メインメニューを開く

人物・経歴編集

埼玉県立浦和西高等学校卒業。津田塾大学学芸学部英文学科卒業後、2002年4月に共同テレビに入社[2]。数年間、アシスタント・プロデューサーとして経験を積み、2005年金曜エンタテイメント枠で放送された『空中ブランコ』で初プロデュース[2]。その後2006年から2年間、映画製作部へ異動し、『チェスト!』などの制作に関わる[3]2008年からはドラマ部・映画製作部兼任プロデューサー。配偶者は映画監督の羽住英一郎

単独プロデュースした『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』で第10回ヤング映像クリエイターを励ます賞・優秀賞、『メイちゃんの執事』でザテレビジョンドラマアカデミー賞・作品賞、『フリーター、家を買う。』でエランドール賞・プロデューサー奨励賞[4]などを受賞している。演出家は河野圭太石川淳一城宝秀則と組む機会が多い。

2011年にプロデュースした『マルモのおきて』は、当初控えめだった視聴率が右肩上がりに上昇し、最終回は23.9%を記録。主題歌の『マル・マル・モリ・モリ!』は50万枚を売り上げ、同年の紅白歌合戦でも歌唱されるなど、ブームを引き起こした[3]。続いてプロデュースした『家族のうた』では、同作品の設定が1987年TBSで放送された『パパはニュースキャスター』と類似していると同作品の脚本家だった伴一彦からTwitterで指摘され、TBSがフジテレビに抗議し、ドラマ設定を修正したこともある。同年の活躍から、ウーマン・オブ・ザ・イヤー(日経ウーマン)のヒットメーカー部門賞、ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー(日経エンタテインメント!)のグランプリを受賞している。

作品編集

★=単独プロデュース

※表記がないものはフジテレビ制作

テレビドラマ編集

プロデュース編集

プロデュース・補編集

映画編集

プロデューサー編集

アソシエイト・プロデューサー編集

出典編集

  1. ^ “ありがとうございます!”. 「メイちゃんの執事」公式スタッフブログ. http://blog.fujitv.co.jp/meichan/E20090831001.html 2012年2月8日閲覧。 
  2. ^ a b TVステーション2011年26号』、ダイヤモンド社、2011年12月、2012年2月8日閲覧。
  3. ^ a b 日経エンタテインメント! 2012年4月号』、日経BP社、2012年12月、 124-126頁。
  4. ^ 黄金の飛翔!! 2011年 !! 歴史あるエランドール賞決定 !!”. 社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会 (2011年2月). 2012年2月8日閲覧。