メインメニューを開く

橋本 直樹(はしもと なおき)は、日本映画監督映画プロデューサー映像作家演出家である。

目次

概要編集

1991年映画、ドラマなどのテレビ番組、ミュージッククリップ、プロモーション、テレビスポット、ビデオ企業用VPなど幅広い企画、製作、配給などをする制作プロダクションである ウィルコを設立[1][2]。プロデュース作品『トニー滝谷』は、数々の映画祭で上映され、第57回ロカルノ国際映画祭でコンペティション部門審査員特別賞・国際批評家連盟賞・ヤング審査委員賞を受賞する[3]。 監督作品『臍帯』は、第23回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門にて上映後、数々の映画祭で上映され、第14回上海国際映画祭のAsian New Talent Award Film Competitionにて審査員特別賞を受賞する[4]

映画編集

[5]

ドキュメンタリー編集

ドラマ編集

VP編集

ミュージッククリップ編集

プロモーションビデオ編集

ラジオドラマ編集

舞台映像編集


脚注 - 参考文献編集

外部リンク編集