橋爪淳

日本の俳優 (1960-)

橋爪 淳(はしづめ じゅん、1960年[1]10月13日[2] - )は、日本俳優東京都出身[3][2]東宝芸能所属[3][2]日本大学藝術学部映画学科卒業[2][1]

はしづめ じゅん
橋爪 淳
生年月日 (1960-10-13) 1960年10月13日(63歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
身長 178 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 1983年 -
事務所 東宝芸能
公式サイト 東宝芸能によるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
若大将天下ご免!
徳川慶喜
ウルトラマンZ
映画
ゴジラvsスペースゴジラ
テンプレートを表示

略歴 編集

1982年、劇場映画『海峡』で俳優デビュー[3][2][1]。1983年、美空ひばり舞台20周年記念ミュージカル『水仙の詩』の相手役新人オーディションで抜擢される[3][1]

1987年、『若大将天下ご免!』(テレビ朝日)の結城小太郎役にて初主演を果たす[1]。同作品の主題歌も担当した。以降、ドラマ・映画・舞台を中心に活動。

2017年12月より「非・演技塾」を開塾し、塾長として俳優などに演技指導をしている[2]

2024年4月3日、自身のX(旧Twitter)を更新し、大腸がんと診断され入院していたことを明らかにした。無事に治療を終え、リハビリ中であるという[4][5][6]

人物 編集

趣味は落語散歩ギター。特技は絵画水泳

幼少期から怪獣映画を愛好しており、友人の親が館主として営んでいた近所の東映系の映画館でスクリーン裏から作品を無料で鑑賞するなどしていた[3][1]。幼少期にはリアルタイムで公開されていたゴジラ映画はほとんど観ていたといい、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』や『ゴジラ対ヘドラ』を好きな作品に挙げている[7]。東宝芸能に所属した際は、ゴジラシリーズへの出演を希望し、特撮セットの見学もしていた[3]。『ゴジラ』(1984年版)の公開時には、ファンクラブのスペシャル会員となっていた[7]。その後、『ゴジラvsスペースゴジラ』で主演を務めるに至る[3]

大学は俳優コースであったが、監督コースや編集コースに遊びに行くことも多く、同コースの技術的な面も良く見学していたという[1]。大学在学中には、船越英一郎が主宰する劇団「MAGAZINE」の舞台に1本出演し、それ以降は映画や舞台、CMのオーディションを受けていたという[1]

ゴジラ FINAL WARS』への出演も、橋爪がどんな役でもいいから出演したいと要望していたことによる[3][1]。元々は幕張で逃げ惑う人々の役の予定であったが、悪天候で撮影が中止になったため別の役へ変更となった[3][1]

演技においては、多くのことをやろうとせず、1つの想いを込めることが重要だと述べている[2]。一時期は、俳優業に対して興味を失ったため引退することも考えていたが、東日本大震災の惨状を目の当たりにしたことで小さなことで悩んでいた自分を恥じ、一念発起して演技について再勉強したという[2]。その後は、自身が積み重ねたものを自己完結させるのではなく、若者たちに伝えていくことで自分自身の人生も面白くしていくという考えであることを語っている[2]

出演 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

舞台 編集

ゲーム 編集

  • 相棒DS(2009年) - 剣崎永嗣 役

音楽 編集

シングル 編集

  • 風はやさしく / 通せんぼ(1987年、日本コロムビア、AH-808) - A面は、テレビ朝日系テレビドラマ『若大将天下御免!』主題歌

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j GTOM vol.09 2023, pp. 18–19, 「特別インタビュー 橋爪淳」
  2. ^ a b c d e f g h i 宇宙船170 2020, pp. 66–67, 「[インタビュー]橋爪淳」
  3. ^ a b c d e f g h i 平成ゴジラパーフェクション 2012, pp. 80–81, 「キャストインタビュー 橋爪淳」
  4. ^ “俳優・橋爪淳が大腸がん告白 「命繋いで頂き、ただ今リハビリ中」 大河ドラマ「光る君へ」で関白役”. スポーツニッポン. (2024年4月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/04/03/kiji/20240403s00041000444000c.html 2024年4月3日閲覧。 
  5. ^ “橋爪淳、大腸がんを公表 大河ドラマ終了で「病についてお話を」 「光る君へ」で陰の薄い関白役”. デイリースポーツ. (2024年4月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2024/04/03/0017502762.shtml 2024年4月3日閲覧。 
  6. ^ 橋爪淳 [@Studio_Fuzios] (2024年4月3日). "大河ドラマ、応援ありがとうございました。". X(旧Twitter)より2024年4月4日閲覧
  7. ^ a b 東宝SF特撮映画シリーズ9 1994, pp. 150–152, 「インタビュー 橋爪淳」
  8. ^ “来年大河『光る君へ』キャスト24人の相関図公開 “紫式部”吉高由里子を囲む豪華な顔ぶれ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年3月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2272158/full/ 2023年3月20日閲覧。 
  9. ^ 『ウルトラマンZ』 対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」整備班リーダー・イナバ コジローを演じるのは橋爪淳さん!セブンガーをはじめとするロボットの整備を担当!”. 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト (2020年5月5日). 2020年5月5日閲覧。
  10. ^ @Studio_Fuzios (2020年10月29日). "【橋爪淳 出演情報】". X(旧Twitter)より2020年11月4日閲覧
  11. ^ “山之内すず、上白石萌音の妹役に GP帯連ドラ初出演で今ドキ女子高生役「精一杯頑張ろうと思っています」”. ORICON NEWS. (2020年12月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2179652/full/ 2020年12月23日閲覧。 
  12. ^ リバイス 第8話:「家族の休息、天国と地獄!?」 | 仮面ライダーWEB【公式】|東映”. www.kamen-rider-official.com. 2021年10月17日閲覧。
  13. ^ “水谷豊×岸部一徳×檀れい、痛快エンタメ時代劇『無用庵隠居修行』第7弾 9・28放送決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年8月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2289971/full/ 2023年8月7日閲覧。 
  14. ^ - ミズノ 役“小高恵美が“平成特撮リスペクト”の怪獣映画に出演、橋爪淳や原田大二郎も参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月26日). https://natalie.mu/eiga/news/502820 2022年11月26日閲覧。 

参考文献 編集

外部リンク 編集