橘ノ圓都

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

橘ノ 圓都(たちばなの えんと、1883年3月3日 - 1972年8月20日)は、神戸出身の落語家。本名:池田豊次郎。享年89。出囃子は『薮入り』。

橘ノ 圓都たちばなの えんと
本名 池田 豊次郎
生年月日 1883年3月3日
没年月日 (1972-08-20) 1972年8月20日(89歳没)
出身地 日本の旗 日本・兵庫県神戸
師匠 2代目桂文團治(後の7代目桂文治
初代橘ノ圓
弟子 橘家圓三
喜多みちお
橘家圓之助
名跡 1. 桂團壽(1905年 - 1912年)
2. 橘家圓歌(1912年 - 1917年)
3. 橘ノ圓都(1917年 - 1972年)
出囃子 『薮入り』
活動期間 1905年 - 1972年
活動内容 古典落語
浄瑠璃
大津絵節
所属 三友派
圓頂派
主な作品
加賀の千代
『鬼門風呂』
『けつね』
受賞歴
第7回上方演芸の殿堂入り

人物・来歴編集

神戸で代々続いた指物大工の家に生まれる。やがて芸事好きが嵩じ、16歳で三味線を始め、21歳で素人落語座長となったため、生家を勘当される。1905年初代桂春團治の世話で2代目桂文團治(後の7代目桂文治)に入門、桂團壽(団寿)を名乗り同年夏に初舞台を踏んだが、前座修行の厳しさに耐え切れず、の天神席でヘタリ(出囃子を担当すること)をしたり、旅廻りになったりする。1912年、神戸に戻り、兄弟子の橘ノ圓三郎(橘家圓三郎)(元の桂團三郎)の世話で初代橘ノ圓に再入門し、橘家圓歌を名乗る。

1917年、東京に来演の折、初代三遊亭圓歌とまぎらわしいので、2代目談洲楼燕枝の勧めにより、橘ノ圓都を名乗った。もともと「橘」の亭号は三遊亭(三遊派)の傍流であり、本人の話によると三遊亭圓都が6代目まで存在したことにより、当初は7代目圓都として神戸で襲名披露した。

神戸で活動していたころは珍しいネタを好んで演じていた、当時神戸での寄席千代之座などでは需要がある得意ネタを演じる噺家が多く珍しいネタをやる圓都は人気を得た。若い頃は正義感が強く、曲がったことが大嫌いであった。そのような固い性格と四角い顔から、神戸新開地にあった劇場にちなみ「聚楽館」(しゅうらくかん、1912年開館)、あるいは「下駄」とあだ名された。晩年は打って変わって好々爺となった。

橘ノ圓に入門後は、師匠が結成した「圓頂派」に席を置き、神戸を中心に活動するが、昭和初期に突如として引退を発表し、大工に戻る。その後、5代目笑福亭松鶴の勧めで「楽語荘」同人に加わり、それを機に復帰するが、戦中は時局により再び活動休止状態になる。昭和初期に一時期廃業した理由は、噺家の子はよい学校に入れない、という理由と戦時中の好景気で大工の需要が高まって儲かったからであったといわれる[要出典]

1947年ころ、指物大工をしていた圓都を再び舞台に復帰させようと、2代目桂春團治と夫人の河本寿栄が、六甲道にあった圓都の家を訪ねた。圓都いわく、高座着だけは取ってあるし、復帰もしたいが、入れ歯がガタガタでしゃべりができない。そこで夫人の寿栄が、側にあったにかわを見つけ、冗談で「それで入れ歯をくっつけはったら」と言った。圓都は大笑いしたが、後で和紙をにかわに浸してやってみると、うまく入れ歯がくっつき、高座への復帰がかなった。

晩年、3代目桂米朝には『宿屋仇』『軒付け』『胴乱の幸助』『けんげしゃ茶屋』『掛取』『三枚起請』『ふたなり』など、2代目桂枝雀には『日和違い』『夏の医者』『あくびの稽古』など、桂三枝(現在の6代目桂文枝)に『羽織』『大安売り』、2代目桂歌之助には『寝床』、笑福亭仁鶴には『戒名書き』のネタを伝え、他にも3代目林家染丸3代目桂文我や、あるいは2代目桂小南6代目三遊亭圓生らの東京の落語家にも多くの稽古を付けた。数え90歳まで高座に上がった。今日でも多くの録音が残されている。最後の舞台は1972年6月2日に京都府立文化芸術会館で行なわれた「橘ノ圓都・桂米朝二人会」(LP化されている)。

1972年8月20日に死去。東西落語界通して最高齢の噺家であった。最後は前立腺がんだったという。

持ちネタの数は膨大であったが、『寝床』『軒付け』『浄瑠璃息子』『猫の忠信』『鰻谷』『鬼門風呂』など、音曲、それも浄瑠璃関係の噺が得意であった。『加賀の千代』『鬼門風呂』などの自作や、『けつね』などの新作も手掛けた。晩年になっても落語への情熱は衰えず、特に若手には上方・東京を問わず熱心に指導した。ただし「ちかごろの若いモンはあきまへん。なんせテープレコーダーちゅうもん持ってきて稽古つけてくれ言いよんねんさかい。」と、きちんと昔ながらの稽古を尊重した。NHKで録音した帰り、ディレクターがお礼にタクシー代を渡そうとしたら、それを謝辞し、「わたいは、いつも市電で帰りますねん。その方が乗ってる客を観察できまっさかいにな。勉強になりま。」と答えた。

浄瑠璃を語るのが好きで稽古の後も酒をふるまいながら浄瑠璃を延々と語りだすので、皆辟易した。だが腕は玄人はだしであったという。(桂米朝談)、また若い頃端席で『めくらの提灯』の地歌の『鶴の声』を口三味線で披露したところ客席に目の不自由な検校が本当の三味線の音と間違えて絶賛したという逸話も残っている。

平成14年(2002年)度・第7回上方演芸の殿堂入りを果たした。

門下には橘家圓三がいる。圓都の没後に3代目米朝の預かり弟子となった。その他にも漫才に転向した喜多みちお橘家圓之助等がいる。晩年になっても孫ほど離れた女性を連れて楽屋に訪れるなど色男であった。自身は「新しい弟子でんねん。よろしゅう頼んます。」とよく言っていた。

橘ノ圓都以外の「圓都」を名乗った落語家編集

出典編集