は橋本愛”. コミックナタリー (2014年1月19日). 2014年1月19日閲覧。
  31. ^ 橋本愛の愛たっぷり“ひと手間”料理に注目! 映画『リトル・フォレスト』”. cinemacafe.net (2014年8月27日). 2014年8月31日閲覧。
  32. ^ 岩明均『寄生獣』が2部作で実写映画化、キャストに染谷将太、深津絵里、橋本愛”. CINRA.NET (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  33. ^ 橋本愛と蒼波純がW主演、大森靖子×松居大悟監督の映画『ワンダフルワールドエンド』”. CINRA.NET (2014年8月25日). 2014年8月31日閲覧。
    橋本愛×蒼波純のゴスロリ風衣装 「ワンダフルワールドエンド」ポスター&予告編完成!”. 映画.com (2014年10月25日). 2014年10月28日閲覧。
  34. ^ 竹内結子“怖すぎるホラー”で橋本愛と初共演!中村義洋監督とは5度目のタッグ”. 映画.com (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  35. ^ リリー・フランキー主演「シェル・コレクター」、場面写真に離島で橋本愛と並ぶ姿”. 映画ナタリー (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  36. ^ “橋本愛&高良健吾、行定勲監督の熊本PR映画「うつくしいひと」に出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月2日). http://natalie.mu/eiga/news/164554 2015年11月2日閲覧。 
  37. ^ 橋本愛主演作「バースデーカード」10月公開、宮崎あおいと母娘役で初共演”. 映画ナタリー (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  38. ^ “松雪泰子が橋本愛と成海璃子の母親演じる「古都」、川端康成の小説を現代にアレンジ”. 映画ナタリー. (2016年6月15日). http://natalie.mu/eiga/news/190894 2016年6月15日閲覧。 
  39. ^ “橋本愛、永野芽郁、染谷将太が瀬田なつき監督作「PARKS」に出演”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/eiga/news/212366 2016年12月8日閲覧。 
  40. ^ “吉田大八、三島由紀夫「美しい星」を大胆脚色で映画化!リリー×亀梨×橋本愛が宇宙人に”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月1日). http://eiga.com/news/20160301/2/ 2016年3月1日閲覧。 
  41. ^ “橋本愛、門脇麦、成田凌 金メダル級新世代スターで人気小説映画化”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/20/kiji/20180219s00041000320000c.html 2018年2月20日閲覧。 
  42. ^ “橋本愛、地元・熊本の遊園地が舞台「オズランド」に凱旋出演!夢と笑顔与えるクルーに”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年5月9日). http://eiga.com/news/20180509/6/ 2018年5月9日閲覧。 
  43. ^ “橋本愛が山戸結希プロデュース「21世紀の女の子」で松本花奈とタッグ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月21日). https://natalie.mu/eiga/news/300476 2018年10月3日閲覧。 
  44. ^ “太宰治未完の遺作『グッドバイ』大泉洋&小池栄子W主演で映画化 来年2・14公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2143977/full/ 2019年10月11日閲覧。 
  45. ^ のん&橋本愛、7年ぶり共演で再び“親友”に「これ以上ない相手でした」”. ORICON NEWS (2020年10月20日). 2020年10月20日閲覧。
  46. ^ 橋本愛、数学で難事件を解決! NHKで連ドラ初主演 相手役は高良健吾”. オリコンスタイル (2013年8月19日). 2013年8月24日閲覧。
  47. ^ NHK Eテレ 企画オーディション番組『青山ワンセグ開発』でドラマ『ねんりき!北石器山高校超能力研究部』が放送されます!”. AOI Pro. (2014年1月10日). 2014年1月24日閲覧。
  48. ^ “橋本愛「西郷どん」で大河デビュー 西郷隆盛の最初の妻役「不吉な嫁」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年1月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180129-OHT1T50254.html 2018年1月30日閲覧。 
  49. ^ 《2019年大河ドラマ》出演者発表 第2弾!ビートたけしが “落語の神様” 役でナビゲート! いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~”. NHKオンライン. NHK (2017年11月29日). 2018年7月25日閲覧。
  50. ^ “2021年大河『青天を衝け』吉沢亮の妻役は橋本愛”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年7月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2166675/full/ 2020年8月31日閲覧。 
  51. ^ “橋本愛、テレ朝ドラマ初出演 『dele』物語に「一目惚れした」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2116115/full/ 2018年7月25日閲覧。 
  52. ^ “橋本愛、5年半ぶり連ドラ主演…41歳上の教授に恋する23歳大学院生役”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年5月9日). https://hochi.news/articles/20190508-OHT1T50303.html 2019年5月9日閲覧。 
  53. ^ “橋本愛、民放連ドラ5年ぶり出演 高畑充希の“同期”役「勇気を持って演じたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2142747/full/ 2019年8月22日閲覧。 
  54. ^ “橋本愛がWOWOWドラマ「パレートの誤算」で主演、原作は柚月裕子の小説”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月26日). https://natalie.mu/eiga/news/356913 2020年2月13日閲覧。 
  55. ^ “橋本愛:「35歳の少女」で柴咲コウの妹役 「どんな心のやり取りが生まれるのか楽しみ」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年8月21日). https://mantan-web.jp/article/20200820dog00m200073000c.html 2020年8月31日閲覧。 
  56. ^ ひかりTVオリジナルドラマ 24時間女優-待つ女-”. ひかりTV. 2014年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。
  57. ^ “熊本発アニメ「なつなぐ!」主人公・夏奈役に熊本出身の橋本愛、千葉繁も出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年11月21日). https://natalie.mu/comic/news/356332 2019年11月21日閲覧。 
  58. ^ あまちゃん女優 橋本愛がラジオ卒業”. dwango.jp news (2013年9月24日). 2021年2月2日閲覧。
  59. ^ “橋本愛、MBSラジオで冠レギュラー「異次元空間にあるドアを行き来して…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2178373/full/ 2020年12月3日閲覧。 
  60. ^ “CM動画 贅沢微糖 BOSS(ボス) サントリー” (プレスリリース), BOSS贅沢微糖, オリジナルの2014年2月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140223041106/http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/bitou/cm.html 
  61. ^ “最新テレビコマーシャルを9月29日(土)から放映開始” (プレスリリース), 東京ガス, (2012年9月28日), オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。, http://archive.is/RRhQf 2013年4月27日閲覧。 
  62. ^ トヨタ、松田翔太さん&橋本愛さん出演の「スペイド Jack」CMを放映開始”. 財経新聞 (2014年4月2日). 2014年4月4日閲覧。
  63. ^ “橋本愛と金子大地、演技派2人がひたすら驚く 「シャウエッセン ®」新CM”. AdverTimes (株式会社宣伝会議). (2021年3月9日). https://www.advertimes.com/20210309/article341887/ 2021年3月10日閲覧。 
  64. ^ “「キミの本気をはじめよう。瞳にニューコン!」ウェブサイトオープン” (プレスリリース), ジョンソン・エンド・ジョンソン, (2012年7月10日), オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。, http://archive.is/4FW2V 2013年4月27日閲覧。 
    “「キミの本気に はじめてのコンタクト 瞳にニューコン!アキュビュー」” (プレスリリース), ジョンソン・エンド・ジョンソン, (2013年3月21日), オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。, http://archive.is/F5hEg 2013年4月27日閲覧。 
  65. ^ “As I am starring Ai Hashimoto” (プレスリリース), JOURNAL STANDARD, (2018年3月27日), http://journal-standard.jp/ladys/news/js-ladys/new/2018/03/27/5274/ 2018年4月15日閲覧。 
  66. ^ 橋本 愛出演、Base Ball Bear 「senkou_hanabi」ミュージック・ビデオ公開!”. CDJournal (2013年8月5日). 2013年11月20日閲覧。
  67. ^ 大森靖子の新アルバム『絶対少女』から橋本愛、蒼波純ら出演のPV公開、監督は松居大悟”. CINRA.NET (2013年12月10日). 2014年1月24日閲覧。
  68. ^ “大森靖子「君と映画」PVに橋本愛&蒼波純が再び登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年12月24日). http://natalie.mu/music/news/106382 2014年1月24日閲覧。 
  69. ^ “モーモールルギャバン新作ジャケに“ファン”橋本愛登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月24日). http://natalie.mu/music/news/115206 2014年5月17日閲覧。 
  70. ^ “橋本愛が初舞台!月刊「根本宗子」第13号『夢と希望の先』で本多劇場に進出”. SPICE (株式会社イープラス). (2016年4月21日). https://spice.eplus.jp/articles/51778 2020年9月26日閲覧。 
  71. ^ “「ラヴ・レターズ」SPに坂本真綾、橋本愛、加藤和樹、愛加あゆが初登場”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年12月3日). https://natalie.mu/stage/news/357919 2020年9月26日閲覧。 
  72. ^ ラヴ・レターズ”. PARCO劇場. 2020年9月26日閲覧。
  73. ^ “橋本愛が狂女と化す難役に挑戦 三島由紀夫没後50周年企画『MISHIMA2020』の『班女』に出演決定”. SPICE (株式会社イープラス). (2020年8月28日). https://spice.eplus.jp/articles/274764 2020年9月26日閲覧。 
  74. ^ 福島 幻の銘酒 十年目の復活”. NHK (2021年4月11日). 2021年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月5日閲覧。
  75. ^ メロディーは時をこえて~歌いつぐ筒美京平の世界~”. NHK (2021年3月22日). 2021年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月1日閲覧。

外部リンク