メインメニューを開く

橘南谿

江戸時代の医師、著述家、随筆家
藤浪剛一『医家先哲肖像集』より橘南谿

橘 南谿(たちばな なんけい、宝暦3年4月21日1753年5月23日) - 文化2年4月10日1805年5月8日))は、江戸時代後期の医者。文をよくし、紀行『東遊記』、『西遊記』(併せて東西遊記と称される)と随筆北窓瑣談』が知られる。

生涯編集

伊勢久居(現在の三重県津市久居)西鷹跡町に生まれた。久居藤堂藩に勤める、250石の宮川氏の五男であった。宮川春暉(はるあきら)、字は恵風、通称東市。後に称した『橘』は妻の姓である。南谿・梅華仙史を号した。幼いときから漢学を習った。14歳のとき、父が没した。

明和8年(1771年)19歳のとき、医学を志して京都に上り、母と住んだ。大阪伏見に転居し、28歳のころ、京都に戻った。

天明元年(1781年)夏、29歳のとき、医書『痘瘡水鏡録』を出版した。母を喪った。その後数年、旅を多くした。すなわち、天明2年春 - 翌年夏:西国・鹿児島/天明4年秋:信濃/天明5年秋 - 翌年夏:北陸・奥羽・富山。旅の目的は、「臨床医としての見聞を広めるため」と記し、各地で治療もした。

天明3年(1783年)6月、31歳のとき、小石元俊に指導されて、伏見で刑死人の解剖を執刀し、その所見が、絵師吉村蘭洲による『平次郎臓図』として残る。

天明6年(1786年)12月、内膳司天皇の食事を調達する役所)の史生に、翌年2月、正七位下に、同3月、石見介に任じられ、11月、光格天皇大嘗祭に連なった。

天明8年1月、類焼の難に遭って伏見に仮寓し、寛政2年秋、京都に新居を設けた。この頃、消化器と喘息を病んだ。寛政6年9月(1794年)、従六位下になった。

寛政7年(1795年)3月『西遊記』(せいゆうき)を、同8月『東遊記』を版行した。嘗ての旅の記録の筆写本が回覧されていて、それの上梓を書肆が望んだのである。『西遊記』には伴蒿蹊が、『東遊記』には松本愚山が序を寄せた。

寛政8年(1796年)4月、44歳のとき、石見介の職を辞し、翌月剃髪し『梅仙』の法名を称した。

寛政9年1月、『東遊記後篇』を刊行した。冬の南紀を巡った。翌年6月、『西遊記続篇』を刊行した。

文化2年(1805年)4月10日、転居先の京都東山安井(現在の京都市東山区)で没した。53歳。『南谿院殿陽岳義明』。墓碑は、京都市左京区黒谷町、金戒光明寺の墓域に残る。

おもな著書編集

  • 天明元年(1781年):『痘瘡水鏡録』
  • 天明3年(1783年):『薩州孝子伝』
  • 寛政3年(1791年):『傷寒論邇言』、『傷寒論分注』
  • 寛政7年(1795年):『西遊記』、『東遊記』、『国語律呂解』(和音階の解説(南谿はにたくみであった))
  • 寛政8年(1796年):『傷寒外伝』
  • 寛政9年(1797年):『東遊記後編』、『神丹秘訣』
  • 寛政10年(1798年):『西遊記続編
  • 文政2年(1819年):『雑病紀聞』
  • 文政12年(1829年):『北窓瑣談』(随筆)(遺著)

最近の出版編集

  • 『東西遊記 1』(東遊記):平凡社 東洋文庫 248 (宗政五十緒校注)(1974) ISBN 9784256802489
  • 『東西遊記 2』(西遊記):平凡社 東洋文庫 249 (宗政五十緒校注)(1974) ISBN 9784256802496
  • 『北窓瑣談』:「吉川弘文館 日本随筆大成 第2期15(1974) ISBN 9784642090384」中の一篇
  • 『読産論』:「出版科学総合研究所、産論・産論翼・読産論(1977)」中の一篇
  • 『神丹秘訣』:「青木国夫ほか編集、恒和出版 江戸科学古典叢書25 (1980) ISBN 9784875360254 」中の一篇
  • 黄華堂医話:「吉川弘文館 日本随筆大成 続10(1980) ISBN 4642086218」中の一篇
  • 『西遊記』:「岩波書店 新日本古典文学大系98(宗政五十緒校注)(1991) ISBN 9784002400983」中の一篇

参考文献編集

  • 佐久間正円:『増訂 橘南谿』、橘南谿伝記刊行会(1996)

出典編集

上記『最近の出版』の項の、『東西遊記』および『西遊記』巻末の解説

外部リンク編集