メインメニューを開く

来歴・人物編集

東京都杉並区出身。アイスクリーム屋の息子に生まれる。

1968年(昭和43年)東大在学中に、「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこへ行く」というコピーを打った東京大学駒場祭のポスターで注目される(当時は東大紛争のさなか)。イラストレーターを経て、 1977年小説桃尻娘』(第29回小説現代新人賞佳作。受賞作は羽村滋『天保水滸伝のライター』。海庭良和『ペナンロード』、五城弥『影姫抄』が橋本と同じく佳作であった)を振り出しに、文筆業に転じる。該博な知識と独特な文体を駆使して評論家随筆家として活躍する一方、古典文学の現代語訳・二次創作にもとりくむ。また、編み物にも才能を発揮。製図を作ってから精密に編み込まれたセーターなどが話題を呼び、「男の編み物」を出版するに至った。編み込まれた題材はデビッド・ボウイアラジン・セイン山口百恵浮世絵など。糸井重里野坂昭如早川タケジらがつとめた。

1984年度のフジテレビのイメージキャラクターをおかわりシスターズと共につとめたことがある。

1992年、小学館ヤングサンデーの主催するサマーセミナーで講師をつとめた。

1993年、雑誌「芸術新潮」で連載「ひらがな日本美術史」を開始。小学館ヤングサンデーの主催するサマーセミナーで講師をつとめた。

1994年、小学館ヤングサンデーの主催するサマーセミナーで講師をつとめた。

1995年、雑誌「WIRED」の創刊2号(1995年3月号)にて大友良英とトークセッション。

1999年11月9日 - 23日には、東京・三軒茶屋シアタートラムにて篠井英介の一人芝居『女賊』の作・演出をつとめた。

2005年、雑誌「芸術新潮」での連載「ひらがな日本美術史」が終了。

2009年1月、「新潮」2009年2月号に「巡礼」が一挙掲載される[1]。橋本の小説が文芸誌に掲載されたのはこの作品が初めてであった。

2011年1月5日~2月27日に千葉県立中央図書館にて行われた企画展示「千葉の文化、再はっけん!~『八犬伝』の楽しさ紹介します~」において、『南総里見八犬伝』から生まれた現代の作品として橋本の『ハイスクール八犬伝』5巻、6巻が展示された。

2013年11月16日、東京都立西高等学校で「役に立たないことの大切さ」と題して講演会を行った[2]

バブル崩壊期に不動産がらみの借金を負い、毎月百万円が返済に消えてゆくと告白した[3]

2019年1月29日午後3時9分、肺炎のため東京都新宿区の病院で死去[4]

学歴編集

受賞・候補歴編集

選考委員歴編集

  • 1996年6月の第5回から1998年の第7回までロマン大賞の選考委員を務めた。
  • 1996年9月の第33回と翌年9月の第34回について文藝賞の選考委員を務めた。
  • 1996年11月の第27回から1998年の第29回までノベル大賞の選考委員を務めた。
  • 2007年の第6回小林秀雄賞より同賞の選考委員を務めていた。

著書編集

小説・戯曲編集

  • 桃尻娘講談社、1978年、のち講談社文庫・ポプラ文庫
  • 暗野(ブラックフィールド)北宋社、1981年、のち河出文庫
  • 『その後の仁義なき桃尻娘』講談社、1983年、のち講談社文庫・ポプラ文庫
  • 『ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件』徳間書店、1983年、のち徳間文庫
  • 『帰ってきた桃尻娘』講談社、1984年、のち講談社文庫・ポプラ文庫
  • 『サイモン&ガーファンクルズ・グレイテスト・ヒッツ+1』大和書房、1984年、のちちくま文庫
  • 『桃尻娘プロポーズ大作戦』大和書房、1995年、のち河出文庫
  • 『大戦序曲』河出書房新社、1985年、のち河出文庫
  • 『無花果少年と瓜売小僧(いちぢくボーイとうりうりぼうや)』 講談社、1985年、のち講談社文庫
  • 『愛の矢車草』新潮文庫オリジナル、1987年、のちちくま文庫
  • 『ハイスクール八犬伝』1-8 徳間書店、1987–91年
  • 『無花果少年と桃尻娘』講談社、1988年、のち講談社文庫
  • 『鞦韆(ぶらんこ)』白夜書房、1988年、のち新潮文庫・ちくま文庫
  • 『愛の帆掛舟』新潮文庫、1989年、のちちくま文庫
  • 『雨の温州蜜柑姫(おみかんひめ)』講談社、1990年、のち講談社文庫
  • 『流水桃花抄』掌篇小説集、河出書房新社、1991年、のち河出文庫
  • 『月食』(戯曲)河出書房新社、1994年
  • 『生きる歓び』角川書店、1994年、のち角川文庫
  • 『花物語』さべあのま絵、集英社、1995年
  • 『三日月物語』毎日新聞社、1996年
  • 『DARK MOON』角川書店、1996年
  • 橋本治小説集成』1–6 河出書房新社、1997年
  • 『平成絵草紙 女賊』集英社、1998年
  • 『つばめの来る日』角川書店、1999年、のち角川文庫
  • 『蝶のゆくえ』集英社、2004年、のち集英社文庫
  • 『Ba-bahその他』筑摩書房、2006年
  • 『夜』集英社、2008年、のち集英社文庫
  • 『巡礼』新潮社、2009年、のち新潮文庫
  • 『橋』文藝春秋、2010年、のち文春文庫
  • 『リア家の人々』新潮社、2010年、のち新潮文庫
  • 『幸いは降る星のごとく』集英社、2012年、のち集英社文庫
  • 『初夏の色』新潮社、2013年
  • 『マルメロ草紙 = Le chaier de Marmelo』集英社、2013年
  • 『結婚』集英社、2014年
  • 『お春』中央公論新社、2016年
  • 『九十八歳になった私』講談社、2018年
  • 『草薙の剣』新潮社、2018年
  • 『おいぼれハムレット(落語世界文学全集)』河出書房新社、2018年

新聞連載小説編集

  • 『黄金夜会』読売新聞、2017年9月30日〜2018年6月30日(265回)

評論・エッセイ編集

  • 『花咲く乙女たちのキンピラゴボウ』北宋社、1979–81年、のち河出文庫
  • 『秘本世界生玉子』北宋社、1981年、のち河出文庫
  • 『よくない文章ドク本』大和書房、1982年、のち徳間文庫
  • 『熱血シュークリーム』上 北宋社、1982年
  • 『蓮と刀、男はなぜ男をこわがるのか』作品社、1982年、のち河出文庫
  • 『極楽迄ハ何哩』河出書房新社、1983年、のち徳間文庫
  • 『革命的半ズボン主義宣言』冬樹社、1984年、のち河出文庫
  • 『とうに涅槃をすぎて』徳間文庫、1984年
  • 『根性』朝日出版社週刊本、1985年、のち徳間文庫
  • 『合言葉は勇気』筑摩書房、1985年、のち文庫
  • 『デビッド100コラム』冬樹社、1985年、のち河出文庫
  • 『親子の世紀末人生相談』フィクション・インク、1985年、のちちくま文庫『青空人生相談所』に改題
  • 『ヴィヴィッドボーイのカリキュラム』パルコ出版局、1985年
  • 『ロバート本』作品社、1986年、のち河出文庫
  • 『完本 チャンバラ時代劇講座』徳間書店、1986年
  • 『恋愛論』講談社文庫オリジナル、1986年、のちSB文庫、文庫ぎんが堂
  • 『問題発言』1–2 思想の科学社、1987年 - 1988年
  • 『アストロモモンガ』ネスコ、1987年、のち河出文庫
  • 『貞女への道』主婦の友社、1987年、のち河出文庫・ちくま文庫
  • 『オイディプス燕返し!! 蓮と刀・青年篇』河出書房新社、1987年
  • 『虹のヲルゴオル』大和書房、1988年、のち講談社文庫
  • 『ぼくたちの近代史』主婦の友社、1988年、のち河出文庫
  • 『風雅の虎の巻』作品社、1988年、のち講談社文庫・ちくま文庫
  • 橋本治雑文集成パンセ』1 - 7 河出書房新社、1989–90年、のち河出文庫
  • 『男の編み物、橋本治の手トリ足トリ』河出書房新社、1989年
  • 『さまざまなエンディング』主婦の友社、1990年
  • 『江戸にフランス革命を!』青土社、1990年、のち中公文庫
  • 『'89』マドラ出版、1990年、のち河出文庫
  • 『武器よさらば』橋本治書簡集1972–1989、弓立社、1990年
  • 『恋の花詞集  歌謡曲が輝いていた時』音楽之友社、1990年、のちちくま文庫
  • 『義経伝説』河出書房新社、1991年
  • 『青春つーのはなに?』集英社文庫、1991年
  • 『ナインティーズ』小学館、1991年、のち河出文庫
  • 『橋本治の思考論理学』夜中の学校 2、マドラ出版、1992年
  • 『シンデレラボーイ シンデレラガール』河出文庫、1992年
  • 貧乏は正しい!シリーズ
    • 『貧乏は正しい!』小学館、1993年、のち小学館文庫
    • 『貧乏は正しい! ぼくらの最終戦争』小学館、1995年、のち小学館文庫
    • 『貧乏は正しい! ぼくらの東京物語』小学館、1996年、のち小学館文庫
    • 『貧乏は正しい! ぼくらの資本論』小学館、1996年、のち小学館文庫
    • 『貧乏は正しい! ぼくらの未来計画』小学館、1996年、のち小学館文庫
  • 源氏供養中央公論社、1993年 - 94年、のち中公文庫
  • 『ぼくらのsex』集英社、1993年、のち集英社文庫
  • 『ぬえの名前』岩波書店、1993年、のち幻冬舎文庫
  • 『絶滅女類図鑑』文藝春秋、1994年、のち文春文庫
  • 『浮上せよと活字は言う』中央公論社、1994年、のち平凡社ライブラリー
  • 『美男へのレッスン』中央公論社、1994年
  • 『秋夜』小論集、中央公論社、1994年
  • 『宗教なんかこわくない!』マドラ出版、1995年、のちちくま文庫
  • 『春宵』小論集、中央公論社、1995年
  • 『「広告批評」の橋本治』マドラ出版、1995年
  • 『ひらがな日本美術史』1 - 7 新潮社、1995–2007年
  • 『幕末の修羅絵師国芳』とんぼの本、新潮社、1995年
  • 『無意味な年無意味な思想』マガジンハウス、1997年
  • 『橋本治の明星的大青春』集英社文庫、1997年
  • 『橋本治の男になるのだ』ゴマブックス、1997年、のちちくま文庫『これも男の生きる道』に改題
  • 『ハシモト式古典入門』ゴマブックス、1997年、のちちくま文庫『これで古典がよくわかる』に改題
  • 『消えた言葉』アルク新書、1998年
  • 『冬暁』小論集、中央公論社、1998年
  • 『夏日』小論集、中央公論社、1998年
  • 『ああでもなくこうでもなく』マドラ出版、2000年
  • 『天使のウインク』中央公論新社、2000年
  • 『二十世紀』毎日新聞社、2001年、のちちくま文庫
  • 『橋本治が大辞林を使う』三省堂、2001年
  • 『さらに、ああでもなくこうでもなく』マドラ出版、2001年
  • 『「わからない」という方法』集英社新書、2001年
  • 『大江戸歌舞伎はこんなもの』筑摩書房、2001年、のち筑摩文庫
  • 『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』新潮社、2002年、のち新潮文庫
  • 『「日本が変わってゆく」の論(ああでもなくこうでもなく 3)』、マドラ出版、2002年
  • 『人はなぜ「美しい」がわかるのか』ちくま新書、2002年
  • 『シネマほらセット』河出書房新社、2004年
  • 『いま私たちが考えるべきこと』新潮社、2004年、のち新潮文庫
  • 『戦争のある世界(ああでもなくこうでもなく 4)』、マドラ出版、2004年
  • 『上司は思いつきで物を言う』集英社新書、2004年
  • 『ちゃんと話すための敬語の本』ちくまプリマー新書、2005年
  • 『勉強ができなくても恥ずかしくない 1 - 3』ちくまプリマー新書、2005年
  • 『ひろい世界のかたすみで』マガジンハウス、2005年
  • 『乱世を生きる市場原理は嘘かもしれない』集英社新書、2005年
  • 『橋本治という行き方 - What a way to go! -』朝日新聞社、2005年
  • 『失楽園の向こう側』小学館文庫、2006年
  • 『権力の日本人』双調平家物語ノート 1、講談社、2006年
  • 『このストレスな社会!(ああでもなくこうでもなく 5)』、マドラ出版、2006年
  • 『小林秀雄の恵み』新潮社、2007
  • 『日本の行く道』集英社新書、2007年
  • 『いちばんさいしょの算数 1–2』ちくまプリマー新書、2008年
  • 『最後の「ああでもなくこうでもなく」そして、時代は続いて行く』マドラ出版、2008年
  • 『あなたの苦手な彼女について』ちくま新書、2008年
  • 『橋本治という考え方 - What kind of fool am I -』朝日新聞社、2009年
  • 『大不況には本を読む』中公新書ラクレ、2009年、のち河出文庫
  • 『明日は昨日の風が吹く』マドラ出版、2009年
  • 『院政の日本人』双調平家物語ノート 2、講談社、2009年
  • 『日本の女帝の物語 - あまりにも現代的な古代の六人の女帝達』集英社新書、2009年
  • 『失われた近代を求めて I 言文一致体の誕生』朝日新聞出版、2010年
  • 『浄瑠璃を読もう』新潮社、2012年
  • 『その未来はどうなの?』集英社新書、2012年
  • 『橋本治という立ち止まり方 - On the street where you live -』朝日新聞出版、2012年
  • 『失われた近代を求めて II 自然主義と呼ばれたもの達』朝日新聞出版、2013年
  • 『国家を考える』ZINCLO! BLUE 001、グレイプス、2013年
  • 『失われた近代を求めて III 明治二十年代の作家達』朝日新聞出版、2014年
  • 『古典を読んでみましょう』ちくまプリマー新書、2014年
  • 『義太夫を聴こう』河出書房新社、2015年
  • 『いつまでも若いと思うなよ』新潮新書、2015年
  • 『性のタブーのない日本』集英社新書、2015年
  • 『負けない力』大和書房、2015年、のち朝日文庫
  • 『百人一首がよくわかる』講談社、2016年
  • 『福沢諭吉の「学問のすゝめ」』幻冬舎、2016年
  • 『国家を考えてみよう』ちくまプリマー新書、2016年
  • 『たとえ世界が終わってもーその先の日本を生きる君たちへ』集英社新書、2017年
  • 『知性の顚覆 日本人がバカになってしまう構造』朝日新書、2017年
  • 『バカになったか日本人』集英社文庫、2018年
  • 『いとも優雅な意地悪の教本』集英社新書、2017年
  • 『橋本治のかけこみ人生相談』幻冬舎文庫、2018年
  • 『思いつきで世界は進む: 「遠い地平、低い視点」で考えた50のこと』ちくま新書、2019年
PR誌「ちくま」で2014年7月号から2018年8月号まで連載した巻頭随筆をまとめたもの
  • 『父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』朝日新書、2019年

古典の現代語訳編集

  • 『桃尻語訳 枕草子』全3巻 原作:清少納言枕草子』、河出書房新社、1987年 - 1988年、のち河出文庫
  • 『絵本 徒然草』原作:兼好法師徒然草』、河出書房新社、1990年、のち河出文庫
  • 『窯変源氏物語』1 - 14 原作:紫式部源氏物語』、中央公論社、1991–93年、のち中公文庫
  • 『古事記』原作:太安万侶編『古事記』、少年少女古典文学館 1、講談社、1993年
  • 『笛吹童子』原作:北村寿夫笛吹童子』、痛快世界の冒険文学、講談社、1998年
  • 『双調 平家物語』1–15 原作:作者不詳『平家物語』、中央公論新社、1998–2007年、のち中公文庫
  • 『仮名手本忠臣蔵』原作:二代目竹田出雲・三好松洛・並木千柳仮名手本忠臣蔵』、橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 1、ポプラ社、2003年
  • 『桃尻語訳 百人一首』原作:藤原定家編『百人一首』、海竜社、2003年
  • 『義経千本桜』原作:二代目竹田出雲・三好松洛・並木千柳『義経千本桜』、橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 2、ポプラ社、2005年
  • 『菅原伝授手習鑑』原作:二代目竹田出雲・三好松洛・並木千柳『菅原伝授手習鑑』、橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 3、ポプラ社、2007年
  • 『国性爺合戦』原作:近松門左衛門国性爺合戦』、橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 4、ポプラ社、2010年
  • 『妹背山婦女庭訓』原作:近松半二・松田ばく・栄善平・近松東南・三好松洛『妹背山婦女庭訓』、橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 5、ポプラ社、2012年
  • 『はまぐりの草紙〈現代版〉絵本御伽草紙』講談社、2015年

イラスト編集

  • 『橋本治画集』マドラ出版、1991年
  • 『橋本治歌舞伎画文集 - かぶきのよう分からん』演劇出版社、1992年

共著編集

  • 『悔いあらためて』糸井重里共著、北宋社、1980年、のち光文社文庫
  • 『明日は騒乱罪 : 学校にない教科書』戸井十月 編、第三書館、1980年、のち新装
  • 『覆刻版恋するももんが』都立魔界高校文芸班と共編集著、リビングマガジン、1984年
  • 『ふたりの平成』中野翠共著、主婦の友社、1991年、のちちくま文庫
  • 『仲よく貧しく美しく』島森路子共著、マドラ出版、1994年
  • 『愛の処方せん』福島瑞穂共著、毎日新聞社、1995年
  • 『子どもが子どもだったころ』毛利子来共著、集英社、1998年、のち集英社文庫
  • 川田晴久美空ひばり  アメリカ公演』岡村和恵共著、中央公論新社、2003年
  • 『話せばわかる! : 養老孟司対談集 : 身体がものをいう』、清流出版、2003年
  • モディリアーニの恋人』宮下規久朗共著、新潮社(とんぼの本)、2008年
  • 『橋本治と内田樹』内田樹共著、筑摩書房、2008年
  • 『河原久雄 文楽写真集』構成、日本経済新聞社、2009年
  • 『Talk: 橋本治対談集』、ランダムハウス講談社, 2010年
  • 『ことばを尋ねて―島森路子インタビュー集1』、天野祐吉作業室、2010年
  • 『大人の学校 卒業編 』杉浦日向子, 中沢新一, 養老孟司, 天野祐吉 編著、静山社文庫、2010年
  • 『復興の精神』養老孟司他共著、新潮新書 、2011年
  • 『浮世絵入門 恋する春画』早川聞多赤間亮橋本麻里共著、新潮社(とんぼの本)、2011年
  • 『だめだし日本語論』橋爪大三郎共著、太田出版、2017年

作詞編集

  • パンタ「悲しみよようこそ」「恋のクレセント・ムーン」 - アルバム『KISS』収録(1981年)
  • 前川清「真昼なり」 - シングル『雪列車』カップリング収録(1982年)

脚本編集

  • ピーマン白書』第4話、1980年11月1日放送分、フジテレビ。サブタイトルは?「先生も生徒がいなけりゃタダの人」
  • 『パリ物語 - 1920’s 青春のエコール・ド・パリ』、1984年9月24日放送、テレビ朝日
  • 『サイケ歌舞伎 月食』1994年、アートスフィア、新神戸オリエンタル劇場
  • 『ヴェニスに死す』初演1994年、アートスフィア
  • 『女賊』1999年、シアタートラム
  • 『白鷺譚』初演2000年、国立劇場小劇場
  • 『嶋の爲朝』初演2001年
  • 『実録高田馬場』初演2001年、紀伊国屋ホール
  • 『城壁のハムレット』2002年
  • 『夕霧・左大将道行』2003年、渋谷セルリアンタワー能楽堂
  • 『日本海海戦』2004年、渋谷セルリアンタワー能楽堂
  • 『雨~入鹿謀戮』2005年、渋谷セルリアンタワー能楽堂
  • 『菊慈童』2007年、国立能楽堂
  • 『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』2012年、シアターコクーン、森ノ宮ピロティホール
  • 『「源氏物語 玉鬘」旅路の段より長谷寺の段』2015年、紀尾井小ホール
  • 『ナザレのマリア』(未発表)

雑誌・特集編集

  • 「特集 橋本治と考える「女って何だ?」」『考える人』2002年秋号
  • 「特集・橋本治 -『桃尻娘』から『リア家の人々』まで 無限遠の小説家」『ユリイカ  詩と評論』2010年6月号
  • 「橋本 治 ロング・インタビュー どこまでみんなバカになるのか」『熱風』2017年4月号
  • 「総特集・橋本治」『ユリイカ』 2019年5月臨時増刊号

解説その他編集

解説編集

  • 「トン カリリ」(大島弓子著『バナナブレッドのプディング』小学館文庫、1980年)
  • 「幸福な鴉」(『日本幻想文学集成2ー三島由紀夫』国書刊行会、1991年、のち『新編日本幻想文学集成7』再録)
  • 「凪の海」(『日本幻想文学集成12ー久生十蘭』国書刊行会、1992年、のち『新編日本幻想文学集成3』再録)
  • 「生という半身を欠いて」(『日本幻想文学集成20ー川端康成』国書刊行会、1993年、のち『新編日本幻想文学集成7』再録)
  • 「百人の雨傘」(岡井隆著『現代百人一首』朝日文芸文庫、1997年)
  • 「美しさの本」(塚本邦雄著『王朝百首』講談社文芸文庫、2009年)
  • 「昔の大人の普通の日記」(久生十蘭著『久生十蘭「従軍日記」』講談社文庫、2012年)
  • 「解説」(加藤陽子著『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』新潮文庫、2016年)
  • 「『異邦人』なのか……」(高橋和巳著『消えたい−−虐待された人の生き方から知る心の幸せ』ちくま文庫、2017年)

関連図書編集

作家論編集

  • 『愛のテーマ・序曲/橋本治の研究読本』北宋社、1984年。

関連項目編集

  • 高橋丁未子:1951年生まれのエッセイスト。北宋社の編集者時代に橋本を世に紹介したと言われる。

テレビ出演編集

  • 『おとこ東大どこへ行く〜10年目の東大全共闘〜』NHK、1978年
  • 月曜ドラマランドのんき君 2』 フジテレビ、1984年
  • 『笑っていいとも』テレフォンショッキング フジテレビ、1984年6月25日
  • 『オン・ザ・ロック』BSジャパン、2015年8月30日

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新潮 2009年2月号” (日本語). 新潮社. 2019年2月1日閲覧。
  2. ^ 都立西高:PTA文化講演会”. www.nishi-h.metro.tokyo.jp. 2019年1月31日閲覧。
  3. ^ 山形浩生との対談。雑誌Atプラスにて。『atプラス04』2010年5月 特集:エコノミストはなぜ経済成長の夢を見るか?
  4. ^ 2019/1/29 18:03 共同通信

外部リンク編集